パートナーとの関係で犠牲にすべきことと、犠牲にすべきでないこと

よく分からなくなりますから、リストがあると便利です。


人と関わると言うことは、自分一人でいる時と同様にはいかないものです。パートナーとの関係において、まったく何も犠牲にしていない人はいないと思います。

しかし犠牲は美しいことのように語られがちですが、そうとばかりも限りません。あなたが自分の価値や健康、エネルギーを犠牲にするならば、やがて関係も立ち行かなくなるでしょう。

一体、何を犠牲にして、何を守るべきなんでしょうか。

・・・・・

パートナーとの関係で犠牲にすべき4つのこと
1.一人の時間

一人で過ごす時間は誰にとって必要ですから、その全てを相手のために使う必要はありません。けれどもパートナーを持つということは、関係にコミットするということであり、多少の犠牲は引き受けるべきでしょう。

2.プライバシー

自分の人生を誰かとシェアしようと思うなら、二人の間に隠し事はない方がいいですよね。一緒に暮らしたり、物理的に同じ空間を所有するなら、なおのことです。隠そうとするよりは、隠さない心構えでいた方が、すっきりします。

3.正しくある必要性

誰かと真剣に向き合っているなら、ケンカするのも自然なことですし、言いたいことをきちんと伝えた方が、健康的な関係につながります。けれども自分の正しさを認めてもらうためだけにする争いは、自分にとっては大事に思えても、関係にとっては無益です。相手が自分の価値を否定されたり、見下されたるように感じてしまうなら、よい結果をもたらしません。

4.別々のゴール

あなたの情熱や夢は諦めるべきではないのですが、自分の判断だけで事を進めてはいけません。あなたとパートナーはチームであり、決定も二人で話し合った上でなされるべきだからです。それぞれがゴールを持つこと自体は、二人の関係に良い影響を与えます。それを別々に追うのではなく、互いにサポートし合うのが、チームとしては大切です。

4 Sacrifices You Need to Make When You’re in a Relationship by Taryn Brooke in Health & Fitness Cheat Sheet

・・・・・・・・

パートナーとの関係で犠牲にすべきでない4つのこと
1.才能と夢、情熱

自分の才能がフルに発揮できていると感じる時、人生の隅々までエネルギーが行き渡ります。もし、あなたがパートナーと同じ夢をシェアできなくても、それは悲劇ではありません。夢を失うことこそが悲劇です。あなたの情熱は、人生を導く羅針盤であり、ガイダンスの源です。それは大切に守り、育てましょう。

2.見た目やスタイル

見た目やスタイルは、あなたという人物を作る重要な側面です。洋服、ヘアスタイル、メイクが気に入っていると自信が持てますし、自分に自信がある時、人は美しくなります。あなたが自分自身に居心地が良いのなら、それは素晴らしいことであり、決して犠牲にすべきではありません。

3.家族や友人との関係

自分の家族や友人と、自分のパートナーが共通の話題を持たないことはよくあります。あなたはいくつもの側面からなっていますから、あなたには共鳴しても、彼ら同士、直接つながりを感じないことは不思議ではありません。それを不自然だと思う必要もありません。

4.内面の自由

一人で暮らしているなら、政治的な意見やスピリチュアルな態度を貫くことは簡単ですが、二人でいるとなかなかバランスが難しいですよね。

パートナーの意見や好みは尊重すべきですが、それをあなたが好きになれなくても問題はありません。相手に合わせるためだけに、自分の意見や好みを変える必要もありません。内面の自由は、あなたが責任をもって尊重すべきものです。

 


%d bloggers like this: