あなたがスピリチュアルマスターになるかも知れない6つのサイン

今後、なってしまうかも知れませんから、念のため、今のうちにチェックしておきましょう。


1.ジャッジメントや偏見がない

スピリチュアルマスターは、誰かと誰かを比べるという発想が、そもそもないでしょう。誰もが自分の人生を生き、そこで全力を尽くしていると知っているからです。彼らは長い道のりを歩いてきていますから、他の人々を見渡した時に、誰もが自分の歩むべき道を歩んでいて、それは必ずより良い未来につながることが分ります。マスターたちはジャッジされることはあっても、自らジャッジすることはありません。

 

2.繊細だが、敏感ではない

エンパスや高度に繊細だと言われる人たちは、非常に敏感です。彼らは自分の中に取り込んだ感情や感覚に敏感に反応し、疲弊してしまいます。しかしスピリチュアルマスターは敏感な反応を抑えつつも、繊細でいることが可能です。彼らは自他の境界線をよく認識し、感情を物体のように客観的に扱うことが出来ます。

 

3.自然と人を教える立場になる

スピリチュアルマスターたちは、意図していなくても、自然と人に教える立場になります。彼らは、何をどのように伝えるべきか、よく理解しています。彼らの言葉の明晰さは、まるで稲光のように感じられるでしょう。多くの場合、マスターたちは教えを説くと言うよりも、生きた手本となることで、人に教えを示します。

 

4.愛そのものだ

誰も彼もを平等に愛し、誰しもの中に愛と光を見出すのは、スピリチュアルマスターにとってはごく自然なことです。彼らには怒りや憎しみがなく、私たちは一つであるという基本の真実に忠実に生きています。

 

5.執着を持たない

人生で本当に重要なものが何か理解すれば、重要でないものは全て手放すことが出来ます。スピリチュアルマスターにとって物質世界の全ては去り行くものであり、それでも無くならない唯一のものにエネルギーを注ぎます。マスターにとって永遠のものとは、自分の存在であり魂で、それ以外はかりそめのものです。

 

6.地球上のあらゆる存在につながりを感じる

スピリチュアルマスターは、この惑星だけでなく、そこに住むもの全てとのつながりを感じます。自分にも他の人にも感謝と尊敬の念を忘れません。大きな視点で眺めれば、全てで一つの有機生命体だということを感じます。

6 Signs You Are Meant To Be A Spiritual Master in Conscious Reminder


この前、高野山でお坊さんの話を聞きましたけど、今を生きるとか、執着を捨てるとか、お釈迦様は心の中にいるとか、言葉を変えればスピリチュアルの教えと同じで、私たち、寺開けるんじゃね?と思いました。