オールドソウルが直面する7つの問題とそのミッション

子どもの頃から、子どもと話が合わず、大人と話している方が楽しかったと言う人は、オールドソウルかも知れません。


オールドソウルとは

時間は直線軸で考えられるものではなく、どの魂も平等に古いと言われますが、オールドソウルとは、その転生の多くを地球で重ねた魂のことです。彼らの魂は人間としての経験に慣れているため、肉体の年齢に関係なく、魂は成熟しているのです。

けれどもオールドソウルならではの問題というのも、もちろんあります。

・・・・・

オールドソウルが直面する7つの問題とそのミッション
1.話さないでいるのは、大変

オールドソウルは、とても話好きです。一旦会話を始めると、終わらせるのは大変です。とは言え、彼らはどんな話でもいい訳ではなく、表面的ではない深い会話を好みます。ですから深い会話を好む人たちには、非常に喜ばれ、話が弾んでしまうのです。

・・・・・

2.彼らにとって楽しいことは、他の人にとって楽しくないかも知れない

彼らはストーブのそばに座って、本を読んだり、お茶を飲んだりするのが好きなタイプです。友達がクラブに踊りに行こうと誘ってきても、楽しいよりは苦痛です。彼らの肉体は若くても、魂は誰よりも年齢を重ねているので、同年代と趣味が合わないことはよくあります。

・・・・・

3.孤独を好むために、人間関係が広がらない

オールドソウルは、外に出てパートナーを見つけるのを困難に感じることがあります。無差別に知人を広げることは決して好まず、むしろ孤独とプライバシーを重んじます。彼らは信頼されるタイプですが、同時にイントロバート(内向的)でもありますので、狭く深くが好きなタイプです。

・・・・・

4.どこにいても、なんだか落ち着かない

奇妙に聞こえますが、オールドソウルはこれまで何百回も地球に転生してきたはずなのに、未だにどこか不慣れな部分を見つけます。経験が多すぎて、逆に、どこか一つの場所にだけ強い帰属感を感じることがないのです。この傾向は、最近特に強まっていると言います。

・・・・・

5.自分の直感を信じるのに、困難を感じる

オールドソウルは、論理的に考える傾向があります。新しい魂が直感を重視するのに対し、彼らは地球上での経験を多く重ねてきたため、経験や理論から引き出せることを信じるのです。

・・・・・

6.オールドソウルは頑固であり、周りの人に理解されにくい

オールドソウルは、他の人たちに比べて、長い時間をかけて進化の過程をたどって来たため、自分の信条に自信があり、それに固執してしまう傾向があります。彼らは頑固とも言えるタイプで、我が道を行きます。
・・・・・

7.彼らは、他の人がなかなか理解できないことを、すぐ理解してしまう

オールドソウルは社会の中ではマイノリティーであり、よく誤解されます。けれども彼ら自身は、たとえ人から理解されなくても気にしません。彼らの人生観や哲学は、新しく地球に転生してきた魂に比べたら、ずっと深いものなのです。

若い魂たちの経験のなさに慈悲の心を向け、彼らの理解者となると言うことは、オールドソウルの地球上でのミッションの一つでもあります。オールドソウルたちは、他の魂の成熟に貢献するのです。

Old Souls: Seven Problems They’re Facing in Conscious Reminder


オールドソウルのミッションは、これまであまり触れられることがなかったのですが、若い魂たちに振り回されながらも、全てのの成熟に貢献すると言うのは、すごくよく分かりますね。

%d bloggers like this: