内なる小さな声 直感のガイダンスを聞き分ける 

直感のガイダンスを聞き取れるようになると、人生に迷うと言う状況がなくなりますから、便利です。


直感/ハイヤーセルフ/スピリットガイド/宇宙

最近のスピリチュアル界の傾向では、アセンションプロセスが進むと、天使やガイドなどの媒介を通さずに、直接ガイダンスを受け取ることが出来るようになると考える人たちがいます。

アセンションが進むほど、自他の区別や優劣の差がないことに気づき、全てとのワンネスを経験するからです。あなたイコール宇宙であり創造主であり(もちろん、他の誰もがそうです)、ソースの智慧にアクセスするのに、別の存在を必要としないのです。

・・・・

本能と恐れ、直感の声

直感とは何かと考えたときに、これには2種類のパターンがあります。たとえば前もって危険を察知するというパターンと、誰かと出会った瞬間に仲良くなれると感じるというパターンです。

前者は身の安全に関する警告的なメッセージで、後者はその場でひらめく洞察的なメッセージと言うことが出来ます。言い換えれば、前者を司るのは本能であり、後者が本稿で扱う直感です。

本能とは、私たちに生まれつき備わる傾向で、自分の身を守るために反応を起こす能力です。防衛本能、競争本能、生存本能などがあります。その背後には、自分が危険にさらされることに対する恐れがありますから、本能に基づくメッセージは警告的、衝動的、強制的になりがちです。エゴとリンクするのが、この部分です。

これに対して直感とは、理由や証拠がなくとも直接的に分かることの出来る能力です。

これだけだと、なんだか分かりにくいですよね。

そこで直感の声とは、どのようなものであるかについて見てみましょう。

・・・・・

1.直感のガイダンスは、ニュートラル

直感のガイダンスは、ポジティブなメッセージだと言われることもありますが、性質としてはもっとニュートラルなものです。ポジティブ過ぎるメッセージの場合、不安を打ち消す反作用として防衛本能に基づく場合があります。

2.直感のガイダンスは、静かな気づきとしてやって来る

直感のガイダンスは、自分の中にひらめく、静かな気づきとしてやって来ます。その瞬間、すとんと腑に落ちるものであり、そのメッセージを得るために努力する必要はありません。

3.直感のガイダンスは、行動を強いない

今すぐ何かをする必要があると思わせたり、強く囚われたり、そうしないと自分が損をするように思えてしまうのは、防衛本能や競争本能のシグナルです。直感のガイダンスは、それによって自分の心に余裕が出来ます。

4.直感のガイダンスは、新しい視点を示す

直感のガイダンスのメッセージは、時に自分の期待とは全く違う道を示すこともあります。頭では全然納得が行かなくても、体の深い部分では不思議と納得します。

5.直感のガイダンスは、人生の深い真実を明らかにする

直感のガイダンスは、人生や魂について、その大きな意味や隠れた理由などに深い理解と洞察を与えてくれます。

6.直感のガイダンスは、今、この時の賢い選択を可能にする

直感のガイダンスは、必要なタイミングでやって来て、あなたが賢い選択をするのを助けますが、予め知って対策を立てておけるようなものとは少し異なります。その場ではじめて分かるケースが多いのは、直感が今と言う瞬間と深く結びついたものだからです。

7.直感のガイダンスは、可能性を広げ、人生を豊かにしてくれる

そもそも直感のガイダンスは、理性でコントロールする範囲を超えたところにありますので、普段は考えないような可能性に気づかせてくれます。それによって人生を豊かに生きられるようになります。


正しい選択をしたい(間違った選択はしたくない)と考えると、防衛本能が作動するので、直感の声はごちゃごちゃになります。

みんながwin-winになって、誰かが勝ったり負けたりするようなメッセージではありません。宇宙はみんなで出来てますからね。


%d bloggers like this: