2018年1月31日 獅子座のスーパーブルーブラッドムーンと皆既月食のエネルギーリーディング 

2018年1月31日は、日本時間で22:27に獅子座で満月が起こります。


スーパーブルーブラッドムーン

スーパーブルーブラッドムーンは、いくつかの天体現象が重なっておきます。月と地球の距離が最も接近するスーパームーンと、1か月のうちに起きる2回目の満月であるブルームーンが、この日に重なります。さらに皆既日食とも重なっていて、月が地球の影に入る時にその色が赤銅色のように見えることから、ブラッドムーンという名で呼ばれます。

スーパームーンとブルームーンは、どちらも月のエネルギーに拍車をかけます。

天体食は、一般的にはエネルギーのリセットになるのですが、今回のスーパーブルーブラッドムーンでは、いくつかの状況が複合的に起きるため、単なるリセットと言うよりも、エネルギー的に強いプレッシャーをかけられるような、大きなシフトになるでしょう。

アセンションゲートが開き、ソーラーウェーブが押し寄せてきています。新しいエネルギーが、この惑星のエネルギーフィールドに入ってきているのを、言葉にはならない直感的な感覚として体の深い部分で感じる人もいれば、大きな衝撃と共に強く感じる人もいます。

満月は、20:48から南南東の空で欠け始め、皆既日食が観測できるのは南東の空21:51~23:08となるそうです。

・・・・・・・・・・・

獅子座の満月のエネルギー

今回のスーパーブルーブラッドムーン及び皆既月食は、獅子座で起こります。獅子座のエネルギーは非常にパワフルです。昨年8月の日食が、同様に獅子座で起きたことを考えると、その影響がいかに甚大だったか思い出せるでしょう。昨年の日食を皮切りに、あなたの人生に起きた変化が、ここでひと段落し、新たなフェイズに入ります。

獅子座は火の星座であり、激しい情熱やクリエイティブな自己表現や、リーダーシップ、人生の喜びや楽しみを象徴するエネルギーです。

ここに感情や潜在意識を現す月が入ることで、あなたが心に秘めている自分、無意識のうちに抑圧していた自分を照らし出すばかりでなく、その小さな自分がぐんぐん力を取り戻し、声を上げて立ち上がろうとするようなエネルギーになります。

小さな自分のように見えたのは、あなたがそう思い込んでいただけで、本当は誰よりもユニークな力と表現を備えた存在だと、気付かせてくれるのかも知れません。

今回は、同じく獅子座にドラゴンヘッド(ノースノード)が入ります。ドラゴンヘッドは、太陽と月の軌道の交点の一つであり、天体ではありませんが、占星術ではよく使われるサインです。

Image result for north node astrology
https://truenode.org/

ドラゴンヘッドは、今世での取り組むべき課題や、魂が向かうべき方向を表します。あなたが向かうべき方向は、あなたがこれまで「小さな自分」として見過ごしてきた子が知っているのかも知れません。獅子座のパワーを、その子に渡してあげてください。その子を信じてあげてください。あなたと共に手を取り合って、立ち上がる日を、ずっと待っていたのですから。

もしくは、それはあなたの中のディヴァイン・フェミニンであるのかも知れません。昨年8月の日食では、太陽が月の影に隠れるため、その両方が獅子座に入っていましたが、今回は月だけが獅子座に入ります。美しさと優雅さだけでなく、意志と情熱を持った女神のようなエネルギーです。

あなたには内面の強さと力があり、それはライオンのように誇り高く、常にあなたを守り、導き、奮い立たせます。

マスターナンバー11の年である2018年が、ここから本格的に始動します。

 

Leave a Reply

コメントをどうぞ!