幸せな人が絶対しない9つのこと


すごく幸せだと思う時もあれば、そうじゃない時もあるのが人間ですが、常に幸せの分量が多い人は、幸せを合理的・効果的に手に入れようとする人なのではないかと思います。

1.周りの環境や他人が変わらないのを責めない

幸せな人は、自分の置かれた環境や、他人が間違っていて、やり方を変えようとしないことを責める代わりに、上手に自分を適応させます。その方が速いからです。

2.好きなものを考える時に、嫌いなものは考えない

幸せな人は、いつでも、ただ自分の好きなものを選び続け、それを選ばない人を批判したり、嫌いな理由を考えたりしません。イライラするだけだからです。

3.相手が間違っていても気にしない

幸せな人は、自分の正しさを認めてもらおうとするより、みんなが丸く収まる方法を考えます。正しさとは立場によって違うものなので、そこを追求してもきりがないと割り切れるからです。

4.相手の幸せや成功を否定しない

幸せな人は、他人の幸せや成功もありのままに喜びます。敵を作るより、仲間が多い方が、最終的にはより大きな幸せを手にするからです。

5.自分の問題を無視しない

幸せな人は、自分の幸せを作ることに常に意識が向きますので、根本的な問題を無視するようなことはありません。

6.ネガティブな感情に浸らない

幸せな人は、ネガティブな感情から自分を切り替えるのが速いです。どんな理由があれ、そこに留まることは、自分のためにならないと知っているからです。

7.自分と他人を比べない

幸せな人が幸せでいる秘訣は、ここにあります。個性や好みの違いがあるだけで、みんな自分のやるべきことをやっている点では同じだと考えます。

8.自分の価値を認めるのに、条件をつけない

幸せな人は、今ある自分のそのままの姿に、揺るぎない価値があると考えます。「夢が実現したら」、「あと2キロ痩せたら」、「転職が成功したら」というような願いは、それはそれとして、自分の価値とは全くの別物だと知っています。

9.もう遅いと思わない

幸せな人は、始めようと思った時が、ベストのタイミングだと考えます。遅すぎるとも、早すぎるとも考えず、ただ自分のやりたいことを始めることにフォーカスします。



幸せって、足し算ではなく引き算だとよく言いますけど、引き算した上で掛け算するみたいな。そういう感じなんだと思います。


Leave a Reply