ライト・ランゲージ/セイクリッド・サーキットリー 宇宙人語の話し方

シリウス意識アドロニスをチャネリングするブラッド・ジョンソン氏が、ライトランゲージとセイクリッドサーキットリーについてのウェビナーをやったので、受けてみました。


ライトランゲージとは
via Portal To Ascension

ライトランゲージ(光の言語)とは、宇宙のエネルギー言語です。宇宙とは光、音、シンボルが全てであり、ライトランゲージもそれらの要素から出来ています。

ライトランゲージは、しばしばセイクリッドサーキットリー(聖なる回路)、ライトサーキットリー(光の回路)とも呼ばれます。回路とは、エネルギーの流れる回路ということであり、ライトランゲージをシンボルや記号として表したものです。

これらはどれも、宇宙の言語として同じ文脈で使われることもありますが、ライトランゲージが音寄りだとすると、セイクリッドサーキットリーはシンボル寄りの言語です。

そもそもライトランゲージって何かということを知るには、ビデオを見てみましょう。ブラッドのはいいのが見つからなかったので、直感ライフコーチであり、レイキセラピストのヴァネッサ・ラモート氏のYouTubeチャンネルからです。

ライトランゲージのトランスミッションは、0:58あたりから始まります。まるで歌を歌っているようですね。

こちらのビデオでは、1:08あたりから始まります。ここでは謎の音を発しながら、身振り手振りを加えてライトランゲージを話しています。

ブラッドによると、ライトランゲージは個人個人で全く異なるものであり、歌のようになる人と、謎の言語のようになる人、両方混ざる人、様々だそうです。

言い換えれば、みんなそれぞれ自分のサーキットを持ち、自分でトランスミットした言語を持つとのこと。面白いですね。

・・・・・

言語の進化とライトランゲージ

宇宙的存在にとって、私たちが日常使う言語というのは、とても原始的なものに思えるそうです。なぜなら日常会話とは、直線的な時間軸の上に成り立つものだからです。会話をするためには、相手の話を聞き、自分の考えを伝えます。つまり私たちが日ごろ行う対話とは、時差に基づいて成立するものだと言えるのです。

ブラッドによると、それはまるで90年代のコンピュータ通信にも似ていて、ほんの短いページをダウンロードするために、何分も待たなければならないような状態と言えるそうです。

ライトランゲージは、もっと直感的・瞬間的であり、論理的思考で判断、理解できるものではありません。コンピュータの性能が爆発的に進化し、今ではすっかり速度が上がったように、長い年月を経れば、将来、ライトランゲージがより普及するようになるかも知れませんね。

・・・・

セイクリッド・サーキットリーとは

以前、バシャールの教えるセイクリッド・サーキットリーをご紹介しましたが、それは15個のエネルギーシンボルからなるものでした。

Sacred Circuitry via Pinterest

バシャールは特に言及していませんでしたが、もちろんこれを個人で受け取ることも出来ます。ちなみにブラッドが受け取ったセイクリッドサーキットリーの例を、HPから引用させてもらいましょう。

Picture
Sacred Circuity by Brad Johnson on The Reality Whisperer

なんだか分かんないけど、とにかく凄そうな感じですよね。

・・・・

ライトランゲージ/セイクリッドサーキットリーの効果

ブラッドが挙げていた効能には、以下のようなものがありました。

  • 新しい思考回路を作り、高次の意識を開く
  • 記憶力、集中力の増加
  • 視覚化ワークの上達
  • 肉体のみならず、エーテル体、感情体、メンタル体、アストラル体など、あらゆるレベルでのデトックス
  • サイキック能力の開発
  • 心身の不調を癒し、感情のバランスを整える
  • DNAのアップグレード

バシャールのセイクリッド・サーキットリーにも、もちろん同様の効果があり、15のシンボル全体で一つのエネルギーフロウが出来ているところが実にパワフルなのですが、自分で受け取ってみると、また感覚が異なります。

私にとっては、すさまじい変容以外の何物でもない感じでした。エネルギーを呼ぶとか、チャネリングの比じゃないです。思考とか説明とか会話とか、めちゃ3次元じゃん。お母さん、これが宇宙ですよ!

・・・・・

ライトランゲージ/セイクリッドサーキットリーの受け取り方

受け取り方の手順自体は、瞑想の手順みたいに簡単過ぎて、逆にえっ?ってなるので、取り組むときの心構えのポイントを考えてみたいと思います。

まずエネルギーワーク全般に言えることですが、うまく出来てる/出来てないは、全く関係ありません。個人の自由な表現だからです。そこが難しいと言えば、そうかも知れませんが、あまり考え込まず、面白がってやれる人は上達が早いと思います。

こう言ったらものすごい語弊があるかも知れませんが、こんなもん、適当でいいんですよ。正解がある訳じゃないですからね。

何かを作り出したり、考え出そうとせずに、思いつくまま、感じるままに受け取りましょう。

・・・・・

受け取る準備段階

1.体が十分リラックスするまで、深呼吸を繰り返す。緊張した部分がなくりなるまで行います。

2.自分がヴォイド(※訳注:真空、何もない無の状態、空「くう」の状態)にいるところをイメージします。ヴォイドのエネルギーを感じましょう。

3.胸の前で両手を30センチほど離して、手のひらを向かい合わせ、その間に気のエネルギーボールを作ります。手をこすり合わせたり、オーブのような形をイメージしてもよいでしょう。

4.そのエネルギーボールに、紫の光が輝いているところを想像してください。それはあなたのクラウンチャクラの色です。あなたがゆっくり両手の感覚を広げると、同時にクラウンチャクラが開きます。

5.もう一度、ヴォイドのエネルギーを感じ、完全に開いたクラウンチャクラから、ヴォイドのエネルギーを入れてください。それを体に下し、足から地球に流しましょう。ヴォイドに包まれ、あなたの中にもヴォイドが広がります。あなたの存在は、ヴォイドそのものになりました。

・・・・・

ライトランゲージの場合

1.あなたの体が発したいと感じる音を、声を使って表現してみましょう。初めは意味のない音節の羅列で構いません。長い言語のように発展するかもしれませんし、音程を持つかも知れません。これは全く予測できないことであり、あなたが感じる感覚を、声を使って、そのまま表現することが重要です。

2.慣れてきたら、再び両手でエネルギーボールを作り、ライトランゲージの持つ音のバイブレーションをその中に共鳴させましょう。エネルギーボールの中に、音が吸収されるところをイメージしてください。

・・・・・

セイクリッドサーキットリーの場合

1.あなたのクラウンチャクラに入ってくるシンボルを、そのまま書いていきましょう。難しいようであれば、最初はシンプルに〇を描き、思いつく線や形を書き足していくと簡単です。シンボルは、ただの直線のようなシンプルなものになるかも知れませんし、複雑なものになるかも知れません。もちろん予測不可能です。

2.慣れてきたら、何かのテーマについて、シンボルを与えてもらってもよいでしょう。愛、創造、拡大、統合など、自分がエネルギーで表したいテーマを考えて、シンボルを受け取ってください。意味を考えようとしないこと。必要なら後からシンボルと対話し、メッセージをもらいましょう。

3.再び両手でエネルギーボールを作り、ボールの中にシンボルをイメージし、そのエネルギーを刻み込みます。

・・・

受け取った後は

シンボルから受け取ったエネルギーを両手の間のエネルギーボールの中に入れたら、ボールを小さく丸めます。エネルギーを凝縮していく感じです。おはじき程度の大きさになるまで丸めたら、それを片手で持ち、クラウンチャクラの中に入れます。

エネルギーが体の中に流れていくところを感じましょう。

あなたが良いと感じる辞ところで、エネルギーに感謝をして、瞑想を終わりにします。


これを面白いと思う人がいるのかどうかは分かりませんが、私の中では今、激熱ブームが巻き起こっています。

ブラッドによるとアカシックレコードも、本来はライトランゲージ/セイクリッドサーキットリーで作られているそうです。個人的には、ものすごい頷けます。図書館とか、ないわー。

でも同じエネルギーを、図書館としてトランスミットする人もいるんだと思います。個人の自由なエネルギー表現と翻訳の違いでしかないんです。

ちなみにウェビナーを見ながら、私が書いたセイクリッドサーキットリーです。

これはシンボルを書いた後で、思い浮かぶキーワードを足したもの。
これはテーマごとにシンボルを受け取ったもの。
これは、特にテーマなく書いたものです。考えながら書くよりも、あくまでもクラウン(人によってはサードアイ)からイメージをキャッチしながらやると、より自分の回路が活性化するみたいです。
あと上のシンボルは、ブラッドが受け取った「頭痛を癒すシンボル」を真似して書いたものです。丸の上から角が生えてるみたいなのは、シンボルをクラウンから入れる様子をブラッドが図説したのを、そのまま写しました。

ライトランゲージを話すときは、3音節ごとくらいに区切って発生していくと、自分の音が分かりやすいですし、フロウに乗りやすいです。

セイクリッドサーキットリーのシンボルの意味は、書きながら考えるとフロウが限定されますので、書き終わってから、シンボルと対話するとよいと思います。

エネルギーって、貯め込んだり、流れに任せるだけでなく、自分を通じて表現するときに、ものすごいポテンシャルを発揮するんだなと思います。クラウンチャクラが熱くなります。