タイムラインスプリット後の世界はどうなるか その1.3次元意識と5次元意識

世界が分かれると、どうなるんでしょうか。


二つの世界への分離

世界は二つに分かれるという話は、いつも聞きますね。じゃあ具体的にどんなふうになるかと言うと、従来言われてきた、いわゆる3次元と5次元的な世界に別れるようです。なるほど。全部の話はつながってるんですね。

さて、世界が二つに分かれると言っても、物理的に別れる訳ではありません。見た目は、みんなこれまでと変わらぬ状態で暮らしています。でも意識や生き方が変わります。

一度、別々の世界に別れたらそれっきりで、そこから上昇するには次の転生を待つしかないという説と、意識を上げることで、いつでも5次元に上昇できるという説があります。

意識が分かれることで、やがて数十年から100年後には、物理的にも完全に分離するとも言われています。

・・・・・

次元と密度

本稿では「2つの世界はそれぞれどのようになるか」という点を明確にすることのみを目的にしますので、次元や密度の定義の違いについては、別稿に譲ります。

時代や人によって、いろんな区分が提案されるために、用語の定義は、やたら複雑になってしまっているようです。

3次元と5次元というのは、古い世界と新しい世界、古いタイムラインと新しいタイムラインなど、いろいろと言い換えることが出来ます。

要するに窮屈で苦しい生き方と、楽しく自由な生き方があるというのが最大のポイントです。

・・・・

3次元/5次元の生活の違い

それぞれの世界がどうなるのかを考えるために、象徴するキーワードを挙げてみましょう。(※下の図では4次元となっている方が、新しい世界だと考えてください)

Image result for
3d and 4d conscious via Pinteres

3次元の生活におけるキーワード

  • 古いパラダイム(二元論/分離/被害者意識)
  • 古い経済活動(物質主義/富/地位/権力/自己中心的考え方)
  • エゴによる呪縛(恐れ/嫉妬/プライド/傲慢さ/無知/事故正当化)
  • 情報は、利益と宣伝のために提供され、売買の対象となる
  • 個人が責任をもって、個人的な利益の達成を目指す
  • 頑固な社会構造があり、人々は常識や世間体に縛られている
  • マインド中心の生活
  • トラウマや心の傷に打ちのめされている
  • ソウルパーパスを感じない生活

5次元の生活におけるキーワード

  • 個人の人生の独創性が認められ、評価される
  • エゴを満足させる必要がない
  • 情報は、自由にシェアされる
  • 周りの人がポジティブな現実を達成できるよう、互いに力を貸す
  • 全ての中に愛はあり、個人的にも集合的にも無条件の愛に生きる
  • 集合としてコミュニティを成長させるために、それぞれが役割を持ち、自分の能力を生かすことが出来る
  • ハートに従い、本当の自分に正直に生きる
  • 自分のヒーリング能力を、効果的に活用できる
  • 魂を満たし、ソウルパーパスを満たす生活

・・・・・・・・・・・・・・・・

3次元/5次元において経験する感情の違い

下の図は、アブラハム・ヒックスによる、感情のエネルギーレベルを1~22に分けて説明した図を、より進化させたものです。

5D Ascension Spiral vs 3D Collapsing Downward Spiral | 2012 The Awakening:
5D Ascension Spiral vs 3D Collapsing Downward Spiral via Pinterest

 

3次元で経験する感情

図中の右のスパイラルが、3次元的な感情の性質を表します。そのエネルギーは重たく下降し、スパイラルの下に行くほど、バイブレーションも低くなります。

和訳は、バイブレーションのやや低い感情から、非常に低い感情へと、順を追って並べてあります。なんとなく英語もつけてみましたので、勉強中の人は単語力テストに使いましょう。

  • boredom : 退屈
  • pessimism : 悲観主義
  • frustration/irritation/impatience : ストレス・イライラ・忍耐力のなさ
  • overwhelment : 重圧
  • disappointment : 失望
  • doubt : 疑い
  • worry : 心配
  • blame : 非難
  • discouragement : 落胆
  • anger : 怒り
  • revenge : 復讐
  • hatred : 憎しみ
  • jealousy : 嫉妬
  • insecurity/guilt/unworthiness : 不安定さ・罪悪感・無価値感
  • fear/grief/depression/powerlessness/victim : 恐れ・悲しみ・抑うつ・無力・被害者意識

 

5次元で経験する感情

上記の図中、左側のスパイラルが、5次元で経験する感情です。これらの感情が持つエネルギーは軽く、バイブレーションも高いです。以下の和訳は、バイブレーションのやや高い感情から、非常に高い感情へと、順に並べてあります。

  • contentment : 満足
  • hopefulness : 希望に満ち溢れている、前向きな
  • optimism : 楽観的
  • positive expectation/belief : ポジティブな期待と信念
  • enthusiasm/eagerness/happiness : 熱い興味・やる気・幸福
  • passion : 情熱
  • joy/appreciation/empowered/love : 喜び・感謝・力を感じる・愛

5次元で経験できる感情の方が、3次元より少ないのはどういうことよ思いますけど、ここに挙がってるもの以外にも、まだまだ追加できると思いますから、自分で考えてみてもいいですね。

意識の上で、3次元/5次元の違いを作るのは、固定観念やエゴの防衛反応が強く作動するか/しないかです。