スピリチュアル・アウェイクニングの後、何すればいいの?

なんか目覚めてるっぽいけど、どうすればいいんだろうかという人は、多いと思います。


スピリチュアル・アウェイクニングとは

スピリチュアル・アウェイクニングとは、あなたが生まれ育った現実とは幻想であることに気づき、魂としての、より普遍的な事実に目覚めることです。必ずしも宗教的な教えに目覚めることとは限りません。

モノを消費しながら、社会の基準に沿った9時5時の生活をする以外に、もっと大きな意味が人生にはあると考えるようになります。

それにともなって、肉体的な変化も生じます。これまで感じなかった感覚にどんどん繊細になり、時には体の不調も伴います。これらの症状は長く続くこともあれば、一日から数日で終わることもあります。

・・・・・・・・・・・・

アウェイクニングとアセンション

どうすればいいかを考える前に、まず起きていることが何なのか確認しましょう。たとえばそれがアウェイクニングなのか、アセンションなのか、いろいろ種類がありますからね。

これに関しては以前も書きましたが、個人的には言葉の違いだと思っています。人類が目覚め、新しい世界に行くという発想は、遡れば、それこそキリスト教の時代からあります。

その発想は、歴史と共に様々に形を変え、今に至るのですが、その変遷に興味がある人はニューエイジの歴史の本を読んでみましょう。物理世界の幻想から目覚め、新しいビジョンや超越的な能力を獲得したいというのは、もはや人間に基本的にプログラムされた感情なのではないかとすら思えるほど、長い歴史があります。

20世紀からだけ見ても、これだけ言い方が変わります。

  • 水瓶座の時代
  • アセンション
  • アウェイクニング
  • シフト
  • タイムラインスプリット

などなど。どれもお馴染みですね。時代ごとに言い方は変わりますが、基本的な内容はほぼ同じです。

・・・・・・・・・・・

アウェイクニングで起きる肉体的症状について

肉体を超えた自分の存在に気づくと同時に、様々な肉体的症状が現れることがあります。肉体や物理世界は重たく濃いエネルギーを持ちます。けれども魂としての自分に気づくことで、意識が広がります。広がった分、濃いエネルギーが薄まり、それまで感じられなかった微細なエネルギーにも敏感になるのです。

その現象に対する呼び名も、様々にあります。

  • アセンション症状
  • ライトボディ覚醒
  • DNA覚醒
  • サードアイ覚醒
  • 松果体覚醒
  • サイキック能力覚醒
  • クンダリーニ覚醒

などなど。自分の得意とする能力によって、起こり方が微妙に違うと言えば違うのですが、本質的な違いは、そこまでないと思っています。

じゃあ、なんで名前がこんなにいろいろあるのかと言うと、名前を付けた人の文化とアプローチが違うからです。

これはたとえばキリスト教と仏教では、形式や文化が違いますが、根源的な部分ではそこまで違いはないと考えるか、考えないかにも似ています。私は、同じものの別の側面と考えます。

でも細かい部分が全然違いますから、一緒にするのはよくないと考える人もいます。どっちが正しいとかではなく、最終的には好き好きの問題なんじゃないかと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・

アウェイクニングの後、どうするか

どうも自分は何か大きな変化を経験している、または何かよくわからんものが覚醒しつつあるらしいと感じるものの、じゃあこれから何をすればいいのか。

そんな時、目安となるのは以下の7つの項目です。

1.休息が必要なら、休息を取る

アウェイクニングは、通常、物理的にも心理的にも大きな変化を伴いますから、すごく疲れます。休息が必要だと思ったら、無理をせず休みましょう。

疲労感は肉体的なものだけではなく、精神的、感情的なものもありますし、睡眠パターンが不規則になることもあります。肉体的な症状が辛かったり、不安や抑うつ傾向が見受けられるなら、遠慮は無用、即、薬ですよ。

薬は飲まんって人もいると思うんですけど、ケミカルが嫌なら、ハーブ系を試してみましょう。

Natrol Stress & Anxiety via Iherb 私はアメリカでは、これをよく買っていました。

・・・・

2.スピリチュアルプラクティスに従事する

ヨガ、瞑想、アファメーション、マントラ、ピンとくる儀式など、なんでもいいんですけど、自分のバランスを整えられるプラクティスを一つ持っていると便利です。ピンとくる儀式ってなんだよって感じですが、好きな神様やエンティティ、クリスタル等を飾った祭壇を作って、その前で祈ると落ち着くって人もいますからね。祭壇のアイデアは、ピンタレスト”altar”で探しましょう。

witchy inspiration More
via Pinterest

・・・・

3.のんびり構える

変化はやって来るものですが、アウェイクニングは一生続くプロセスです(多分、死んだ後も続きます)。

アウェイクニングが始まると、多くの人は「これは一体、どういうことなんだ?今すぐ全部知りたい?ていうか、教えてくれ!」という切実な気持ちになりますが、困ったことに、少しずつしか明らかになりません。成長につれて、徐々にって感じです。

でも幸いなことに、そのような感情を味わっているのはあなた一人ではありませんから、安心してください。世界中に沢山仲間がいます。みんなが、自分の道を歩いています。必要なことはベストなタイミングで明らかになることを受け入れ、のんびり構えましょう。

・・・・

4.変化を受け入れる

抵抗すると長引きます。とにかく起きることは、起こりやがれと思いましょう。一見、ひどい目にあっているように思えても、後から振り返った時に、その重要性が分かります。

幸いなのかどうかは分かりませんが、アウェイクニングの道にいる人は、たいがいみんな、ひどい経験をしています。多分、広い視野から見たら、私たちが考えるほど、ひどくはないんだと思います。

・・・・

5.学ぶ

アウェイクニングは、学びの道のりです。これはライフレッスンと言う意味でもありますし、自分について学ぶということでもありますし、スピリチュアルの知識を学ぶということでもあります。

知りたいことは、片っ端から勉強しましょう。リソースは、山ほどあります。本やインターネットはもちろん、ワークショップやセミナーに参加したり、リーディングを受けてもいいでしょう。何から手を付けていいか分からない人は、まずはリストアップしましょう。今は金銭的・時間的な余裕がない人でも、必ずタイミングは訪れますから、あまり焦らないこと。

またサードアイ覚醒やチャネリング、サイキック能力開発に興味がある人は、ぜひチャレンジしてみるといいと思います。せっかくですからね。

・・・・

6.自分の人生を、より良くする

知ったところで、どうする?ってことは沢山あります。特に自分がインディゴやスターシードである人は、自分について知識が深まったのは良いけれど、で、何すればいいの?って気持ちになってしまうことは多いです。

まずは自分の人生にフィードバックできることは、しましょう。人との付き合い方であったり、新しい方向性の模索であったり、学んだ技術や知識の練習であったり、日々の中で実践できることは沢山あります。

またライトワーカーとして人の役に立ちたいと思えば、今の仕事の中で出来ることも沢山あるでしょうし、ボランティアに参加してもよいですし、誰かのためにヒーリングやリーディングを始めてもよいと思います。

しかし、そういういかにもな感じじゃなくても、自分の生き方を変えるというのは、最も大きなプラクティスだと私は思います。あなたのやりたかったこと、生きたかったライフスタイルを模索し、自分の人生の中に、少しずつ当てはめてみましょう。

・・・・

7.癒す

アセンションは、地球と人類のヒーリングだと言われます。何をヒーリングするのかと言うと、カルマや心の傷、ネガティブな感情です。

じゃあカルマってなんだよって話になるのですが、長いので省きます。要するに、ネガティブな行動を繰り返す元になっている、ネガティブな感情を癒しましょうということです。

アウェイクニングは、私たちが本当の自分に戻る道のりです。本当の自分に戻ると、無理することがなくなりますから、余計な苦しみもなくなります。何かに苦しんだり、ネガティブな感情に振り回されるということは、自分の中に癒すべき感情や思い込みがあるのだと思ってください。

自分が癒されることで、より大きな愛を、よりストレートに与えられるようになりますから、周りの人も癒します。あなたがよいバイブレーションを発していれば、それは地球にとってのヒーリングにもなります。全てはフラクタルであり、ミクロはマクロです。

・・・・・・・・・・・・

アウェイクニングの後、最終的にどうなるか

残念ながら、これは誰にもはっきりとは分からないようです。現状、第一線の人がどんな感じになっているのかについては、以下の記事を参考にしてください。でも、もっと全然違う方向に行ってる人もいると思います。

関連記事:2017年アセンション予報 3つのウェーブの違いから見るアセンションの現状

アウェイクニングの道のりは、自分とは誰であるかを知り、その自分が満たされる人生を送れるようになることだと思います。それは人によって変わりますから、アウェイクニングの最終形態も、それぞれに異なるでしょう。

旅路が始まったばかりの人も、もう随分遠いところまで来たという人も、まだ先があります。長いなー。でも、まずは自分を信じることです。あなたをここまで連れてきてくれた、あなたの中の羅針盤、あなたの魂に感謝して、わくわくしながら進みましょう。