表で説明する3次元/4次元/5次元の違い 

なんとなく分かっていても、一覧になっているとさらにいいですよね。


3次元 4次元 5次元
既存の規範・義務・伝統に従う 既存の規範・義務・伝統を疑う インナーガイダンスに従う
感情や理性で考える 直感とインナーガイダンスに耳を傾けるようになる 直感とインナーガイダンスのみに従う
誰かがコントロールする 自分がコントロールする コントロールをハイヤーセルフにまかせる
変化を避ける 変化を望む 物事が変化するにまかせる
個人が分離して生きる 個人が互いにつながり合って生きる 途切れることのないワンネス
犠牲者や被害者が存在する 自由意志で自分の見方を選択することが出来る 愛と恐れを選択するだけで、高次の力のなすがままにまかせる
絆とは、人々を結ぶ物理的なもの 絆とは、つながりを感じるころ 絆とは、決して切り離されることはないと知ること
物質を所有することが非常に重要 より質の高いものを所有したいと望む 物質に価値を見出さなくなる
プライベートな思考を持つことが出来る プライベートな思考がなくなる 思考は互いにつながっている
物質的なプレゼントとしてのギフトを欲しがる 意味のあるギフトを欲しがる あらゆる全てが自分にとってギフトだと知る
怒りや恨みが正当化される 許しを学ぶことで、人生をより良いものに変化させる 許すことが出来ないものは何もないと知る
善悪/白黒/明暗/貧富/男女など、二元論的世界 両者の価値に築き、違いが消え始める 違いはなく、ワンネスしかない
個人が分離して生きる 個人が互いにつながり合って生きる 途切れることのないワンネス
犠牲や被害に苦しむ 人間には自由意志があり、自分で選択することが出来る 愛と恐れの選択しかなく、高次の力が働くにまかせる
忙しくするために行動する 変化を起こすために行動する インナーガイダンスから行動する
 肉体的な接触の数を重視  肉体的な接触は質を重視  肉体的な接触は必ずしも必要ない
 お金、仕事、権力など、自分の外側に安定を求める  思考と感情を通じて、自分の内面に安定を求める  全ては愛だと知っているので、あえて安定を求める必要がない
 恐れるべきことがある  恐れるべきものは、何もないと知る  恐れがない
 肉体の痛みに耐える 思考が肉体の痛みを癒す 痛みや肉体を持つ必要がない
精神的に傷つく 物事の見方を変えることが出来ると知る 傷つけられたり、傷つけることは不可能だと知る
 私たちは人間である  私たちは人間であり、スピリチュアルな存在である  私たちはスピリチュアルな旅を続ける魂である
 重たく、濃度の高いエネルギー エネルギーの重さや濃度が減少する 愛と光のエネルギー

A Chart of the Differences in the 3rd, 4th & 5th Dimensions- Part I by Vickie Champion

A Chart of the Differences in the 3rd, 4th & 5th Dimensions- Part II by Vickie Champion


大喜利の三段オチみたいな感じですね。