バシャール最新2017年3月4日アナハイムセッションより 

0 コメント

バシャール掲示板にまとめが載っていました。セッションのテーマは「自分であることの力(Empowerment of Being You)」です。Q&Aコーナーでは、現在の世界情勢についても、少しだけ話してくれています。


自分自身であることの力

自分として生きるということは、とてもシンプルなことに思います。しかしほとんどの人は、自分とのつながりではなく、他人に教わった価値観を信じて育ちます。

自分にふさわしくない価値観と言うのは、本当の自分自身を見つけるために役立ちます。

自分のものではない価値観を手放すと、心が軽くなり、力を感じ、自由になります。

変容したいと願い、自分にふさわしくない価値観を手放し、本当の自分にふさわしい価値観を選ぶ。そのプロセスはパワフルです。

・・・・・

自分にふさわしくない価値観を見極めるには

自分のものでは価値観を持っていることが分かるサインとして、気分が落ち込む時があります。落ち込んだり、辛い思いをするのは、誰かの基準に自分が満たないと考えるからです。本当の自分に忠実な価値観であれば、そうはなりません。

また別の例としては、何かに抵抗を感じる時です。自分のわくわくする気持ちを追求できない場合、それには一見、もっともらしい理由があります。けれども自分にふさわしい価値観と言うのは、自分の望みに反対しないはずです。

自分のものではない価値観は、エネルギーを奪います。自分にふさわしい価値観は、エネルギーを与えます。この違いに注意するようになると、よりパワフルなあなたになります。

・・・・

人生に好ましくないことが起きるのは、本当の自分を見つけるためです

好ましくないことが起きる場合、それは必ずしもあなたが間違った道にいるからではありません。あなたに本当に必要なものは何かを見極めるために、それは起きています。

あなたのコアの周波数の中に留まるなら、好ましくない状況からも良いものを引き出せるのです。

サレンダーとは、コントロールの放棄であると言う定義は、正しくありません。

自分が出来ると思っているコントロールを手放し、本当に出来るコントロールを受け入れる。それがサレンダーです。それは欲しいものから、必要なものへと、自分を仕向けることです。

自分自身になるために、最高のものを欲しがる必要はありません。自分は何が欲しいかより、自分に何が必要か、見極めることです。自分の人生を信じ、サレンダーしてください。

・・・・

全ては完璧なタイミングで起こります。心配すると逆にタイミングを逃しますよ。

あなたたちは力に目覚め、本当の力を現実化する価値が自分にあることを理解しはじめています。最も抵抗が少ない道を歩くことが出来るようにもなっています。これらの考えを受け入れるならば、人生はシンクロニシティに溢れ出すでしょう。

わくわくする気持ちは、必ずしも飛び上がりたくなるようなものではなく、静かで瞑想的なこともあります。

全てはパーフェクトなタイミングで起こります。この人生のために必要な取り決めは、全て自分で整えてきています。必要なタイミングで、それは明らかになります。

実際、それがいつ起きるかと不安になり、悩んだりすると、逆にタイミングを逃してしまいます。いつ、どこでそれが起きるのか、コントロールできると考えるのをやめましょう。その利益を最良の形で得られる、パーフェクトなタイミングで起こります。

私たちは、本当の自分の周波数を、常に持っています。心配する必要はないのです。好ましくないことが起きたら、コアの周波数に留まり、好ましいことを選びましょう。そうすることで、状況を最大限に利用することが出来ます。経験をどのように解釈するかが、肝心なのです。

・・・・・

Q&Aコーナー
殺人を犯して、心地よく感じることはありますか?

質問者: 心地よく感じることは全て、自分自身にふさわしいことなんでしょうか?

バ: 何が自分のためになるか、よく理解していない場合、自分のためにならないものを心地良く感じることがあります。自分に真に正直になることは、非常に大切なのです。そうでなければ、不安を興奮と間違えたり、その逆をしたりするでしょう。実際、自分のためにならないことを心地よく感じるのは、よくあることです。

質問者: 殺人を犯して、気分よく感じることもありますか?

バ: あります。あなたたちの惑星には殺人が多くあるのは、そのためです。殺すのは良いことだと思う理由を、自分に与えているのです。

質問者: でも魂は、良い気分は感じないんですよね?

バ: 状況によります。ケースバイケースです。動機に関して、常に自分に正直になることが大事です。人は自分の死のタイミングに関して責任を持ち、他の誰かは必要ではありません。けれども様々な理由や、個人の人生のテーマにより、そこに他人の参加を求めることがあります。あなたたちは種族として、やがて死のタイミングに別の人を参加させることはなくなるでしょう。けれども今の時点では、それはあります。

・・・・

望まぬ状態に留まり続けてしまうのは、なぜ?

質問者: 自分について知れば知るほど、自分自身でない自分にセンシティブになります。

バ: そうです。それがわくわくの種です。よいことですよ。

質問者: 自分でもよくわかりませんが、望まぬ状態を自分で選択しているような気がします。

バ: 自分の行動の基準としている価値観を見つけてないんでしょうね。自分が嬉しくないことに、なぜ固執し続けているのか、それを探し出す以上に重要なことは何もありません。本当のあなたにふさわしくないネガティブな価値観を、自分の奥に探し続けてください。何か嬉しくない経験をした時、そこには間違った価値観があります。コアの信念を見つけたら、それはなくなります。発見されるまでは、根強く残ります。

質問者: どうやって探せばいいんでしょう?

バ: すべての出来事は、本質的にニュートラルです。あなたが定義するまで、それは何の意味も持ちません。その状況に対して自分はどんな感情を持ち、それが起きるのはなぜなのか、自分に問い続けてください。

・・・・

エササニ星人に、結婚の風習はある?

質問者: あなたの星にも結婚はありますか?

バ: あなたの惑星で考えるような形式とは違います。私たちの考えでは、人間関係と言うのは、どう変化しようとも、ありのままになるべきで、決まった形はありません。そう考えたとき、私たち全てが互いに結婚しています。様々な表現を持つ、大きな一つの結婚です。

質問者: 地球では、結婚するには政府の許可が要ります。結婚に政府のエネルギーを入れてしまってるのでしょうか?

バ: どんなバイブレーションでも、自分で作り出すことができるんですよ。

・・・・・

許可証は不要という許可証が必要です

質問者: 私は宝石商をしています。それは私の情熱です。新しい商品ラインを作るアイデアがあるんですけど、クライアントに色や形、シンボルや石を選んでもらって、その人のバイブレーションに合わせて、私がアクセサリーに仕立てるんです。何かアドバイスはありますか?

バ: 私にどんなことを言ってもらいたいと思っていますか?あなたがやっていることで、既に十分です。それでも許可証が欲しいのでしょうか?

質問者: はい。

バ: ではあげましょう。あなたには許可証は不要だという許可証です。

・・・・

自分に対して批判的になってしまう

質問者: もっと強い自分になりたいと思いますが、自分に対して批判的になってしまいます。自分はだめだと思ってしまうのです。

バ: 何に対してだめなのでしょう。あなた自身になることに関して、あなたよりうまくできる人はいません。

質問者; 分かりません。どうやって信じたらよいのでしょう。

バ: 信じることを妨げている価値観は何でしょうか?

質問者: 自分を疑ってしまうんです。

バ: 疑いとは、信じることが出来ない状態ではなく、自分にとってふさわしくない価値観を信じる選択をした状態です。どうして自分が居心地悪く感じることを信じてしまうんですか?居心地よく感じることを信じた方がいいですよね。

質問者: 自分でも止めたいと思っています。パターンを壊したいんです。

バ: それはパターンではありません。あなたが毎回それを選択してしまうのです。自分が居心地悪く感じることを信じるのは、リアルではありません。それがあなたのネガティブなセルフイメージを作り出しています。

質問者: 安全な場所にいたいんだと思います。

バ: その場所を離れたら、何が起きると思いますか?

質問者: 何か良くないことが起きる気がします。

バ: どうしてあなたがそう信じてしまうのか、理由を知りたいですか?あなたが考える、わくわくする気持ちの定義が、間違っているからです。わくわくしないことを、わくわくすると思い込んでいるのです。きちんと定義出来ているなら、そこにネガティブな感情は少しも含まれないと分かるはずです。

・・・・

UFO目撃の意味は?

質問者: 私は2002年にUFOに遭遇したんですけど、それについて何か情報はありますか?

バ: まず質問があります。1マイル先にある空港から、今、飛行機が離陸したとしましょう。それはどこに向かっていて、誰が乗っていますか?

質問者: 分かりません。

バ: では、どうしてあなたは、この惑星の周りを飛び回っている全てのUFOについて、私が把握していると思うんでしょうか。あなたはその経験から何を感じましたか?

質問者: 恐れることは何もない。

バ: ではそれを、人生のあらゆる状況、あらゆる環境にあてはめて下さい。それが、彼らからのメッセージです。

・・・・

不思議な体験の意味は?

質問者: 小学2年生の時、風船ガムの匂いがするなと思っていたら、突然エネルギーが私の中に走って、倒れたことがあります。それは何でしょうか。

バ: 先ほどの質問と同じように考えてください。あなたはその経験から何を感じましたか。それが答えです。あなたが経験したエネルギーは、未来のあなた自身だと思います。

・・・・

前世が今世に及ぼす影響をどう変える?

質問者: 自分にふさわしくない価値観を手放すことについて、私の場合、前世に関係しているみたいなんですが...。

バ: いいえ。他の転生で得た全ては、現在にあります。それはあなたの今世をサポートするために、今、ここにあるのです。

質問者: 前世で自分が死んだ時のことを、思い出すことが出来ます。それは今世に影響を与えていますか?

バ: イエスであり、ノーです。そのように終えた転生もあったでしょうが、異なる終わり方をした転生もあります。起きたこと自体を変えることはできませんが、見方を変えることはできます。

質問者: 前世で古代オリオン人だったことがあるみたいなのですが、それは重要ですか?

バ: その経験をポジティブに感じていますか?

質問者: いいえ。酷い終わり方をしたからです。それが他の人にもネガティブな影響を与えるように思います。

バ: 同じことを二度と繰り返さないと決意するきっかけに使うなら、ポジティブな経験です。けれども何も得ることがないなら、その経験にフォーカスする意味がありません。

質問者: ある時、道で知らない人がやって来て、この話を教えてくれたんです。彼らは私が前世でした約束を果たしてないと言って、私を責めました。

バ: でもどうして、自分がわくわくすることのない約束を果たさなくてはならないんでしょうか。おそらくこのつながりは、わくわくすることは何かについて、再定義するきっかけを与えてくれると思います。

・・・・・

多次元的に考えると、人は忘れっぽくなる?

質問者: 多次元的世界をどう思いますか?

バ: それは存在の自然な状態です。

質問者: 違う人生にシフトして、それをメインとして生きるようなことは可能ですか?

バ: あなたたちは、一秒に何十億回もシフトしていますよ。それが時間、空間、変化を作り出します。自分自身を新しい側面から経験するためです。

質問者: 古い自分は覚えていますか?

バ: それが今のあなたに関連し、役に立つ場合のみです。あなたたちは、5分前に持っていたのとは違う歴史を持ちます。覚えている必要がなければ、忘れてしまいます。今も昔も同じ歴史をあなたが持つと思ったら、大間違いです。今の自分に関連することのみを、覚えています。それが多次元的に考えると言うことであり、もっとノーマルなことになるでしょう。

・・・・

彼は、ソウルメイト?

質問: 数回会ったことがある人がいるんですけど、まだよく知らないのに、深いつながりを感じるんです。彼のことをいつも考えていますし、考えているだけですごく幸せな気分です。これは一体どういうことですか?

バ: たった一度しか会わない人とでも、深いつながりを持つことはあります。それがあなたをわくわくする感情に結びつけるのです。

質問: 彼は私にとってソウルメイトなんじゃないかと思うんですが…。

バ: 理由は分かりません。理由が分かると思わないことです。なぜなら分からないからです。特定の考えにこだわると、それが持つ豊かな可能性を狭めることになります。あなたが行くべき場所に辿りつくための許可証をもたらしてくれたと考えるのが良いと思います。彼には二度と会わないかも知れませんし、会ったとしても彼が同じ人であるとは限りません。私たちは常にシフトしているからです。

・・・・

今後の世界について

質問者: 世界ではこれから何が起こりますか?新しい発明はありますか?

バ: あと10~15年のうちにフリーエネルギーが見つかりそうな気配はありますが、現在、状況は流動的であり、この時点で予測できることは多くありません。

質問者: 今年、UFOの大量目撃はありますか?

バ: 現時点では予測できません。現状、あらゆることが流動的になっています。2016年の秋に起きた変化で、エネルギーはかき乱されています。どうなるか分かりません。ルーレットは回り続けていて、どこに懸けるか決めなくてはなりません。それはあなたの選択です。非常に多くのパラレルリアリティが同時に起きていて、自分に何をもたらしたいのか、決めるのはあなたです。また、あなたが何を人々とシェアしたいかにもよります。

The Empowerment of Being You – Summarized on Bashar-forum