他の人たちとどこか違う オールドソウルの独自な5つのやり方

 

1.オールドソウルは友達を選ぶ

オールドソウルは、友達を探すのに苦労します。そして自分の人生をインスパイアし、大きな影響を与える一部の限られた人だけを友達として選びます。自分の複雑な思考やインパクトのある個性を本当に理解してくれる人とだけ、時間を過ごすのです。

オールドソウルは、普通の人なら言わないようなことも、ずばっと言うことがあります。悪気があるのではなく、正直だからです。彼らがあなたと友達になりたくない様子を見せても、気にしないでください。気まずい思いをさせたくないと思っているのかも知れません。

 

2.オールドソウルは批判的思考が得意だ

知り合いの中に、最も辛辣で鋭い批評をする人がいたら、その人はオールドソウルかも知れません。彼らは真実と知識に飢え、自分が経験することや、得た情報などを、常に批判的に眺めています。

それは彼らが意地悪だからではなく、これまでに様々な立場で、多くの経験をしてきたため、本物を見極める嗅覚が優れているからなのです。

 

3.オールドソウルは自分で道を切り開く

いわゆる”普通”の人生を、社会の仕組みに取り込まれると考えて肯定せず、独自の道を行くタイプがいたら、オールドソウルかも知れません。それは彼らが反逆者であるからと言うよりも、自分の幸せが何かを良く知っているからなのです。自分の望む幸せが、ありきたりのシステムの中になければ、それを得るために自分で道を切り開きます。

 

4.オールドソウルは、飽くことのない勉強家だ

オールドソウルは、日々の暮らしの小さなことにも、自分の学びを見出します。彼らは自分でも半ば無意識のうちに、知識と知恵、気づきを求めてしまうのです。

彼らにとって、知識とは、愛であり力です。そして彼らは自分が集めた知識を、単に聞きかじりの情報として使わず、自分の人生に反映させて深い洞察にまで高めます。

 

5.オールドソウルは適応力が高い

オールドソウルは新しい環境や人間関係にも、特に問題なく自分を馴染ませることが出来ます。特に人よりフレンドりーだとか、フットワークが軽いということはないのですが、彼らの魂が重ねてきた経験が、どこか柔和なバイブレーションとなって表れ、どんな環境にも自分を馴染ませるんでしょうね。

しかし同時に、彼らは自分を社会からのアウトローのようにも感じています。自分と同じだけの思考回路を持ち合わせていない人たちと、会話を続けるのを困難に感じます。彼らには、独自の距離感があるのです。

5 Things That Old Souls Do Differently From Everyone Else in Gostica


小学生、中学生の頃から、おじいちゃんというあだ名がつく人がいたと思うんですけど、今思えば、そういう人はオールドソウルな可能性がありますよね。とても温かな、でもどこか頑固な面もある魂です。