2017年5月11日 蠍座の満月 エネルギーリーディング

5月11日は、日本時間の午前6:42に満月があります。


水星の逆行のシャドウピリオド

水星の逆行が5月4日に終わりました。

ここ1か月、水星のエネルギーが司る、交流やコミュニケーション、ひいては旅行、通信機器、交通網などの分野で、思わぬ遅れや足踏み、些細なトラブルがあったとしたら、それは水星の逆行が影響していたかも知れません。

逆行が終わってしばらくは、その影響が残るシャドウピリオドと呼ばれる期間にいますが、逆行期間に特有の、もどかしいエネルギーは徐々に薄れます。いつものペースが戻ってきたと感じる人も多いでしょう。

また4月には金星の逆行があったのですが、そのシャドウピリオドも、5月19日に終わります。愛と豊かさを司る金星が順行に戻ったことで、これまで感じていたパートナーとの行き違い、金銭的な問題なども、徐々に収束していきます。

とは言え、最後にひと悶着ある人もいるでしょう。手放すべきものには抵抗しないのが、逆行のエネルギーをスムーズに乗り切るコツです。

・・・・

蠍座の満月のエネルギー

蠍座のエネルギーとは、まさに変容を象徴します。興味深いのは、そのエネルギーは神聖な高次の意識に達する可能性も、極端に低いレベルの意識に向かう恐れも、どちらもはらんでいるということです。変容とは、意識の深淵で、陰と陽、光と影が混じり合う時に起きる化学変化なのだと言えるかも知れません。

ですからその点で、今回の満月は今後へ向けてのターニングポイントとなります。あなたの人生に起きるどのような変化も、まずは一旦、受け入れてしまいましょう。

・・・

キーワードは官能です

一般的に満月とは、エネルギーを解放し、手放すタイミングとなります。

しかし、蠍座の満月は、私たちの潜在意識の中になる深い欲望とつながるべきタイミングです。太陽が位置する牡牛座の、深い五感と快楽主義を使って、心と体の深奥に眠る扉を開けましょう。

この満月が過ぎるころには、自分の進む道について、より広い視野から、クリアな理解が出来るようになるはずです。