愛は生きてるうちに! 年を取ってから後悔する37のこと

年を取るという経験は、誰にとっても未体験ゾーンであり、自分がやるまで分からないことが沢山ありますね。今は実感がなくても、年を取ってから後悔することには、どんなものがあるでしょうか。


1.チャンスがあるときに旅行しなかった

年を重ねると、旅行はどんどん困難になります。長い旅行であれ、短い旅行であれ、行ける時に行っておきましょう。

2.別の言語を覚えなかった

せっかくだから、母国語以外にも何か別の言語を話せたらいいですよね。

3.ひどい関係を続けた

ひどい関係にいる人で、もっと早くに気づいて、別れておけばよかったと思わない人はいません。思い立ったが吉日。出来ることは早めにやっておきましょう。

4.日光に当たり過ぎた

日本人には当てはまらないかも知れませんが、外国の人は日焼けが大好きです。しかし年を取って、これが後悔の源となるようです。ただし全く日光に当たらないのは、健康によくありません。

5.好きなミュージシャンを見るチャンスを逃した

見れる時に、絶対に見ておきましょう。

6.恐れていて、何かをすることが出来なかった

振り返ってみれば、何をそんなに恐れていたんだろうっていうことが、沢山あります。「やっとけばよかった…」とならないために、やりたいと思ったことは、すぐやりましょう。

7.健康を大事にしなかった

肉体のピークを、多くの人は見過ごしてしまいます。年を取ってから自分にもっとできたことを考えても、遅いのです。<

8.ジェンダーの役割に縛られ過ぎた

昔は今みたいに自由じゃなかったって、いつの時代にも聞く言葉です。社会的役割はどんどん自由になるでしょうから、それなら今から始めた方が後悔が少ないでしょうね。

9.ひどい仕事を続けた

お金がなければ生きられないというのは、確かです。けれどもあと何十年も地獄のような状態を我慢するのなら、今から移行プランを考えた方がいいです。

10.勉強を頑張らなかった

学校での勉強だけでなく、様々なチャンスに勉強をしなかったことを後悔するのはよくあるみたいですね。気力と体力があるうちにやっておけ、なんてよく聞きます。年を取ると、なくなるらしいですからね。

11.自分の美しさを理解しなかった

自分の見た目に満足しない人は非常に多いですが、実際、それは私たちが最も美しい状態なのです。

12.愛していると伝えなかった

非常に多くのケースで、私たちは自分が傷つくのを恐れ、愛していると伝えそびれてしまうことがありますね。

13.両親のアドバイスを聞かなかった

若いときには聞く耳を持ちませんが、両親の人生で得た教訓と言うのも、また重要な真実を表しているのです。

14.引きこもり過ぎた

無駄な防御に気を使い過ぎてしまったことを恥ずかしいと思う日が、いずれ来ます。

15.他の人がどう考えるかを気にし過ぎた

あと20年もすれば、今考えているどの人の意見も全然気にならなくなります。

16.他人の夢を、自分の夢より尊重した

他人のために身を捧げるのは美しいことですが、あなたの夢を生きましょう。あなたの人生なのですから。

17.素早く行動しなかった

年を取って考えれば、時間の無駄に過ぎません。

18.怒りにこだわり過ぎた。特に愛する人に対して。

何度も何度も怒りを経験することに、何の意味があるんでしょうか?

19.自分のために立ち上がらなかった

人生は短いですから、誰かが何かをしてくれるのを待たずに、自分の権利は自分で主張しましょう。

20.ボランティアをしなかった

世界がより良い場所になるよう手助けしなかったということは、悲しむべきことです。

21.歯を大切にしなかった

入れ歯になって気にしても、遅いです。

22.おじいちゃんおばあちゃんと、もっと話しておけばよかった

彼らは歴史の生き証人であり、情報の宝庫だということは、大概後で気が付きます。健在なうちに、いろんな会話をしておきましょう。

23.働き過ぎた

死ぬ前に、もっと働いておけばよかったと思う人は、一人もいないでしょう。家族や友人、趣味の時間を過ごせばよかったと思うはずです。

24.美味しい料理の作り方を習わなかった

美味しい料理に限らず、経験は生きてるうちに出来るだけ多く、幅広く積んでおいた方がいいような気がします。「結局一回もやらなかったな…」なんてことが出てこないように。

25.何気ない瞬間を大切にすべきだった

忙しい毎日の中にいると、何気ない瞬間のありがたみなんて感じられなくなってしまいます。でも些細な出来事の中にある美しさを、もっと十分味わっておけばよかったと、年を取ると思うでしょう。

26.始めたことを終わらせなかった

やりたいと思ったことは、やりましょう。やりかけたことは、終わらせましょう。

27.パーティーを盛り上げるかくし芸を覚えなかった

いかにもアメリカ人ぽい意見ですが、私も会社で働いていた時は、忘年会で披露するかくし芸の重要さを痛感しました。何かあると、ここぞという時に役に立ちます。

28.常識にとらわれ過ぎた

常識的にどうするかでなく、自分がどうしたいかを考えたほうが、絶対後悔しなさそうです。

29.変化を恐れすぎた

出会いがあれば、別れがあります。変化を認めず過去にこだわるのは、現在に悲しみをもたらすだけです。

30.子どもとゆっくり遊ばなかった

子どもが一緒に遊んでもらいたがる時期は、ほんの短い間です。遊べるうちに、沢山遊んでおきましょう。

31.大きなリスクを負わなかった

やらなかったことは、やってみてうまくいかなかったことよりも、後悔が大きくなります。

32.人間関係のネットワークを広げなかった

交際の輪を広げるのは、若いうちはそこまで重要だと思いませんが、年を取るにつれ、仕事がうまく行くのはネットワークがあるからだということが分かるようになります。

33.心配し過ぎた

心配することの多くは、実際には起きないことです。

34.要らない問題に巻き込まれ過ぎた

早めに抜け出ましょう。

35.愛する人ともっと時間を過ごせばよかった

時間は限られています。大切に使いましょう。

36.大勢の前で、何かをすることがなかった

一度くらいは、大勢の人の前で話したり、演じたり、演奏したりすることがあっても、よいかも知れませんね。

37.もっと感謝をするべきだった

若いうちに気づくのは難しいですが、私たちにとって、地球上で過ごせる物理的な時間は限られています。人生を人々とシェアできるというのは、信じられないくらいラッキーなことなのです。それは私たちに与えられたギフトでもあります。このギフトに感謝し、大切にしましょう。

The Top 37 Things You’ll Regret When You’re Old (Pay Attention To #15) on Spiritual Unite

――――――――――――――――――――

この前、67歳の友達に、「もう人生でセックスをすることはないと思う」って悲しそうに言われて、「いやいや、そんなことないよ、可能性ある!」って言いましたけど、本当は、なんて返していいか分からなかったです。

愛とセックスは全然イコールじゃないと思いますけど、強い力を持つことは確かで、私が彼女の年齢になったら、どんなふうに考えてるのかなと、遠い気持ちで思いました。でも実際は遠くなんかないんだと思います。

どうなっているかよりも、どうしていたいかを考えたいです。

しかし年を取ったら、本当に腰や膝が痛くなるんでしょうか。気になります。