そう言えばもう4月だけど、イベントは来たの?


イベントの現在状況

アセンションは、今やイベントと名前を変え、3月にやって来るらしいという話が盛り上がっていたようでしたが、無事、4月を迎えることが出来ました。

一体、イベントは、来たのか、来なかったのか、これから来るのか。気になりますよね。

その考察は、人それぞれ(もしくは、チャネリングしているエンティティそれぞれ)で違うようです。

ネットに上がった記事を、いくつか拾ってみましょう。

・・・・・・・・・・・・

イベントは、期待するのを止めた時に起きる?

「イベントは、いつ?」というタイトルの記事が、ここ数日、インターネットスピリチュアルコミュニティーを駆け回りました。筆者のソフィア・ラブ氏は、2012年から活動するチャネラーです。

この記事は3月31日に彼女のHPにアップされたものですが、その直前のポストでは、ブログ読者の人から寄せられたイベントのビジョンやメッセージの数々を紹介したばかりでした。

「イベントは、宇宙の気まぐれによって、外側の世界に起きることを私たちが期待しなくなった時に、起きるのではないかと思います。期待する方が間違っているということではなく、もとからそういうものだったのではないでしょうか(中略)」

ここだけピックアップすると、少し突き放したように聞こえるかも知れませんが、記事全体からは、”前向きな失望”とでも言うべきトーンが漂っています。期待が叶わなかった時にどうするかというのは、人生につきものの重要なレッスンですからね。

「このイベントとは、膨大な愛を理解することです」

イベントは起きなくても、必ず最後に愛が勝つながら、それで問題がなさそうな気がしますよね。

なお、直前のポストに書かれた読者情報では、イベントは4月15日という話も出てきていましたよ。

The Event – When? by Sophia Love.com – 3 – 31 – 18

・・・・・・・・・

またしても何も起きなかった?

QHHTプラクティショナーであり、チャネラーのロン・ヘッド氏の記事です。カウンシルと呼ばれるエンティティからのメッセージです。

以前、彼はイベントを「白い光と知覚する人もいる」という表現で表していました。実際の出来事と感じる人もいれば、内面的でスピリチュアルな経験と思う人もいるし、全く何も気付かない人もいるという話でした。

いずれにせよ、あまり期待をすると、思い通りにならなかった時にがっくりしてバイブレーションを下げるから、気を付けなさいと言っていましたね。

今回も、何も起きなかったと思っている人に向けて、こう伝えています。

「失望、あきらめ、抑うつは、できるだけ早く、意志、決意、期待に置き換えることお勧めします。これらのポジティブな泰斗は、あなたの周波数と、集合の周波数を上昇させるからです」

「やって来るイベントによって生活状況がよくなると、個人的な期待を持つのはやめて下さい。イベントをサンタクロースのように考えないでください。それをするのは、あなた自身、集合としてのみなさんなのです」

なお、イベント自体は、現在進行中でやって来ているそうです。

The Council – Nothing Happened… Again? by Ron Head.com – 4 – 2 – 18

・・・・・・・・・・

ニューアースは、もう来てます

イベントは、もう終了しているという話もあります。プレアデス人のフランクリンとアノラをスピリットチームに持つ、リサ・ガウラス氏の記事です。

「さあ、やって来ました。地球の新時代、2日目です。まるで変わりがありませんよね。肉体の目を通じれば、まったく同じ世界にしか見えません」

「フランクリンが説明してくれたところによると、地球のファイナルフェイズを通じて、(とても長いファイナルが続いていますが)、高周波の光が流入し、ETと意識的にワークする人たちは、これまでに増して結びつきが強まるとのことです」

ETファンのみなさん、よかったですね。

LISA GAWLAS – The Shift of Time and Energy! – Welcome to April and the ET Enhancements Thru US!! – 4-1-18

・・・・・・・・・・・

アセンションは、真の転換点に達しました

一方、イベントとは別に、バイブレーションを上昇させていくのがアセンションだと定義する人の場合、現在、私たちは絶賛大上昇中だと考えるようです。

ニューエイジサイトの老舗、in5d.comにアップされた記事を見てみましょう。

「私たちは、アセンションの真の転換点に達したと言えるでしょう。現在、光はとても強く、”時間”が流れるほどに、より強くなっています。もはや、引き返すことはできません」

ポイント・オブ・ノー・リターン(引き返すことは出来ない、闇の時代には戻らない)というフレーズを、このブログを始めてから何度見たことかと思いますが、もう元には戻らないそうですから、これで安心です。

We Have Reached The True Tipping Point Of Ascension by Adeana M. Slater in in5d.com – 4 – 2 – 18



私、たぶん、普通の人の何倍もアセンション資料を読んでると思うんですけど笑、本当に、もう半世紀も同じことの繰り返しなんですよ。

来たのか、これから来るのか、結局はっきりしないまま、毎度ムーブメントが去っていきます。

ひょっとしてキリストの時代から、「神の国は来る」って言ってておいて来ないみたいな、そういうのがあったんじゃないかと思います。

むしろ、それでも信じ続けるって、すごいと思うんですよ。

でも、じゃあ自分は何を信じ、何を待つのか、いや、待たないのかっていうのは、そこが問題で、そこが人生の醍醐味だと思います。

 

41
Leave a Reply

12 Comment threads
29 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
13 Comment authors
新しい順 古い順
ponpon2

来るよ来るよと、なかなかのような?
ある意味、“期待”も押し付けている部分が有るから、確かに期待しなくなったら…、なのかもしれません。確かに、普段、こうなったら良いなぁ~みたいな事は、ガシガシに頑張っちゃってる時には成就しませんね(笑)。忘れたころに、思ってもみないところから成就していたりで。ともすれば、忘れていたり。
気付いている人や覚醒している人の数とか、各自の上昇具合とか、良く見掛けます。要は光の量がイベントに必要な分だけ足りて無いのかなぁと感じてます。それと、SFの世界さながらですが、ややこしい状況も重なっているみたいですし。
イベント、来たら来たで、ドンと来いですかね☀
太陽さん、地球さん、宇宙さん、ありがとうございます(笑)!!!!

状況がややこしいというのも、昔から繰り返し言われていますから、なかなか難しいんでしょうね。

◯D2

来たといえば来たと思いますw
はっきりとした一つの出来事というより、いろんなことが徐々に変わっていくプロセス全体をイベントと捉えるのもありだと思ってます。
というか、人生に訪れること全部イベントじゃないかとも思うしw
自分としては、イベントがいついつ来るという情報を目にしても、安易に鵜呑みにはせず、ガッツリ地に足をつけて現実を生きるようにしたいと思っています。
魂の願望ってのもみんなそれぞれ違いますからね。

来たって言ってる人も、多いように思います。どこに視点を置くかなんでしょうね。

Robi

イベントはやって来るというメッセージを読んで、私たちは何を得るのでしょう?多くの人は何かを期待しながらそれを読むのではないでしょうか?こうしてこの先、ずっと何かを期待して生きていくことに、耐えられそうにありません。イベントとかアセンションなんてことを知らなければよかったです。知らなければ思い煩うこともないのに。知らずに気がついた時にイベントを迎えたかった。私はイベントを待ちわびたくありません。イベントが来るのなら、電話もメールも、どんなメッセージも要りません。ノックなしに入って来て下さい!

自分はもう待たないし、期待しないぞというのも、選択肢の一つだと思いますよ。私も、カップラーメンですら待つのは嫌いなんですよ笑。

dtr

3月の間に、面白いイメージをいくつかみたんですね。ぼーっとしてる間に浮かんでくるやつです。
なんか、お迎え( 死ぬほう 笑)来たのかなみたいな。
ほんで断った氣がします。
(私はアセンションって軽く一回死ぬみたいな感じで思ってます。個人的にね。)
ほんまにアセンションかって聞かれたら
やっぱり分からないけど
今こっちの方が面白いと思って。

dtr

文章を考えてて編集出来なくなったんです。
周波数ガッカリ下げを狙う
悪いやつらがいると思ってて(笑)
そいつらの期待に応えたくないと。
(割と陰謀説スキ❤️
しかし陰謀説だけだと出口なくなる)
周波数キープ大事だと思います。

今、こっちの方が面白いというのは頷けます。なんだかんだ、大きなイベントを目撃している感はありますよね。

dtr

大きなイベントを目撃している感じあります!
私の書いた一回死ぬタイプはバシャールとかアシュタールの文化が体験したタイプだと思うのです。
しかし『人類は集合意識で身体を持っていくことに決めたので‥』ってよく書かれてましたので
今までとは違うとしか分からないですね。
エネルギー最高調、しかしマイルドに移行するのかなとか面白いです。

ponpon2

dtr様
 
初めまして。お母上のピコピコ宇宙人由来説にウケてしまいまして(笑)。また、体を持ってアセンションはマヤの人々と同じようで、個人レベルでは波動上げのために始まってますが、人類全体はこれから(直ぐ?)に一票です。
アセンションを通過すれば、陰謀論関係も皆が視えちゃいますから、隠せないのでは?と、明るく捉えてます。❤
 
気付いたのが、3~4歳くらいからですが、虫(インセクトイド?)のアクセスが有り、居るのは解るんですが、訳がわからなかったです。ササッと瞬間移動しやがります(笑)。もちろん、違う世界の奴も来るので、蝶のような体で羽がトンボとか、えぇ~新種!みたいな。でも、いつの間にか消えてます。
Gが嫌いで、もう、出るなって怒ったら、次の日から、足高蜘蛛を寄越しました。余計にゲゲゲ~です。更に怒ったら、Gより脚の早いゲジを寄越しました(両方ともGを捕食します)。ブチ切れて、もう、虫来るな!!!!と念じたら、訪問が下火になりました(笑)。全くのKYで、昆虫と人の意識の違いに小学生の時は疲れてました(笑)。美醜の感覚も違うし、結構です~は否定に取れないから、全力で断らないと際限無く手を変え品を変え、やって来て、嫌われるんだけど、理解しないなぁ~(苦笑)
お母上もその辺が人間との違いと潜在的に認識しにくかったのでしょうか??なんだか解るような解らないような…。いずれ、それも理解される時が来ると、思ってます。長々とすみません。ありがとうございましたm(_ _)m

dtr

PON PON2さま
返信ありがとうございます。
仰るようにこれからすぐなのかもって感じも受けてます。陰謀論は引っ張られたらだめですね。
幼い日のこと、興味深く拝見しました。
Gって?と何度か考えてごきたんさんのことですね。さん付けです(笑)
双子の妹が虫エンパスで、虫がどうしてそういう動きをするのかよく語ってくれました。
PON PON2さまは時空を超えて虫エンパスではないでしょうか?

Gさんは何度も出ますよね。
私思うに、あれは『あそぼう』です(がっくし)
丁寧に途切れなく会わないようにお願いしてます。
(Gさんは地球のお掃除人さんらしいので感謝。)
母も伝わらなさはおっしゃる通りで
基準が2次元寄りの可能性も大ありです。
今日思いついたのは“光の大量投下”
どうなるか分かりませんけど
私が幸せにしていて大量の光を送り込むしか
ないかなって思いました(笑)

ponpon2

dtr様
 
こちらのほうこそ、御丁寧に返信をありがとうございました!
Gはゴキさんです(笑)。確かに地球のお掃除屋さんで、浄化の為に必要な存在ですね。ありがたい事です。本来はレプさんもドラコさんも、宇宙のネガティブな波動を吸収してGみたいに浄化するお役目だったのに、どうしてこんな事になったんでしょう。だいぶ、立ち退いてはいるみたいですけれど。
 
小さい時は虫エンパスだったかもしれませんね。今はイマイチです。Gの遊んで~は、違う人のとこでやって下さい~、ですね(笑)。言われてみれば、Gを見付けたら、何故か自分に向かって飛んできてました(笑)!!!!
 
お母上。光の玉をイメージされて、包み込まれていかれたら良いかもしれませんね。妹さんと共同も良いですね。光の大量投下を定期的になさると、いつか心を開かれるのではないでしょうか。 
もっと人の波動が上がりますようにって、宇宙の真ん中で光をわしゃーって降ろしながら“ありがとう”を叫んでる知人が居ます♪沢山の人が少しでも目覚めるように祈りたいですね。ありがとうございました!♡

dtr

PON PON 2さま
返信を拝見して
エンパス力は望めばいつでも戻ってくるのではないかなと思いました(いらないですか?笑)
母とは『接続方法変更』ですかね。
機嫌のいい時に周波数調整してみます。
ありがとうございました

dtr

スイッチが入ったときは地球規模でばーんと
光を振りまいたりもしますが一瞬で(笑)
基本私は人々が楽しそうに上がっていくのを
横で見てるのが好きですね。

ponpon2

dtr様
 
お母様、素晴らしい娘さん達に恵まれて、幸せな方だなぁって思います。うまくいきますように!
 
おぉ~、もしかして、dtrさまが撒かれた光のかけらを頂いているかもしれませんね!わぁ~、なんだか嬉しいです!エンパス能力が小さい時みたいだったら解るのかなぁ(笑)。ありがとうございます♡

dtr

PON PON 2さまの勢いに押されて
つい笑ってしまいました。
そういう感じでいくと
母も古代の衣装を脱ぐかもしれません。
出来るかな(笑)
ありがとうございました。

natsuki

こんにちは。
これって、個人の心の在り方によって違ったりしないんですかね??
もう起こっている自分だと決めてしまった人に訪れるというか……
心が現実を創るなら、イベントも自分自身が起こすというか……
うまく言えないんですけど、ソレはもう置かれているから、近寄るとか越えるとか飛び込むとかは自分で選択してねというか……

そしてイベントが無くても、始めたり終わらせたり変化したり出来る気もします(^^)

何か変化が無くても、どれもがイベントって事な気もします。

そうそう。もちろん、個人の見方や心の在り方によって違うんですよ。個人的に起きていると言う人も、世界的に起きていると言う人も、沢山います。自分が何に共鳴するかで、唯一の正答はないんだと思いますよ。

ぽむぞう

全くじゃないけどほぼ忘れていました。でも
イベント来たと思います。

今朝外に出た時、自分が、なんというのか地球や
大きな何かに抱かれている、育まれているような安らかさを感じました。
いつもと違う、これはなんだろうと思って、ふと
ここで読んだマザーアースの記事を思い出しました。

地球というだけじゃなくて、そのなかにみんなあって包み込んでくれているような。
今までは遠くにあって一生懸命繋がろうとしていたものが、あ、もうその中にいる、大丈夫、みたいな感覚です。

1日ずっとそうでした。
そしてさっき、今回の記事を読んでそういうことなのかな?と思ったのです。

夕方、全部の用事を終えて、知人から教えてもらった桜の穴場に行きました。誰もいなくて草木のいい香りがしていて、木立の間から明るく光る海と町が見えました。

とてもきれいで静かで金色で、なんて美しいんだろう、木も海も町も✨でも少し前までこれを外側に探していたと気づいたんです。
どこか特別な場所や土地。
でも、こんな家の近くで求めていたものを味わっている。これは私の中からやってきた世界なんだと思えてただただ満たされていました。

少し急な登り坂と階段を上がっていくのですが、そこもなんだかアセンションみたいだなと思ってたんですよね☀
感極まって泣く、というのでもなくただ安らいで満ち足りるっていうのも笑

それからひとりっていうのも笑

これからはわからないですけど。

いつもと違う印象的な1日だったという私の体験談をお話しさせて頂きました。

そういう日を味わえることは、もう本当に人生のご褒美だと思いますよ。とても美しく、神聖とも言える瞬間を味わうと、魂が震えますね。

hizi

この間うとうとしていた時、ふと女性の声が頭に聞こえて『物事を定義せず、今あなたに出来ることをしなさい』的な事を言われました。もっと色々お話してくれていたのですが忘れてしまった笑。自分のやるべきことに集中していればそのうちに…という事なんでしょうかね。

そういうのがガイダンスです。夢日記を始めてみるといいですよ。

prelude

接客業をしている身から言うと、間違いなく人間は変化していると思います(良くもわるくも)

『イベント』という言葉で、昨日と今日がガラリと変わるように思いたい気持ちはわかりますが、実は『気付けば変わっていた』くらいなスタンスが、ちょうどいいのかな?と、いう気がしています(^ー^)

さっき、好きな人の家の前で自転車がパンクして転んだ事も、イベントのせいだと思いたい自分がいます(笑)

metaphysicstsushin

良くも悪くもなんですか。それは興味深いですね~。

>実は『気付けば変わっていた』くらいなスタンスが、ちょうどいいのかな?

後から振り返ると、昔の自分は別人とか、別世界な感じがするものですよね。

好きな人の前で自転車がパンクするとか、トーストくわえた転校生と曲がり角でぶつかるくらい、胸がキュンとします。

prelude

うまく言葉にできませんが、良くも悪くも「自分に従う人」が増えた気がします。
自分の「何」に従うかが、「良くも悪くも」になると思うんですけど(^ー^)

でも本当に、自分の事でも振り向いてみたら「なんでこんな事を信じていたんだろう?」とか、「何考えてたんだ?ワタシ(笑)」と思うこと多いです

自転車の件(・∀・)
胸キュンしてもらえたのは嬉しいですが、現実的にはヒザをすりむき、修理代が4,000円かかり、ただただ痛いです(爆)

hanahana

いつもありがとうございます!
イベント、来たと思う派です。
3月中は太陽の光をいっぱい浴びながら自然の中でゆったり瞑想しましたが、世界が天国みたいに美しく感じられ、心もどんどん平和になって、人生も楽しくなっていきました。
個人的には3月29日あたりに、ふわっとエネルギーが切り変わったな〜ということを感じました。
そしてある日、夢でQHHTセッションの話で出ていたような「光のドア」っぽいものが、びゅーんと自分の前に飛んで来る体験をしました。なにかのお知らせの夢だなと思いました。
で、そういえばイベントのことはすっかり忘れていたのですが、今回のメタさんの記事を読んで「あれ? そういえばメタさんのところで、それっぽい内容の記事出てたっけ、あの夢、そうじゃね?」と思い出しました。
自分もまわりの友人たちも、どんどん進化していってるのを感じます。

イベントというのは、「目には見えないけど、すべての人に降り注ぐ光」みたいなものじゃないかな〜と思っています。
準備のできている人は、個々に素敵なものを受けとって、進化がいっそう促進されるのだろうなと。

metaphysicstsushin

ディスクロージャー系や大量逮捕など、リアルイベント派の人たちは、今はまだ序章で、これから本番が来るから、乞う、ご期待!みたいな感じで、本当にいろんな見方があるんだなと思います。

でもみんなが何か変わっていく感じを、体の奥で感じているような、そんな時期なんでしょうね。

光のドアの夢、素敵ですね。もう絶対、夢日記をつけた方がいいですよ笑。

オジパン

いつも様々な情報ありがとうございます。
一昨年の9月くらいから読み始め、去年の春分の日にブログ記事と自分の体験と世界で起きたことが符合したことで、より確信を深めさせていただいてます。

イベントはちょこちょこ起きてると思います。
というか、自分は前の世界の記憶を持ったままジャンプしていることが多いので現象と前の記憶の違いで「ひゃー」となったことが何回もあり、アセンションという言葉に触れたのもその記憶と現実のズレから検索してたどり着きました。

ズレは自覚的には2015年から頻発したのですが、記憶をたどれば2000年以降には何回かあったかと。

ズレでなく、印象的な出来事は2009年9月9日と2012年12月18日から21日にかけてありましたし。

それまではマンデラ・エフェクトのような家族と記憶が違う、別のアセンションブログを読んでいて、途中から最初から読んでみようと遡ったら、最初の頃に読んだ記事に追いついたら内容が180度変わってた(上昇失速な記事が上昇成功に変わっている)など、移動してしまうと立証する手立てがないものばかりでしたが、2月、今は自宅に来るはずのない従業員さん(こなくなって3年目)のメモが1月に開けてなにもなかったはずのところから、12月27日付けで品物と一緒に入っていたのが唯一、物もあるズレでした。
(ただし、月日だけで年が書いてないため、人に見せても証拠にはならず…)

3月31日にはスピ友人と近所の神社行ったら、今年の正月に見た数年前に雷に打たれて世代交代した歴史的人物の植えた樹齢800年超えの松(前の切り株と挿し木で生き伸びた新しい直径5㎝ほどの木)が無くなり、由来書きも数年前に落雷で、という内容ではなく、40年近く前に枝が落ちて枯れたので残っていた枝を植えたと書かれ、立っていたのは直径12~13㎝の松だった、ということがありました。

説明しても友人は初めて来た神社なんで反応に困ってました。
(正月を昭和と聞き違えてたと言っていたし)

31日より数日前に「あれ?またズレた?」と思ったことがあったのですが、珍しく今は何でそう思ったのか思い出せません。

きっとそういうことが皆さんにもあって、思い出せないとか記憶違いと思って忘れただけじゃないかと思います。
自分は家族の一人が自分に対する態度が去年までとは180度変わった世界になりました。

今回webセミナー当たったことも何かあるのかな?と思っています。
長々と失礼しました。

スピリチュアリティとコンシャスネスの境界線がぼやけてきたというか、調和・融合しつつあるような感じました。どちらかというと、スピが自力に寄りつつあるのかなぁ?どっちが先とか、正しいとかではなくて、どちらも互いに影響し合い、引き寄せ合い、互いの流れを尊重し合うような大きな流れみたいな感じです。

この流れが世界中で大きな「傾向」として起こりつつある現状、それ自体が奇跡のようなイベントですね。

只、どこまで行っても、人であるが故に不可知であり、成長による意識の拡大は永遠の営みとして続き、その中で起こることがイベントということならば、常に発生している故に、一般的に言われているイベントはいつまで待ってもこないみたいな感じになっちゃうのかも。

僕自身は、内面にて常に起きつつあると実感しているので、イベントが有っても無くてもどちでも良いかなと思いました^^

pumpkin

盛り上がって、また肩すかしの連続ですね。いつになったら来るのでしょう。
いや、すでにきているのかもせれませんね。家の戸口に立ってノックする寸前なんですよ。きっと。