人生のトランジション(移行期)を上手に乗り切る7つの方法

0 コメント

人生の移行期や転換期にいるときは、なんとなく落ち着かないものです。上手に乗り切るためには、どうしたらよいでしょうか。


人生のトランジション

トランジションとは、「移行や変遷、移り変わり」という意味があり、人生の中で一つのピリオドから、新しいピリオドへと向かう、その変化の途中の状態を表します。

私たちは、人生の中で様々なトランジションを経験します。

古い仕事を辞めて、新しい仕事を見つけるまでの間、古い家を出ると決めて、新しい家に引っ越すまでの間、人間関係の移り変わりなどです。

・・・・・・・・・・・・・・

1.のんびり構える

外側の変化は、突然起こることがありますから、時にあなたの心が十分ついて行けてないこともあります。

心が変化を消化するプロセスは、体が食べ物を消化するのと同じです。のんびり構えて、消化されるのを待ちましょう。

・・・

2.”一時的な日常”を整える

トランジションの期間は、いずれは終わります。けれども、どうせ一時的なものだからと考えてリズムのない生活をしていたら、心身共に健康的なバランスを崩してしまいます。

キャンプみたいなものなんです。たとえ短期間であっても、心の準備と身支度を整えて、思いっきり楽しみましょう。

・・・

3.行動のための行動をしない

早く行動しないと人生の波に乗り損ねると、焦って行動する必要はありません。タイミングは、いつもベストな時にやって来るものです。

こんな時こそ、自分についてよく学び、欲しい変化を起こすためにはどうすればよいのか考えましょう。

急いで事を進めても、十分な考察が出来ていなければ、先々で似た問題に直面するだけですからね。

・・・

4.セルフケアを忘れずに

トランジションにいる時に、どこか落ち着かないのは、グラウンディングが出来ていないため、エネルギーレベルも低くなっている可能性があります。

信頼できる友人や家族と共に過ごし、一緒にいて居心地のよくない人は、この際、距離を置きましょう。心や体のケアが必要だと思ったら、良いと思うことは何でもやってみましょう。

お気に入りのおやつを食べて、ほっと一息つくだけでもいいんです。

・・・

5.変化を受け入れる

トランジションをスムーズに感じないなら、ひょっとして、あなたが変化に抵抗しているのかも知れませんね。

人生の変化には、ポジティブな側面も沢山あります。あなたが立ち去りつつある状況は、結局そのまま居続けていても、自分のためにはならなかったと気付くかも知れません。

・・・

6.話せる人を探す

自分の気持ちを話すことで、心や頭の整理が出来るものです。

友達でも家族でも、セラピストなどの専門家でも構いませんから、あなたの身に起きたことを、あなたの好きな言葉で話し、それを聞いてくれる人を探してみましょう。

どうすべきかと言うアドバイスをしたがる人とは、一旦距離を置きましょう。

・・・

7.トランジションは、新しい変化のためのエネルギー調整と考えよう

トランジションとは、変わらない現状を後にし、新しい可能性を受け入れて行くことです。それは古いエネルギーを手放し、新しいエネルギーを取り入れるということでもあります。

自分のために時間をたっぷり使うことに、罪悪感を感じる必要はありません。慌てたからと言って、よい答えが見つかる訳でもないですからね。

その反面、考え過ぎて行動しないのも、エネルギーを重たくします。毎日、ポジティブな変化を起こすために、出来ることを少しずつ続けましょう。


トランジションにいる時は、駅の夢や電車の夢を見やすいと言われます。

参考サイト:【夢占い】駅の夢は人生の節目を暗示!?7つの意味とは – スピリチュアルブレス

宇宙的に考えれば時空なんて関係ないですから、自分のために過ごすのが一番です。