2017年10月6日 牡羊座の満月 エネルギーリーディング

日本時間では、10月6日午前3時40分に、牡羊座で満月が起こります。


牡羊座の満月のエネルギー

エネルギーの乱気流の中にいたような8月が過ぎ、その修復のエネルギーをもたらした9月が過ぎました。だいぶ体も心もすっきりし、そろそろ本調子のバランスに戻ってきたかなという人も多いと思います。

私が満月と新月のエネルギーリーディングをする時は、いつも読んでくださるみなさんの勇気が湧いたり、何かを起こすタイミングになるようなヒントを天体から見つけたいと思っているのですが、残念ながら、一波乱あるとしか思えない配置の時もあります。そして、今回がそんな時です。

今回、満月は牡羊座に入ります。牡羊座は、12宮のサイクルの最初に当たる星座であり、何かをスタートさせるための情熱や行動力、エネルギーを支配します。満月がここに入ることで、ちょうど跳び箱の踏切板を踏んで高くジャンプするように、私たちも次のステップへと踏み出し、本来の自分のパワーを取り戻したいところです。

その反対側、天秤座には、太陽・水星・木星が位置しています。あなたの仕事面でのパートナーシップを強化・発展させたり、共通の趣味を持つ人たちとの繋がりを広げたりするのに、抜群によい星回りです。

なんだ、いいことばかりじゃないかという気もしますよね。月と太陽が表す関係、つまり感情と意志、潜在意識と顕在意識、内的な自分と外的な自分などのバランスが上手に取れている人は、実際、よい波に乗れているのではないかと思います。

・・・・・・・・・・・

月と太陽のオポジション 破壊と再生の星・冥王星とのスクエア

一方、そのバランスが取れているつもりでも、心のどこかにひっかかりがあったり、もしくはスムーズに進んでいないという場合、この満月のエネルギーがブレイクスルーを作ってくれます。

満月と同じ位置に、変化と革命の星・天王星があります。満月があなたの心の奥深くを照らし、エネルギーを解放する中で、太陽は外交的には絶好調のフロウの中にいます。天王星のエネルギーが潜在意識の中の不安に共鳴してしまうと、思わぬ感情の動揺が出てくるのかも知れません。

さらに月と太陽のスクエアの位置に、破壊と再生の星・冥王星があり、これが内側の自分と外側の自分のバランスに影響を与えます。周りの変化のスピードについて行けなかったり、内面との矛盾やズレを感じ、心細くなったり、感情が爆発することがあるかも知れません。

もちろん、これは再生のための破壊ですから、エネルギーサイクル的に見れば、バランスを崩したとしても、それは、むしろナチュラルかつヘルシーなことだと思ってくださいね。

2017年の残り3か月を、より気軽な状態で過ごすために、ここで最後のエネルギー的・感情的荷物整理をしましょう。

要らないものが片付いて、心もすっきりし、周囲がよりはっきり見えてくる頃、牡羊座本来のエネルギーが。あなたが自分に自信を持てるよう、力を与えてくれていたことに気付くでしょう。