本物の人と、本物じゃない人の10の違い

ここでいう「本物」とは、本来の自分に正直な人のことです。


1.本物の人は自分に正直でいる 本物でない人は人にへつらう

本物の人は、自分の真実にいかに忠実でいるかに努力を注ぎ、同時に相手にも本物であることを望みます。

本物でない人は、他人の期待に沿うように生きたり、機嫌を損ねないよう人にへつらいます。

2.本物の人は、他人の利益と自分の利益を分けない 本物でない人は、自分の利益だけに囚われる

本物の人は、他人の利益と自分の利益は最終的にイコールになるべきと考えます。

本物でない人は、自分が多く利益を得ることにこだわります。

 

3.本物の人は間違いを認める 本物でない人は事実を隠す

本物の人は、結果的に間違いや失敗であっても、間違いは間違いと認めます。同時に、そこでベストを尽くしたのなら、自分をきちんと評価してあげることも忘れません。

本物でない人は、自分の本当の力を装うために、真実を隠します。

 

4.本物の人は自分の真実を探る 本物でない人は他人の真実に従う

本物の人は、自分を取り巻くすべてが自分にとってのティーチャーだとしても、自分の真実は、自分の内側にしかないと知っています。

本物でない人は、本やティーチャーなど、他人の説く真実に従います。

 

5.本物の人は責任感がある 本物でない人は無責任である

本物の人は、自分の置かれた環境に言い訳をせず、変えたいことがあれば自分で変えようとします。責任だけでなく、そうする権利が自分にはあると知っています。

本物でない人は、自分の置かれた環境を、誰かや何かのせいにします。

 

6.本物の人は自分と他人を比べない 本物でない人は他人をうらやむ

本物の人は、人にはそれぞれ本当の自分を発揮する道があると知っているので、他人の素晴らしさを同様に認め、奨励します。

本物でない人は、自分がうらやんでいることも気付かず、人の成功にケチをつけます。

 

7.本物の人は精神的である 本物でない人は物質的である

本物の人は、喜びや幸せの源、自分であることの自身を内面に求めます。

本物でない人は、物質的な所有をすることで内面を満たそうとします。

 

8.本物の人は誰の中にも自分を見る 本物でない人は共感力に欠ける

本物の人は、どんな人の中にも自分を見ますから、上からものを言ったり、頭ごなしに否定するようなことをしません。常に公平で共感的です。自分だけでなく、誰もが本物として生きることを認め、それを喜びます。

本物でない人は共感力に欠け、常に批判的です。

 

9.本物の人は視野が広い 本物でない人は考えが狭い

本物の人は、たとえ自分と違う意見でも同様に耳を傾け、理解しようとしますし、自分の意見も、多くの中の一つに過ぎないと客観視することが出来ます。

本物でない人は自分の意見にだけ縛られ、考えが狭くなります。

 

10.本物の人は常に自分を高める努力を続ける 本物でない人は自分を高めない

誰にでも欠点があり、それはあって当然なのですが、本物の人は自分の弱点を見つめ、それを改善しようと努力します。

本物でない人は、他人を貶めることで、自分を高めようと考えます。

10 Signs Someone Is Not An Authentic Person in Power of Positivity


なるべく本物でいたいです。