2017年アセンション予報 6月4日付 クライオン ”これからやって来るミニ氷河期、ガイアの愛について”

ちょっと前の記事なんですが、何がどう愛なのかというのは、徐々に明らかになります。


これは素晴らしい愛の物語です

親愛なる人たち、こんにちは。マグネティックサービスのクライオンです。これからみなさんに、あるお話をしましょう。それは愛の物語であり、この惑星の現状と未来についての話です。

クライオンの公開チャネリングが始まったのは、24年前のことでした。そこで私たちは惑星のシフトについて話しました。

シフトは私たちの持つ機密情報ではなく、あなたたちの祖先もみな、共通認識として知っていたものです。

これは、終末予言ではありません。私がお話ししているのは、神、宇宙のセントラルソース、全てなるものの、そしてガイア自身が、人類に送る愛の物語なのです。

・・・・・・・・・

人間の中に根付く終末論という習性

長年の間、私はこの惑星に起こる気候の変化についてお話してきました。メディアで言われている内容とは違いますから、疑問に思う人もいるでしょう。あなたたちがよく知っているのは、温暖化についてです。けれども温暖化とは、実際には、寒冷化の始まりなのです。

今、こうして断言しておくのは、また別の終末論者が現れて、世界が終わりについて新しいシナリオを作る前に、はっきりさせておきたいからです。恐れは古いエネルギーであり、変化は常に恐れを生み出します。

人類が終末を迎えるというシナリオは、人類の中にとても深く根差していて、もはやひとつの習性となっています。これまでと違う何かを観測すれば、あなたたちは、すぐに世界の終わりだと考えますね。古いエネルギーの中で、そう考えるよう訓練されてきたのです。

けれども映画に出て来る気候や地球の変動をモチーフにしたアポカリプスは不十分であり、しかも、あなたたちはまだその局面を乗り越えてはいないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・

温暖化の後に、ミニ氷河期が来ます

気候について、お話ししましょう。科学的な証拠が欲しければ、太陽の活動を見ていください。それが全ての原因を作っています。14年前にもお伝えしましたが、別のサイクルが始まるのは間違いありません。人類が存在しようとしまいと、サイクルというものはやって来ます。もう一度言いましょう。人類が存在しようとしまいと、サイクルはやって来るのです。

氷河の深層や木の年輪から分かるのは、そのサイクルはとても頻繁に起こるということです。二酸化炭素の上昇に伴う温暖化から始まり、やがては寒冷化につながります。このサイクルは、程度の差こそあれ、何百年ものスパンで繰り返されています。

今回もスケジュール通り、ミニ氷河期が始まります。いつから本格化するのか気になるでしょうが、よく注意して観察していれば、預言者など必要としません。私から言えるのは、あと15年のうちに氷河期の片鱗を経験することになるだろうということです。

今のところ、まだ温暖化を経験している地域もあります。温暖化とは、寒冷化に先立つ現象であり、惑星としての地球の歴史を研究している人たちには、よく知られたシナリオです。しかし研究者たちは、多くを明らかにしません。彼らは政府に抱えられているか、大学の助成金に頼っているため、人々が聞きたいストーリーしか語らないからです。ミニ氷河期はやって来ます。

「クライオン、世界は終わるんでしょうか?」と尋ねる人がいます。大都市が氷河に覆われる光景は、多くのSF映画に描かれてきました。しかしそれは、その人にとっての終末のシナリオであって、現実の様子とは異なります。

小氷河期がどんなものか知りたければ、1650年代に何が起きたか歴史を調べてみてください。

親愛なる人たち、寒くはなりますが、この惑星の終わりではありませんよ。

参考:小氷河期 by Wikipedia


・・・・・・・・・

寒冷な気候の中で暮らすためのアドバイス

寒冷な気候の中で暮らすには、これから伝えるアドバイスを聞いてください。気候が寒くなったら、自給自足をすることです。これから15年以内に、電力を個人的、もしくは小規模の集団で生産する方法を見つけてください。これは隣近所でも独自にも行えます。現在使われている電力網は、やってくる寒さに耐えられません。

これは悲観的な終末論ではありません。単に現実的で、常識的な情報です。電力インフラは、とてもデリケートです。寒冷期は何十年か続きます。それに備えましょう。そのための技術開発競争も生まれます。けれどもあなたたちのサバイバルに、政治を介入させてはいけません。

・・・・・・・・・・・・

気候変動は海洋をリブートします

どうしてこれが愛の物語かって?どうしてガイアはこのようなことをするのでしょう?その目的は何なのでしょう?

たとえば観賞魚用の水槽を持っているとして、日頃からどれだけ水の汚れに気を付けていても、水を入れ替えなければならない時が来ますね。この惑星での気候の変化についても、同じことが言えます。

惑星は、水槽のように水を変えることは出来ません。水の循環を利用して、海洋生命のリブートをします。気候の変動は、海洋の生命体をリフレッシュするためにあり、そうすることでこの惑星の誰もが、海から必要な食べ物を得ることが出来ます。ガイアはそれを自分でします。これまでもそうでした。それには理由があるのです。そうすることで停滞を防ぐのです。

あなたたちは空気や水の中を汚してきましたが、それがサイクルの変化につながるのではありません。環境を傷つけないでくださいということは、私たちも長いことお伝えしているテーマですね。なぜかと言うと、それはガイアではなく、あなたたち自身を傷つけることになるからです。

ガイアは目を見張るほど強靭で、あなたたちが何をしようとも彼女は生き残ります。環境汚染を続けていて、生き残れなくなるのは、彼女ではなく、あなたたちです。

・・・・・・・・

海洋のリブートは南極を中心にして起こります

現在起きていることは、過去にも起きています。これからしばらくは、両極端の出来事を様々目にするでしょう。

海が死んでいくというような調査を目にする一方、減少するはずだった海洋生物の生体数が安定するというような報告を目にするでしょう。海の生命サイクル自体が変化し、リブートを始めるのです。

この再生を担う主要なプレイヤーは、あなたたちが予想だにしない場所、南極です。南極の魔法をぜひ目撃してください。それは海洋の微生物や他の生物がリブートされる際のコアとなってきましたが、特に小氷河期において、動きは活発になります。潮流は、海面下のベルトコンベヤーのように、新しい生命を運びます。

参考:南極の氷、温暖化の中でなぜ増えている? in Nikkei Style

・・・・・・・・・・・

ガイアがあなたたちのために用意してくれたこと

この気候変動が、人類にどのような影響を及ぼすのでしょう?あなたたちも、他の地球の生命たちも、それによって食べ物を十分に与えられることになります。海は生命の源であり、この惑星の生き物たちに食べ物を与えてくれます。地球は、あなたたちのために、これを用意してくれているのです。

海洋の変化は、シフトに伴って起こります。シフトととは何でしょう?あなたたちもご存じの通り、それは文明の完全なリニューアルを表します。破壊と絶滅が予測される筋書きを、あなたたちは変えました。人類にとっても、非常に稀な時代です。

つまり、あなたたちに十分食べ物を与えられるよう、地球は前もって備えているのです。シフトは、あなたたちの決定です。これまでなされてきた数々の預言に反して、あなたたちは破壊をやめて、この惑星に留まることを選びました。あなたたちは高次の意識に向かっています。その考えは、やがて受け入れられるようになります。それもかつてはないことでした。

・・・・・・・・・・

高次意識に基づく社会の実現

高次の意識に関して、やがてあなたたちは互いに殺し合うことのない時代が実現します。戦争の終結はゴールではなく、始まりに過ぎません。戦争がなくなれば、発明や科学もあり方を変えます。武力に流用されることがなくなるからです。それが新しいパラダイムの始まりです。

自分たちで衣食住を整え、自分を養い、健康を作り出します。ゆっくりと、高次の慈悲と智慧の統合がこの惑星の苦しみを終わらせ、意味のある政治を行うようになります。

社会的には、現在、それは始まっています。気付いているでしょうか?これまでと同じでいられるものは、何もありません。

変化に対して、多くの人は恐れを感じるでしょう。経済がシフトし、新しいパラダイムが始まることを恐れます。けれども新しいパラダイムは、システム的に破たんした古いパラダイムを救うために存在します。実際にそれが本格化すれば、意外に悪くないとみんな思うはずです。人間は何事も変わらないのが好きなのですが、変化が始まれば、喜んで受け入れる人もいるのです。

・・・・・・・・・・・

あなたたちは、わずか5歳の幼子であり、ガイアの愛は常にあなたたちと共にあります

2012年にシフトが始まって、5年が経ちました。母親が子供を一人前に育てるのに、どれくらいかかるでしょう?たとえば20年としましょう。その間、どんなことが起きようとも、母なるガイアの愛は常にそこにあります。子どもが3歳でも5歳でも、11歳でも17歳でも、彼らがどれほど反抗しても、彼らへの愛は常にそこにあります。子どもたちが自身の価値に悩んだり、抑うつ状態を経験していても、愛は変わらず続きます。母は寄り添い、最善を尽くします。親の愛情とはかけがえのないものだからです。

そしてシフトから数えて、あなたたちは今年で”5歳”です。”自我が芽生えた”あなたたちは、沢山の質問をするでしょう。「本当に何か起きてるの?これはシフトなの?世界の終わりなの?」何が起きても恐れが先立つのは、人間の性質です。

大切な真実を教えましょう。神の愛は、あなたたちがわずか5歳の時に、この惑星を終わりにしないでしょう。これまでに起きたことは、あなたたちの自由選択です。

・・・・・・・・・

地軸の回転と18年のサイクル

地球の自転軸は常に同じ角度に固定されている訳ではなく、約25800年周期で、ゆっくりと回転しています。(下図参照)現在、地軸は移動しながら天の川に差し掛かっています。天の川を渡るには、天の川に入り中心地点に到達するまでが18年、そこから渡りきるまでに18年、合計で36年かかります。

歳差 via Wikipedia

2012年12月21日に、この惑星の地軸は天の川の中心に到達しました。前半の18年周期が終わり、そこからもう18年かけてシフトの時代を終えます。その成長の周期の中で、あなたたちは現在、たったの5歳なのです。

そして変化を起こすなら、今です。私たちが話している情報に耳を傾けてください。誰かがあなたに恐れなさいと話すものを、恐れないでください。ミニ氷河期がやって来るのは、海洋を浄化し、この惑星を養うためです。

神の愛と、今ここにあるサイクルを祝福してください。

参考:地球の約25800年周期での「歳差運動」により北極星(天の北極に近い星)は移り変わる in カムサビア

・・・・・・・・・・

クライオンの励まし

あなたたちは、これから多くの変化を経験するでしょう。あなたが恐れるほど、闇はあなたに微笑みかけます。闇を殺すことは出来ませんが、その力を弱める唯一の方法は、より多くの光を作り出すことです。光が増えるほど、闇は少なくなります。

オールドソウルのみなさん、あなたたちは全てにおける先駆者です。あなたがここに来て、私の話に耳を傾けているからこそ、シフトが起きています。もし誰かがあなたたちに、これは世界の終わりだと話すなら、決してそうではないことを微笑みながら伝えてあげてください。

現在起きていることは、壮大な愛の物語です。神がどれほどあなたたちを愛しているか。あなたたちはシフトを潜り抜け、変化の山を登り始めました。

「不安に感じるでしょうか?」

そうかも知れません。

「大変でしょうか?」

そうなるでしょうね。

これら全ての変化を惑星と共に潜り抜けるには、何百もの転生を重ね、永遠の智慧を持つ者たちの他に、適任者はいません。誰なら上手にできると思いますか。そうです。あなたたち以外には、誰もいません。

これは、あなたたちとスピリットの間に交わされた大いなる愛の物語です。感じますか。あなたが来たのと違う場所へ向かってください。全ての道のりで、決して一人ではないと知ってください。

The State of The Earth, a message from Kryon channeled by Lee Carroll in Spirit Library


クライオン、話が長くて大変なので、もうやらないぞって思っても、また少しするとあっさり忘れて、またやります。

って前回も言った気がします。氷河期はバシャールも言ってましたね。

私たちが生きている宇宙/ガイア/スピリットとの愛の物語って、私たちが半端ないと思う以上に、もっと半端ないものなんでしょうね。