2017年アセンション予報 6月のエネルギー予報

どうも、ナマステ―。6月のエネルギー予報です。早いですよね。


これまでの振り返り

これまでを振り返ると、1月から3月のエネルギーと言うのは、それ以降に起きることへの準備期間でした。

4月から7月の4か月間は、一続きのエネルギーバブルを作っています。5月が終わって、ちょうどその半分が過ぎ、ここから後半戦に入ります。

前半戦がピークに達し、後半戦に突入するまでの期間は、向こう側に突き抜ける前のヴォイド(※真空、隙間、無などの意味)となります。5月最終週から、6月9日までです。ここからのエネルギーをセットする、大切な期間です。

・・・・

ピークのエネルギーによるアセンション症状の恐れ

ピークのエネルギーと言うのは高山病に近いものがあり、息が苦しくなったり、頭がぼーっとすることがあります。けれども、その経験はギフトでもあり、自分のセンターを見極め、そこに留まることで、今ここに生きる感覚というのを養うことが出来るからです。

私たちも、進化したアセンション症状を感じています。伝統的な世界では心筋梗塞と考えられるような症状や、息切れ、不安を経験する人もいるでしょう。それは私たちが、これまでのエネルギーが切り替わるピークを通過しているからなのです。

・・・・・・

6月のキーワードは「動き」

けれどもみなさん、必ずそこを突破しますよ。6月のエネルギーは、「動き」についてのものになります。それはフロウであり、ブレイクスルーです。動くことでつながりを作ったり、前進することで物事が整頓されることも示唆します。

新しいエネルギーに飛び込む時、そこに摩擦が生じます。たとえば陸地から湖に飛び込めば、体に感じる温度が異なるようなものです。けれどもそのような時こそ、今ここの自分の神聖さを感じるチャンスなのです。

たとえカオスの中にあっても、自分にセンタリングすることで、カオスはまるで自分の外側を漂っているだけのように感じます。このビデオを見てくれている人たちなら、その感覚を既に知っていて、どんな困難に陥っても「OK、やってやるぞ」となると思うんですけどね。

6月は動くことを忘れないでください。新しい場所へ、新しい人生へとパワフルに動いてください。誰にもあなたを止めさせないでください。願いを引き寄せるカギは、誠実さです。たとえ思い通りに進まないように見えても、どんな時も誠実さと共に歩んでください。宇宙はあなたに、多くのものを見せてくれるでしょう。

期待や恐れ、疑いのために、ストレスを感じながら未来に向かうなら、何を引き寄せてしまうか、お分かりですよね。要らないものは追い払いましょう。深く呼吸し、自分を愛し、フロウに乗ってください。動くことを忘れずに。そうすれば6月のエネルギーは、あなたをサポートするでしょう。

愛をこめて。ナマステ―。


なおビデオでは、4月から7月のエネルギーバブルについて、シュリが図解入りで説明しています。セルフアセンションの無料レッスンもあるそうなので、気になる人は二人のウェブサイトをぜひチェックしてみましょう。

http://www.sriandkiraradio.com/

それでなくても、とにかく気になってしまう二人ですけどね。

エネルギーバブルを抜ける8月からが勝負らしいんですが、そこまでにどれだけコンディションを整えて置けるかが大事みたいです。