あなたの夢を批判する3タイプの人と、それでも夢を追うための6つのステップ

あなたの夢が何であれ、それを批判する人というのは、どこにでもいるものです。


ドリームキラーその1: あなたが夢を追うことを批判する人

実際、ほとんどの人はジャッジ好きで、オープンなマインドを持とうと努力している人の方が少ないくらいだと思います。

通常、批判は恐れから来ます。あなたの夢を批判する人も、あなたが成功したら、自分の立場はどうなるだろうと考え、無意識のうちに恐れているのかも知れません。

でもそれは彼らの問題であって、あなたの問題ではありません。

 

ドリームキラーその2:あなたの夢をからかう人

からかいは、批判の別の表れです。あなたをからかう人も笑顔を浮かべながら「ちょっとした冗談よ」と言うかも知れません。それは一見、悪気なく見えますが、批判をからかいでカモフラージュしても、結局は批判です。よく見抜きましょう。

 

ドリームキラーその3:あなたの夢を無視する人

あなたが夢について語る時、それを居心地悪く感じる人は無視したり、話題を避けようとするかも知れません。あなたが夢を追う一方で、自分は夢を追っていないことに気付くのが嫌なんでしょうね。または根っから悲観的な人で、叶う夢があるとは思わないのかも知れません。

でもそれは彼らの問題であって、あなたの問題ではありません。

・・・・・・

あなたがそれでも夢を追うための6つのステップ
1.批判であっても、意見には素直に感謝する

自分の夢を否定された時、相手に対してバリアを設けるより、まずは意見をくれたことに感謝をしましょう。相手を武装解除させることにもなります。

 

2.話し合う

相手から好意的な意見を期待できない時に、話し合いを続けるのは勇気が要りますが、関係を良好にするためには良い方法の一つです。会話を続ける時は、自分もジャッジメントをしないように。私vs相手で対決するよりは、チームとして話し合うことを考えてみましょう。

 

3.自分の夢について話すのはやめる

話し合いが上手くいかないなら、わざわざ話す必要もないのかも知れません。ネガティブな感情にさらされ続ければ、あなたの夢にも良い影響は与えません。人を見て話題を選びましょう。

 

4.つきあい自体をやめる

批判を阻止できないなら、付き合いそのものを控えてみましょう。相手が両親や家族であれば、その選択は取らない方がいいかも知れませんが、友人や同僚であれば、一旦距離を置きましょう。あなたの夢に、よりフォーカスできるようになります。

 

5.彼らの話を聞く

批判をする人は、彼らの人生経験に基づいた考えを話しています。しっかり聞いておいて損はありません。聞いたからと言って、それに従わなければならない訳でもありません。オープンな気持ちでアドバイスを耳を傾け、夢に向かうためのストラテジーを柔軟に考えましょう。

 

6.とにかく進み続ける

これまでの5つのステップの全部を忘れてもいいですが、最後のステップだけは覚えておきましょう。ネガティブな意見を信じ、夢を諦めるのは簡単なことです。本当に欲しいと望むなら、いつか道は見つかります。情熱に従えば、いつか必ず実現させるでしょう。

3 Ways People Try to Kill Your Dream and What You Can Do About It by Carol Morgan in Lifehack


なんだかんだ言って、一番の敵は自分だったりしますよね。勇気を持って、でも柔軟に、とにかく進み続けましょう。


%d bloggers like this: