もっと宇宙とつながるために その2.豊かさに関する固定観念と理想的な考え方

豊かさを考えるということは、宇宙を考えることで、それは自分を考えることにも等しいんですよ。


先日の続きです。

人は自分ががっくりすることを何故かいつも考えて、がっくりし続けることが好きな生き物ですが、自分を幸せにしないことを考えないだけで、人生は随分とスムーズになります。要らない考えは手放して、必要な考えにフォーカスできるようにしましょう。

Becoming Yourself: The Journey from Head to Heart (English Edition)

豊かさに関する固定観念の例
  1. 宇宙には、限られた量のお金しかない。誰かが人より多く富を持つには、人より少なく持つ人が出てくる。
  2. お金は稼げば稼ぐほど、出ていくものだ。
  3. お金のことを考えるのは、汚らしい。
  4. 神様は、清く貧しい者を愛する。
  5. お金を稼ぐには、一生懸命働かなくてはならない。
  6. 今より多くのお金が欲しければ、今より長時間働くか、もしくは、より給料の多い仕事に転職しなくてはならない。
  7. 自分は、お金持ちになれる柄じゃない。
  8. 自分は多くの苦労をするように生まれてきていて、楽な人生はふさわしくない。
  9. 宝くじにでも当たればお金持ちになれるけど、それが出来るのはラッキーな人だけだ。
  10. 宇宙が限りない資源を持つのは信じれられるが、お金の話になると、そうとは思えない。
  11. 今やっている仕事は好きではないが、他にお金を稼ぐ方法がない。
  12. 宇宙が願いをかなえてくれるのは信じるが、お金のことになると、そうは思えない。
  13. お金は、自分の手で稼がなくてはならい。
  14. お金持ちになれるよう願うのは、間違っている。

・・・・

豊かさに対する理想的な考え方の例
  1. 全ての人に、豊かさは与えられる。
  2. 誰かが富を得ることで、富を得られない人が生まれることはない。
  3. 宇宙の供給は、無限だ。
  4. エネルギーと思考を使い、望む結果を作り出すことが可能であり、それは物理的な努力を通じて得たものに劣らないばかりか、ずっと優れていることもある。
  5. お金は、エネルギーの物理的な現れであり、その他のエネルギーと同じ法則の元に動いている。
  6. 豊かさとは、お金や物質的な所有だけに限らず、豊かな愛、豊かな人脈、豊かな自然、豊かなチャンスなど、あらゆる形に姿を変えて、そのエネルギーは存在する。
  7. 私は、自分の仕事を愛していて、そこにつぎ込むエネルギーが、自分に多くの豊かさをもたらしてくれる。
  8. 豊かさは、そのエネルギーを様々な形で世界とシェアすることで、より拡大する。
  9. 物質的な所有は、それを引き寄せるプロセスをマスターすることに比べたら、たいして重要でない。
  10. 私は、人生のあらゆる素晴らしいものを手にするにふさわしい。
  11. 宇宙は私のお金のこともきちんと心配し、ケアしてくれるので、お金が増えるようにお願いすると、それを叶えてくれる。
  12. 人は、感情や思考、意図を使い、エネルギーのマスターとなることで、欲しいものを実現することが出来る。
  13. 私は、豊かさの源です。

Engels-Smith, Jan ‘Becoming Yourself , The Journey from Head to Heart’, iUniverse Inc. , 2004, pp.60-62


豊かさに関しては、誰もが固定観念とか抵抗を持っている分野ではないかと思います。イコールお金と考えるより、愛や果実、美味しい食べ物として表現した方が、しっくり来ると言う人もいるでしょう。

いずれにせよ、豊かさのエネルギーというのは、それを考えた時に、心の内側がふっくら膨らんで温まるようなものです。

それをどう表現し、どうシェアしていくかと考えると、豊かさも、よりあなたらしい実体を持つようになります。