自分勝手のように見えて、全然そうじゃない10のこと


自分勝手の定義

自分勝手の定義を調べると、「他人の迷惑などかまわず、自分の都合だけを考える態度」と出てきます。

 

でも、たとえば相手の都合に合わせないという理由で、自分勝手と言われたりするのは、不本意な気がしますよね。「こっちの都合も考えてよ!」となって、ケンカが起こります。

そこで改めて、自分の受け持つべき範疇と、相手の受け持つ範疇の線引きを考えてみましょう。

・・・・・・・・・・

自分の勝手にしていいこと
Pinterest

本来、あなたが自分でコントロールし、責任を取れることは、自分の勝手にする権利があります。それには、次のようなものが含まれます。

  • 自分の話す言葉や内容
  • 自分の行動
  • 自分の考え方や好み
  • 自分の感情
  • 自分の間違い

たとえば18歳以下の子どもであれば、自分で責任を取れないこともありますから、行動を制限されるのは仕方ないです。

自分の勝手にはできないこと

一方、心理的境界線の外側には、自分にはコントロールが及ばないため、他の人がコントロールすべきことが入ります。

  • 他の人の話す言葉や内容
  • 他の人の行動
  • 他の人の考えや好み
  • 他の人の感情
  • 他の人の間違い

これらは、あなたに属するものではありませんから、あなたが責任を持ってコントロールすることはできません。

従って基本的にはその人の勝手であり、あなたが面倒を見たり、気にする必要はないと言うことが出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・

自分勝手のように見えて、全然そうじゃない10のこと

「これって自分勝手かしら?」と思っても、実はそうじゃないことは、沢山あります。

1.自分の意見を言うこと

自分の意見を言うのは、自己顕示欲の表れだと言われることもありますが、表現というのは、本来、木が花を咲かせたり、鳥がさえずるように、ごく自然なことです。どしどしやりましょう。

けれども、たとえば意見を言うことで、相手の反応を期待するのは、自分の境界線を踏み越えることになります。

もちろん人間ですから、相手からよい反応がもらいたいと思うは人情ですが、そこにとらわれ過ぎてしまうと、自分がつらくなってしまいます。

自分でコントロールできないことに重きを置いてしまうと、大変だからですね。

2.「ノー」を言うこと

相手の気持ちを損ねてしまうようなら、ごめんなさいを添えましょう。でも「ノー」を言うこと自体は、全く悪くありませんから、気にすることもないんですよ。

3.自分の望みを伝えること

欲しいものを伝えるのも、もちろん全く自分勝手ではありません。それが通るかどうかは相手の領域の範疇ですが、表現すること自体は、何ら勝手ではないのです。

4.自分を与え過ぎないこと

気前の良さや優しさに、自分の良さがあると考えてはいけません。あなたは、ただあなたでいるだけで、愛される資格があるのです。相手の要求に応えないのも、あなたの権利です。

5.たくさん質問を聞くこと

相手の邪魔にならないようであれば、質問を沢山聞くこと自体は何も悪くありません。どんどん聞きましょう。

6.一人の時間を必要とすること

あなたは自分の言動や感情をコントロールする立場ですから、それを安全に守るために一人の時間を必要とすることは、勝手なことではありません。

7.自分のためにならない人との関係から離れること

同様に、自分の領域を守るためには、ためにならない関係から離れても、自分を悪く思う必要はありません。相手がそれをどう思うかは、相手のコントロールする範疇です。

8.自分の居場所を作ること

自分が安心できる居場所を作ることは、サバイバルの基本です。自分勝手だと思う必要はありません。なかったら、むしろやっていけません。

9.毎日長時間働く気力を持たないこと

働きたくないと言うと自分勝手だと言われますが、そんなことはありません。あなたが自分の時間をどう使おうと、あなたの責任において自由です。

10.人生の中の優先順位が、他の人と違うこと

何を大切にするかは人それぞれですから、あなたが大切に思うものの優先順位が他の人と違うからと言って、罪悪感を感じる必要もありません。



自分のものと他人のものを区別してみると、気にしなくていいことも分かります。

3次元の生活は、境界線をしっかり保つことと、その内側をクリーンにしておくことが、とても大事です。

 

Leave a Reply

22 コメント on "自分勝手のように見えて、全然そうじゃない10のこと"

新しい順 古い順

目に見えない線を、どこからどこまでか、また逆に線引かなくていいところに自分からわざわざ線を引いてたり。うまくできなくて、

本当に時間をかけたり痛い思いなどもして、また一本線が引けた、消せた、みたいな感じです。

参考になる記事ありがとうございます。確かにその通りですね。
悪意で攻撃や意地悪、いじめや痴漢、犯罪などの、悪いことという認識があったり相手を傷つけようという意図をもった言動もこの記事に当てはまるのかなと考えました。
相手がどう感じるかは相手の領域だから、それらをしたっていいのかな?と。

ですが相手を傷つけようとしたり自己満足を得る為に相手の領域を一方的に犯しているから、これらは自分勝手になるのかなと私は思いました。
相手が傷つく、不快になることを期待してるケースが多いでしょうし。

相手がどう感じるかは相手次第でこちらが気にする必要はないですが、最低限の相手を思いやる心を皆が持つと素敵な世界になるんじゃないかなと個人的に感じました。

こんにちは!

まさに、私の越えなくてはいけない課題です!
私はコントロールされてるのに気づかなくて(侵入されてる?)
不満や理不尽感を感じていたのです!(利用されてる)
こちらのアファメーションの言葉を参考にさせてもらっています。
ゆる~く、頑張っています♪

本当にいつも有難うございます、また教えてください!

この写真のうさぎのインパクトが凄すぎて
いろいろ考えている内にいろんなものが収まるところに収まった感を得ました。
何も変わってない、だけど新しいスタンスで
またポクポク歩いていけそうです。
4月って感じ。ありがとうございました。

アハハ(≧∇≦) 良かった❤

これまでで、反省すべきは4・これから向かい合うのは3(^ー^)
アドラー心理学についての本『嫌われる勇気』を読んだ時のように、メタさんから今日、勇気をもらいました!
ありがとうございます✨

ありがとうございました。
私も4がダメダメでよく考えんとあかんのです。
4って悪く利用することも出来るから。

dtrさん(^ー^)

本当に、4の課題?はバランスをつかむまで日々試行錯誤するしかなさそうですね(;^_^A

ベストなバランスを取れるように、共に楽しみながら試行錯誤しましょう\(^o^)/
仲間がいると思うと、ちょっと楽しくないですか?笑

preludeさん
そうですね、
同じ相手とあっちでも戦ってる( 笑)って
感じがします。相手のことを落ち着いて
覗き込める気がしますね。

そう、現実の仕事でも、ヒトの仕事はやたら客観的に見れるのに、自分の事となると急に視野が狭くなったりしますよね!

こういう見方や戦い方もアリかもですね
(^∇^)

今日も元気に戦いましょう\(^o^)/

私は4と7のコントロールが下手ですね。
つい、自分が悪かったせいかも?と関係を続けようとしてしまいます。孤独は平気なのですが。
相手を怒らせたりしますが、怒っている理由をみると、単純に相手の常識と合わないだけなんですよ。
そうなると、相手が自分をコントロールしようとしてくるので、とっとと逃げることにしました(^^)

私も④と⑦がネックだなぁって思うんですけど、なんとなく、
①②③がある程度できてたら、④と⑦を気にするところまではいかないような気もします。
とは言えやっぱり、そこが気になる〜!ってなっちゃうっていうことは、人生の課題なんだろうな〜と思います(汗)。