私が5年間、夢日記を続けて分かった11のこと

夢とどのように向き合うかは、みなさんいろいろだと思いますが、私も夢マニアの端くれとして、自分の夢日記から学んだことをまとめてみました。


1.夢に注目するほど、夢の内容が面白くなる

私が夢に注目するようになったのは、今思えば、やはりアウェイクニングが始まった頃だったと思います。最初は、いつも夢に出て来る同じ街に興味を持ったのがきっかけでした。

日記をつけるようになってから、別の世界にいる別の自分の夢や、宇宙人やネイティブアメリカンから何か教わるなど面白い夢を見るようになりました。

― 2012/11/09の夢日記より ―

バーのカウンター的なところで働いている私。
まあシチュエーションはどうでもよくて、誰かに対して話かけていた。
「あなたとはこんなに何度も同じ場面を繰り返しているから、きっと他の次元でも繰り返してるかも知れないね」

自分の言ったセリフが衝撃的すぎて起きた。

・・・・・・・・・・・

2.人生の転換期には、夢を多く見る

夢日記を読み返すと、別次元の夢なんて全体の1割くらいで、あとは今となっては意味不明なポエムが2割、残りの7割は感情を解放するための夢です。

人生のフェイズが変わろうとしている時、昔の夢を多く見ます。夢の中で、潜在意識の中の記憶や感情を整理したり、不安を癒しているようです。見た後に、心の中に懐かしさが広がるような夢は、優しい感情に癒される必要がある時によく見ます。

― 2014/10/04の夢日記より ―
前の職場の夢も少し見たかも。
すっかり規模が大きくなっていて、今では私がいた片鱗もない。
がっかり。私は要らないみたい。あとは妬みとかみたいな?

どれも慣れた感情。

自分が誰だったか、何だったかを忘れてしまいそうな毎日です。
でも忘れてしまうことに問題があるかというと、ないと思う。
今の私は、より本質的なものであることは間違いがない。

 

・・・・・・・・・・・・

3.ショックの後には、ほぼ夢を見なくなる

経験したショックが大きいと、感情を整理しきれず、一時的に夢を見なくなります。再び夢を見るようになると、感情の解放がスタートします。

・・・・・・・・・・・・

4.スピリチュアルな夢を多く見る時期もある

感情の解放が一通り終って、混乱が終息するまでは、スピリチュアルな夢を見ないようです。アウェイクニングと同じで、やはり波があり、見る時は連続して見るし、見なくなると、ぱったり見ません。

・・・・・・・・・・・

5.夢で聞いた情報は、ほぼ使えない(笑)

これは異論がある人も多いのかも知れませんが、私の経験では、夢で教わったことは、現実世界で実践できない教えが多いです。(クリスタルで空を飛ぶ方法とか)

もちろんアイデアやインスピレーションとしては使えますが、やってみろって言われてもできません。次元が違いますからね。

― 2014/02/11の夢日記より ―

宇宙船内。青い部屋。
クリスタルのグリッドを重ねると、浮かぶ仕組み。宇宙船もそれで飛んでるらしい。
磁石のN極とN極が、反発し合うみたいな。試しに私も飛んでみる。

なるほど、なるほどと納得しまくってた。

・・・・・・・・

6.宇宙船に乗らなくても、勉強はできる

宇宙船で何か教わる夢を見るのは面白いですが、でも、今になって考えると、宇宙船に乗らなくてもいろんなことを教えてくれますので、必ずしも乗る必要はなさそうです。

情報はエネルギーであり、バイブレーションですから、あなたの中に蓄えられると、必要な時にベストな形で取り出せるようになります。

― 2017/01/17の夢日記より ―

たくさんのヒーリング情報を聞いた。
あるがままになった結果は、全てがうまく行った結果だっていうメッセージもあった
プールの中で泳いでいる人が、どれだけ水の中が気持ちいいかとか。
まるで私が自分に必要な情報をもらいに行ってるようだった。

 

・・・・・・・・・

7.メッセージだけ聞くこともある

見える風景は無しで、ただ言葉だけを聞くこともあります。もちろん、夢日記に残しておきましょう。意識の中に言葉が吹き込まれるというか、ふわーっと湧いてくる感覚は、チャネリングと同じです。

・・・・・・・・・・

8.そのものじゃなくて、元型が大事

元型とはユング派の考え方で、簡単に言えば、夢に出て来るイメージの元になっている感情です。

現実世界は、見た目と内容が合致する世界であり、リンゴがリンゴであることや、渋谷に行ったら渋谷であることに疑いがありません。でも、夢の世界は違います。

たとえば災害の夢を見た場合、それは災害の予知夢ではなく、あなたの不安や恐れが表れたものかも知れません。そこに含まれる感情、その夢をどう感じたかは、事物自体よりも大事です。

・・・・・・・

9.感じることが全て

世の中には、意味やロジック重視の人と、感覚やイメージ重視の人がいます。夢日記においてはアプローチが違うだけで、「夢を通じて自分を知る」というゴールは同じです。

ただ、夢をスピリチュアルやサイキックのプラクティスとして利用したいなら、感じることが全てだと思ってください。

感情を感じて、そこにどんな要素が入るか、どんな記憶とつながってるか探るのは、チャネリングやリーディングに必要な感覚の、実に90%くらいを占めます。

たとえばタロット占いをするなら、カードの意味は大事ですよね。けれども夢の場合、シンボルの理解は二次的なものだと思ってください。夢はよりパーソナルなものだからです。

・・・・・・・・

10.意味不明な夢もあって、それもまたよし

たとえば、つぶやきとか、ため息のように、言葉にならない音の断片でも、その音を発することに意義がある場合ってありますよね。「あーあ」とか「よいしょ」とか笑。

一見意味のない夢の断片も、同じものだと思っています。後からまったく光景を思い出せない夢でも、読み返すと、妙に意識を刺激します。

・・・・・・・・

11.夢は魂の欠片

5年間夢日記を続けてきて思うのは、

夢は、顕在意識が気付かない、自分の魂の欠片だと言うことです。

その欠片は、人によって前世だったり、子どもの頃の記憶だったり、宇宙人としての記憶など、様々あると思います。その欠片をどのように使うかも、人それぞれなのだと思います。

夢のシーンを思い出すことで、そのエネルギーを自分の中に統合し、より全体としての自分を取り戻すことが出来ます。

 

― 2016/10/16の夢日記より ―
 
泥の夢。
泥みたいなパン。食べるとカラメルみたいで意外においしい。
子どものころ、体調が悪い時にみた泥の夢。
それは最近、模索中のテーマ、存在そのものの不確かさと似ているのかも。
 
でも不確かさを主張しているのは、私のほんの一部分であって、実は全然確かなんだろう。
 
多次元になることとは、新しい感情、忘れかけていた感情を、少しずつ経験していくってだけのことなんじゃないかと、昨日ジェフリーと話してて考えた。最近すっかり忘れかけてた、拙く愛らしい生き物としての自分を思い出す。
 
そうやって多くを経験していくことで、一部分に対する執着が無くなる。
 
多次元とは、たったそれだけのことなんじゃないかと思う。
 

夢日記のよいところは、後から読み返すと、普通の日記よりも全然面白いところです。みなさんもぜひやってみてください。