頭のいい人に限って人付き合いが苦手になる7つの理由


1.不安に陥りやすい

知的な人が不安に陥りやすい傾向を持つことは、研究で知られています。世界情勢や将来の展望を考えて、つい忙しく頭を働かせてしまいます。人との関係においても、相手の感情や思考を敏感に察知し、不安に陥りがちです。

2.通常の話題がつまらない

知的な人は、天気や食事など、日常的な意味のない些細な会話をつまらなく思います。彼らにとって、そのような会話に取り組むことは、むしろ非常な努力を必要とします。

3.深読みし過ぎる

知的な人々は、人間関係の中で自分に期待されている役割を敏感に察知します。そこでどのように言い返したり、反応すべきなのか深読みし、考えれば考えるほど、会話がぎこちなくなってしまいます。

4.自分に興味のある話になるとエキサイトしてしまう

知的な人々は日常的な会話を苦手とする一方で、自分に興味のある分野の話題になると、俄然エキサイトしてし、自分の知識を広げたり、自分の意見を言いたくなってしまいます。

5.反対意見の人と衝突しがち

知的な人は、間違った情報や、誤った推論が出回ってしまうのが、社会のために良くないと考えます。そうした情報を流す人たちとは、ナチュラルに衝突することになります。

6.感情的の共通項を見出しにくい

人々が不平を言うのは、感情的に周りとつながりたいからです。知的な人は、そこを飛ばして問題を解決してしまうので、人々と感情的な共通項を見つけるのが難しくなります。

7.一般的に人の興味を引く話題に興味がない

知的な人々は、ゴシップやニュースなど、人々の興味を引くような話題に興味を感じません。問題の本質を見極め、自分の中で解決してしまうので、その他のドタバタの部分はどうでもいいのです。

7 Reasons Why Highly Intelligent People Lack Social Skills by Life Coach Code



ここで問題を作ってるのはマインド由来の知性であって、その問題をいかに超えるかが、スピリチュアルな知性なんだと思います。

 


2
Leave a Reply

1 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
新しい順 古い順

この記事を読んで驚くほど共感できました。私は全く同じです。

%d bloggers like this: