あなたがパートナーに依存しているかも知れない13のサイン


恋愛関係でパートナーとの間に感じる磁力や火花は、人生で経験できる麻薬的な陶酔の一つですが、あまりに強力であるために、依存的傾向に陥ることもあります。

もし以下のリストを読んで、当てはまると思うことがあるなら、その関係を適度な距離とバランスに戻す必要があるでしょう。

・・・・・

1.不適切な状況下でもセックスをすることがある

活発なセックスライフを送るのは、恋愛関係にとって良いことですが、もし不適切な状況やタイミング下で行為に及ぶことが少なからずあるなら、関係に依存している可能性があります。

2.パートナーから離れていることが辛く、不可能に感じる

パートナーと連絡を取り合わないでいると不安になり、いてもたってもいられなくなるようなら、関係に依存している可能性があります。

3.パートナーとの関係のために、経済的な危機に陥っている

パートナーとの関係を維持するために経済的に無理をしているようでしたら、それは長続きするやり方ではないでしょう。

4.時間がある時や退屈な時は、常にパートナーのことを考えてしまう

自分の趣味に時間を使おうとせず、パートナーとのことで常に頭がいっぱいになってしまうとしたら、その関係が万が一終わったとき、人生はどうなるでしょう。

5.あなたにとって、恋愛のない人生は考えられない

人生の幸せが恋愛にのみ基づいているとしたら、関係が終わる度に人生が終わるほどの破滅的気分を味わうでしょう。本来なら、誰もが一人で幸せになれる力を持つはずです。

6.あなたは孤独になることを恐れている

一人でいることと、孤独を味わうことは違います。私たちは一人で過ごす時間に慣れ、楽しむべきです。一人になることを必要以上に避けるのは、そこに恐れがあるからです。依存的傾向は、恐れを見えなくするために生まれます。

7.パートナーと一緒にいないと、自分の中の何か大切な部分が失われた気がする

パートナーを自分の一部分のように感じる人は多いと思いますが、万が一関係が終わったら、自分の一部を失ってしまうことになります。

8.パートナーに認められることが、自分の中で重大な意味を持つ

あなたの人生の大部分が、パートナーの好みや考えに影響されているなら、それは健康的な関係とは言えません。

9.パートナーとの別離を考える度に、強い不安に襲われる

あなたの精神的安定が、パートナーとの関係に依存していることを表します。

10.意味のない争いを生み出すことで、パートナーの注意を引こうとする

パートナーの注意を引くために、相手を怒らせたり、悲しませるようなことを度々するなら、その関係はやがて疲弊するでしょう。

11.パートナーが、あなたにとっての精神安定剤として機能している

ドラッグ中毒者がコカインを求めるように、あなたがパートナーを求め、その関係なしでは自分の安定が得られないように感じるのは、危険なサインです。

12.パートナーに嫌われないために、何でも許してしまう

あなたの気分が乗らない時でも、パートナーに求められて行為に及んでしまったり、あなたの信頼を損なうことをされても、許してしまうのは、良くありません。愛することは、許すことです。けれどもあなたが心のどこかに抵抗を感じるなら、それがどんな小さなことであっても、相手に伝えるべきです。

13.自分の時間のほとんどをパートナーとの関係に捧げ、それ以外の要素が人生に見つからない

パートナーとの関係にほだされ、仕事や友人関係、趣味に充てる時間とエネルギーの比重が減少してしまうようなら、その関係はあなたの人生をゆっくり破壊しているということになります。

13 Signs You’re Literally Addicted To Your Partner in Relationship Rules


依存の対象が何であれ、依存症に陥る人たちは、ほぼ同じ精神的傾向を持ちます。自分の中の不安や恐れを麻痺させ、心の穴を塞ぐために、依存対象を必要とするのです。

恋愛に限らず、これがないと時間が過ごせないというようなものがあったら、たまにはそれ無しで過ごしてみると、いろいろと気付くことがあるかも知れませんね。