ツインフレームとの関係がうまくいかない6つの背景

うまくいかない理由があるようです。


ツインフレームとの今世での再会

ツインフレームは、同じ魂を持つ自分の片割れであり、今世で出会うことを約束してともに転生して来たと言われています。にもかかわらず、ツインフレームとの再会のプロセスは甚だ困難であり、どちらにとっても混乱する結果をもたらすことも多いです。

誰もがツインフレームを持つ訳ではないと言われますが、もし出会えたとしても、その関係は期待とは全く異なり、まるでバランスを欠いているように思えることもあるのです。

ツインフレームとの関係は、ただ好きな人と一緒になるというシンプルな関係を超え、あなたの古い殻を壊し、無条件の愛やワンネスの本当の意味を教えてくれるという、ありがたいんだかどうなんだか良く分からない、ハードかつディープなものであるからです。

ツインフレームのパートナーとは、永遠に一緒になる運命にあります。しかしそこに落ち着くには長い時間がかかり、転生まるごとかかる場合もあります。

・・・・・

1.関係から逃避をしてしまう

エネルギーシグネチャー的にフィットすると思っても、どちらかのパートナーが関係から逃げてしまう場合があります。ランナー(逃げる人)は、もう片方のパートナーとの関係にコミットしようとしなかったり、無視したり、自分の領域に入れないよう、きっちり境界を定めたりするのです。ランナーに当たる人は、パートナーに感情的、精神的、肉体的、エネルギー的に依存してしまう状態を恐れます。自分の弱さや傷が露呈することや、それで関係が壊れてしまうことに、潜在的な恐怖を感じるのです。

結果として、彼らは浅い関係を続けようとします。一定の距離を与えてあげると、ランナーはパートナーの存在の重要性に目を覚まし、他の人ではやっていけないと気付くことが出来ます。

・・・・

2.取り組むべき優先課題がある

ツインフレームの関係では、お互いに学ぶべきことが山のようにあるだけでなく、それぞれがフォーカスしていることも別々の場合があります。仕事、家族、友人関係など、パートナーとの関係以外に取り組む課題があると、それが片付くまではパートナーとの関係の強化を先送りする傾向があるのです。

まずはパートナーの準備が整うまで待ち、それ以外の重要課題をクリアしていく機会と考えましょう。そうすることで、ツインフレームとの関係は、よりスムーズなものとなります。

・・・・

3.依存的傾向が生じている

ツインフレームとの結びつきはパワフルであり、必然的に両者にポジティブな変容をもたらします。しかし変容とは、激しいエネルギーの衝突を通じて、有機的にもたらされるものでもあるのです。どれほど賢い人でも、ツインフレームとの関係で生じる感情の爆発は、自分でも想像できないものだと思います。

結果として、一方、もしくは双方が依存的、衝動的になってしまうことがあります。ツインフレームとの関係は、その関係のプロセスを通じて、自分の中に強さを培うものでもあります。再会と統合のプロセスは、必要なタイミングで起きるものですから、相手に依存する必要はありません。自分にも相手にもダメージを与えないようにしましょう。

・・・

4.他の人のタイムラインに影響を与える必要がある

ツインフレームの関係の持つ主要な目的の一つは、互いを強くし、それぞれの世界で周りの人をパワフルにアシストできるようになることです。それは現在の地球の状況に、とても役立つことだからです。

そのためツインフレームの一方、もしくは双方が、一時的に他の人のタイムラインに関わる必要が出てくる場合があります。ツインフレームと出会う前に他の人と結婚して子どもを作ったり、別の人と付き合っていたりするのは、これが理由です。

他者との関係は、ツインフレームにとって意義があるプラクティスであるだけでなく、両者の成長や必要な結果をもたらします。ツインフレームとの再会と統合が遅れるのは、別のタイムラインにポジティブな影響を与えるためと考えましょう。ツインフレームとの関係自体は、永遠のものです。

・・・・・

5.ソウルメイトがいる

ツインフレームの関係に入る前に、ほとんどの人がソウルメイトとの関係を経験します。ソウルメイトとの関係は家族のように親密で、深く共鳴するものです。それと言うのも、ソウルメイトはより大きなソウルファミリーやソウルグループに属する存在だからです。

けれどもツインフレームとは、もう一人のあなたです。ソウルメイトとのつながりは、ツインフレームと出会う前にほとんど消えてしまうと言われています。必要な成長を遂げた時点で、役割は終了するのです。

ツインフレームとの関係に入る前にソウルメイトとの関係があったとしても、あくまで準備段階として用意されているものですから、タイミングを待ちましょう。
・・・・・

6.最悪な経験が先に来る

ソウルメイトとの関係は、最初から居心地の良いものです。しかし、いずれは物足りなくなる時がやって来ます。一方、ツインフレームとの関係は、残念なことに出会って最初の3年~10年の間は、地獄にも似た体験が待っています。ありとあらゆる困難、チャレンジ、居心地の悪さ、レッスンが与えられるのです。

もし両者が関係を持続することを決め、困難を乗り越えようとするなら、長い時間をかけて二人の関係は完成に向かいます。最悪なことは先に経験してしまうので、それ以降は怖いものなしになると言ってもよいかも知れません。

Why Isn’t My Twin Frame Relationship Working? by Max and Lana on in5d.com

You may also like...

%d bloggers like this: