春のオラクルカード祭り


ついに3月に入りましたね。早いものです。

一時期、好きで集めていたオラクルカードのうち、中古品でよろしければ、ご興味のある方にお譲りさせていただきたいと思います。

本格的なリーディングに使うメインのカードというよりは、あくまでサブカードとして、インスピレーションが欲しいときに使うカード用だと思います。

ただし、どれも英語版で、日本語の解説書はついておりませんので、中古&英語でいいよーという方がいらっしゃいましたら、ぜひプレゼントさせてください。

・・・・・・・・・・・・

1.ドリーン・バーチュー「インディゴ・エンジェル・オラクルカード」

ドリーンのエンジェルカードは定番ですが、これはインディゴ的な人たちに向けて作られたカードです。

『インディゴ』の特性を持つ人はとても情熱的で、世界に真実をもたらすという大きな使命を持っています。世代にかかわらず、真実と向き合いたいと願う全ての方にお使いいただける、天使のガイダンスにあふれたカードです。(アマゾンHPより)

カードの絵柄はとても雰囲気があって、ドリーンのエンジェルカードシリーズでは、一二を争う美しさだと思います。

説明書の分量は、他のカードに比べると少ないと思います。

日本語版のアマゾンページはこちらです。

・・・・・・・・・・・・

2.ダイアナ・クーパー「オーブ・カード」

ダイアナ・クーパーは、ドリーン同様、いくつもオラクルカードを出している作家でありスピリチュアルティーチャーです。

オーブは、天使を始めアセンデッドマスター、エレメンタル(自然界の妖精)、ユニコーンなどがデジタルカメラ写真の中に姿を現しているものです。(アマゾンHPより) 

このカードは、リーディングに使うというよりも、オーブを眺めて楽しむためのカードのように思います。

説明書はこんな感じで、各カードの説明も書かれていますが、ごくあっさりしたものです。

日本語版のアマゾンページはこちらです。

・・・・・・・・・・・・

3.トニ―・カルミネ・サレルノ「ヒーリング・エンジェルカード」

これは日本未発売のカードです。トニー・カルミネ・サレルノは氏は、自身で描いたイラストのエンジェルオラクルカードを日本でもいくつか出しています。これは、その簡易版です。

かわいい箱を開けると、こんなふうになっています。

このカードは、説明書は無しです。リーディング用というより、ちょっとしたインスピレーションをもらう用のカードです。英語の勉強をしたい人には、単語カードみたいに使うのもいいかと思います。

・・・・・・・・・・・・・

4.アンジェラ・ハートフィールド「ウィスパー・オブ・ラブ」

オラクルカードの著者として名高いドリーン・バーチュー博士の右腕として活動しながら、自身もメディアやワークショップ等で活躍するアンジェラ・ハートフィールド。(中略)

アンジェラのカードの魅力は、簡潔かつ明確に書かれたメッセージです。「愛」という、私たちの人生とは切り離すことができない普遍的なテーマに取り組みながらも、分かりやすい言葉で、大切なことや忘れてはならないことを伝えてくれます。(アマゾンHPより)

日本版の副題は「人生に愛を引き寄せるメッセージカード」と、いかにもド真ん中の惹句がついています。これは愛を引き寄せるしかないですよ。

イラストは、素晴らしくきれいです。

どれもファンタジック、かつドリーミーで、見ているだけでも優しい気持ちになりますね。

説明書はこんな感じです。

日本語版のアマゾンページはこちらです。

・・・・・・・・・・・・

プレゼントのご応募について

さて、上記のうち、どれか使ってみたい方がいらっしゃいましたら、プレゼントいたします。ご希望のカード名(もしくは番号)をメッセージ欄にご記入の上、ご応募ください。おひとり様、いくつご応募いただいても構いません。

ご応募の際、お名前はあだ名で構いません。抽選の結果、当選された方には改めてこちらからメールをし、送付先のお名前とご住所をお伺いします。

なおコンディションは、どれも中程度ですが、箱のスレなどがありますので(特にオーブカード)写真をよくご確認ください。

セージとクリスタルと満月で浄化した後、お送りいたします。

(応募期間2018年3月1日(木)~2018年3月3日(土)23時55分)

私は引っ越しが多いので、当座使わないものは実家に置いてもらっていたのですが、当座使わないものは、この先も使わない可能性99.9%だと、最近つくづく思いました。


Leave a Reply