【海外の反応】引き寄せのヴォルテックスに入る方法を集めてみた


ヴォルテックスに入る

『引き寄せの法則』を伝えた集合意識アブラハム・ヒックスは、ソースとつながり、願いを自在に引き寄せられる状態を「ヴォルテックスに入る」と表現しました。

アブラハム・ヒックスの教えを実践する人たちが集まる、その名もエイブ掲示板というのがあるんですが、そこに自分の実践する「ヴォルテックスに入る方法」を上げていって、100を目指すスレッドがありました。以下は、様々な人から集まった意見を拾ったものです

・・・・・・・・・・・・・・・

1.元気の出る音楽を聴く

2.瞑想する

3.アブラハム・ヒックスのCDやDVDを鑑賞する

4.抵抗なく感謝できるものを探す

5.夜明けにジョギングする

6.自然の中を散歩する

7.好きな曲に合わせ、鏡の前で歌いながらダンスする

8.パートナーと愛しあう

9.笑える映画を観て、大笑いする

10.ペットを飼う

11.子どもを抱きしめる

12.好きな物を食べて、一口ごとに大好きな気持ちを味わう

13.リラックスして、想像の限り一番わくわくすることを考える

14.道ですれ違う10の人に微笑みかける

15.よい気分で過ごすと決め、よい気分になる思考を選ぶ

16.自分の良いところをノートに書く

17.美しい日の出や夕焼けを見る

18.ハートを愛で満たす

19.海に行く

20.小鳥のさえずりを聴く

21.大きく深呼吸して、健康を感じる

22.星を眺める

23.散歩をしながら、インナーチャイルドと会話する(特に夜がおすすめ)

24.お風呂やサウナにゆっくり入る

25.湖のほとりで水鳥を眺める

26.窓を開け、外で遊んでいる子どもの声を聞く

27.馬を眺める

28.エクストラキャラメルマキアートをベンティサイズで飲む

29.テラスにノートパソコンを持って行って、好きなサイトを眺める

30.夏休みの予定を立てる

31.図書館に行く

32.ヨガをする

33.ハグをする

34.ベストフレンドと笑える時間を過ごす

35.買い物をする

36.南の島で一週間を過ごす

37.仕事に熱中する

38.暖かい晴れの日に窓を開けてドライブする

39.日差しの差すベッドに横になって、まるでスポンジが自分を吸収してしまうように布団に溶け込む

40.人々の中にベストの部分を見ることを選び、新しい友情が沸き上がるのを感じる

41.イルカと泳ぐ

42.神話を読んで、思いを馳せる

43.自分には価値があり、純粋に素晴らしいと考える

44.友だちに料理をふるまう

45.自分の好きな人の絵を描き、プレゼントする

46.遠くにいる友人に手紙を書く

47.部屋を掃除して、その美しさを眺める

48.お気に入りの曲をかけてドライブする

49.何があっても自分は幸せになると決意する

50.自分自身でいる

51.サイクリングする

52.スシを食べる

53.神に感謝する

54.何にでも感謝する

55.人生のどの瞬間にも感謝する

56.昔の楽しい思い出を思い出す

57.シーツを洗って、すね毛をそる

58.自分で手入れした花壇や植木の美しさにうっとりする

59.顔に日差しを感じる

60.一日の終わりにキャンドルを灯し、リラックスする

61.お気に入りのカフェで、ゆったりする

61.芝生に寝転んで、地球を感じる

62.クリームブリュレ・ベリーのせを食べる

63.欲しいものが今ここに全てあるかのように行動する

64.ジムで体を動かす

65.バブルバスに入って、ネイルの手入れをする

67.コンブチャ(日本の奴じゃない方)にカイエンペパーを振って飲む。

68.ツリーハウスをデザインする

70.自分の好きなものの写真を撮る

71.ウィンドチャイムの音を聴く

72.肌に風を感じる

73.ソースにつながっていることを感じる

74.あらゆる良いものが、自分の元にやって来ると考える

75.周りの木々がどれほど美しいか賞賛する

76.自分のわくわく出来ることを探す

77.新鮮なトマトとアボカドでサンドイッチを作って、ピクニックに出かける

78.自分の新しい服を褒める

79.日々受け取っているガイダンスに感謝する

80.これから起こる楽しいことを想像する



最初はみんなで意見を集めて100を目指すスレッドだったのですが、実際は100を超えて盛り上がっていました。

共感できるものも沢山ありますし、いろんな個性があって面白いですね。人それぞれで、ヴォルテックスポイントみたいなのが違うんでしょうね。

でも好きなことをやって入るヴォルテックスなんて、一瞬なんですよ。それを持続させるためには、ネガティブな思い込みを手放すという、例のコマンドが必要になります。

 

コメントをどうぞ