ライトワーカー/ライトウォーリアー/アースエンジェルの違い

ライトワーカーとライトウォリアーは、お互いに補完し合うと、アースエンジェルになるんだそうです。


ライトワーカー
  • 地球のお世話をする人。
  • 人々をインスパイアし、地球と人類のマインド・ボディ・ソウルを癒すのが仕事。
  • エネルギーワークが好きで、東洋医学や漢方、仏教やヒンズー教、タオなどの東洋思想に傾倒することがある。
  • 第三世界で暮らす人々のをサポートしたり、ボランティアに参加することがある。
  • 自分を必要としてくれる人のためには、いつでも役に立とうとする美しい魂。
  • ライトワーカーとしての機能は、あくまで個人的にしている人もいれば、職業と関係させている人もいる。
  • 彼らのメソッドは、優しさと愛で人々を励まし、勇気づけることをメインとする。
  • ライトワーカーは、あらゆるものの中に美しさと光を見る。
  • ライトワーカーは、成長の妨げとなる障害に立ち向かう強さとタフさを持つために、ライトウォーリアーのクオリティを必要とする。

・・・・

ライトウォリアー
  • 世界で起きている出来事を表面的に受け取らず、その両面を知る人。
  • 地球上、もしくはアストラル界で、光と真実を求めて戦うのが仕事。
  • 多くの場合、一対一で戦う。
  • ライトウォーリアーはとてもパワフルで、時としてぶっきらぼうにも見えるが、彼らは常に自分に正直であろうと努め、それを最大の誠実さと考えている。
  • 甘い言葉で取り繕ったりせず、常に必要なサポートと励ましを与える。
  • ライトウォーリアーの中にも、優しいアプローチを取る人も入れば、タフで激しいアプローチを取る人もいる。
  • 無口なタイプも多く、まずは物事の成り行きを眺め、必要になるまで口を開かない。
  • ライトウォーリアーは、心を柔らかくし、全ての中に愛と光見るために、ライトワーカーのクオリティを必要とする。

・・・・

アースエンジェル

アースエンジェルとは、人間に転生した天使的存在であり、ライトワーカーとライトウォリアーの両方の特徴を備えています。双方にとって目指すべきゴールであり、愛と光と強さをパーフェクトなバランスで表している美しく純粋な魂なのです。

  • あらゆるものの中に美しさと光を、誰の中にも良い部分を見ることが出来る。
  • 彼らは人並外れて我慢強く、また思いやりも深いので、虐待的な関係に留まってしまうことがある。
  • スピリチュアルの世界とつながっていないとバランスを崩し、何らかの依存症や強迫神経症に陥ることがある。
  • 人間としての痛みを経験するために、困難な人生を送ることが多い。
  • 愛と優しさに溢れ、どんな環境におかれても、幸せを見つけることが出来る。
  • 高度に直感的であるが、本人が気付いていないか、気付いても否定していることがある。
  • いろいろな人から(時には見知らぬ人からも)思わぬ打ち明け話をされる。
  • ヒーリング能力を生まれ持つ。
  • 見た目も純真で、子どものように無邪気である。

Starseed Indigo, Lightworker, Light Warrior, and Incarnated Earth Angel in Powerful Awakining


この3者の関係は、なるほどそうかと思いますね。

スターシード/インディゴも、アースエンジェルに似ている部分がありますが、もう少しエキセントリックと言うか、一人遊びが全く苦にならない、一人っ子的特徴が強いように思います。