あなたがきちんとした恋愛をするタイミングではない16のサイン


1.他の人ともデートをしたいと思う

特定の人と恋人の関係になる前に、もっといろいろな人を知りたいと思うなら、まだちゃんとした恋愛には早すぎます。

2.相手といると自分を偽ってしまう

知り合ったばかりの人に自分をオープンにするのは、誰にとっても難しいことですが、もし良く見せようと自分を偽ってしまうと考えるなら、ちゃんとした恋愛には早すぎます。

3.前の恋人ときちんと別れていない

前の恋人にまだ気持ちがあって、それを忘れるためだけに新しい恋愛をしようと思うなら、まだ早すぎるかも知れません。新しい恋は、忘れたころにやって来ます。

4.過去から進化していない

過去の恋愛関係から学ぶべきレッスンを学んでいなかったり、自分を向上させてきていないなら、同じことを繰り返すだけです。

5.相性が合わないと思う

デートをする相手がいても、何かが合わないと感じるなら、その勘は、ほぼ100%当たります。

6.恋愛をすることが目的になっている

自分の人生の他の問題を差し置いて、とにかく恋愛をすればすべてがうまく行くと信じているような場合、それは勘違いです。

7.独立心に溢れすぎている

毎日の”報告”を欠かしてはならないような関係を持つのはまっぴらで、自由と独立こそが素晴らしいと思っている人は、きちんとした恋愛には向かないかも知れません。

8.複数と同時進行するのが好き

誰かと恋に落ちる、その落雷のような瞬間が何よりの好物と言う人は、困ったものですね。

9.気が変わりやすい

誰かとデートしながら他の人のことを考えたり、会いたいと思うこともあれば、急に嫌になったりする人は、もう少し相手のことを考えろと思います。

10.相手を救おうとしている

その人を愛しているからではなく、自分には救いの手が差し伸べられると思っている場合、たいがい面倒な結果になります。

11.感情的な問題がある

人とつながり自分を見せるのが嫌で、殻に閉じこもってしまう場合は、貝になった方が向いているかも知れません。

12.心の穴を満たそうとしている

毎日が満たされないのは、恋人がいないからだと思っていると、自分の心の穴に気付きません。自分で埋められるようになって、はじめて充実したヘルシーな恋愛ができます。

13.恋人を作らないといけないプレッシャーを感じる

家族や友人や世間体の手前、いい加減、恋人がいないとまずいと感じている場合、新しい関係を急激に進めてしまうことがあります。まずいことはないですから、よく考えて決断しましょう。

14.追いかけようという気持ちが起きない

デートに誘われたら応じる相手がいても、こちらから誘いたい気持ちが湧かなければ、実は興味がないのでしょう。

15.人を信頼できない

好きではあっても、信頼して自分を投げ出すことが出来ないと思っているなら、相手を変えた方がいいか、自分の人間不信を掘り下げるか、どちらかにしましょう。

16.恋愛が優先順位の上位にない

恋愛が素晴らしいことには何の反対意見もないけど、他にやりたいことが多すぎて、優先順位の上位に来ない人は、そっちを先にやりましょう。

16 Signs You’re Dating the Person You’re Meant to Be With by Alicia Thomas in Her Campus



これは耳が痛いです。


Leave a Reply

%d bloggers like this: