2017年2月26日 魚座の新月と金環日食のエネルギーリーディング

日本時間では、2月26日23:58に魚座で新月が起こり、同時刻に南アメリカとアフリカでは金環日食が観測されます。


金環日食のエネルギー

金環日食とは、太陽、月、地球が一直線上に並ぶ時に起きる現象です。地球から見える太陽に月が重なって、太陽の外周だけが、ちょうどリングのように見えるため、金環日食と言われています。

via Wikipedia

実際に観測できる場所は限定されていますが、占星術的には、もちろん場所に関係なく、惑星全体にエネルギー的な影響を及ぼす現象です。

惑星が直列に並ぶことで、地球の電磁波フィールドが影響され、もちろんそこに暮らす私たちにも影響を与えます。私たちの持つ電磁波フィールドも、これに反応するからです。

古来、多くの文化が、日食や月食を不吉なものと考えていました。太陽や月の光が、邪悪な力を持つ存在によって吸い取られる結果、起きる現象だと考えたのです。

しかし近代占星術では惑星食は決して不吉なものではなく、むしろ不要なエネルギーを開放するものと考えます。科学の進歩により惑星食の起きる仕組みが明確になったことで、現象の持つエネルギー的な性質にのみフォーカスするようになった結果です。

金環日食は、英語では「炎の輪(ring of fire)」と呼ばれており、もはや名前からして、どう考えてもパワフルだろうという気がしますが、占星術的に言うと、完全食でも部分食でも、あまり違いはありません。顕在意識を表す太陽が、潜在意識を表す月に隠れることで、二つの世界をつなぐ架け橋を作り、潜在意識の中に潜むネガティブなエネルギーが表面化し、解放される時と考えます。

天体のエネルギーと言うのは、生命のリズムやサイクルに影響するものであり、それはまさしく死と再生、破壊と創造の連続です。私たちの人生の中に、そしてスピリチュアルの旅路の中に、そのリズムを作り出し、それを超え、常に新しいエネルギーを育むようにと、宇宙が伝えているのです。

・・・・・・

魚座の新月のエネルギー

月食では、満月のエネルギーがベースになるため、サイクルの終わりを象徴しますが、日食では新月のエネルギーが強く作用するため、サイクルの始まりに、より力点が置かれます。新月の持つスピリチュアルな変容のエネルギーを、スーパーチャージしたものになると言ってよいでしょう。

さて今回の新月は、魚座で起きます。魚座のエネルギーは、文字通り、未知の海を泳ぐ魚のように、直感や意識、夢の世界を司るものです。

魚座のエネルギーが現れる時期は、現実世界での成功や進歩を考えるよりも、まず内面的な思考やハートで感じる思いの方にフォーカスすべき時と言えます。ここに潜在意識を表す月が入ることで、スピリチュアルな意識やビジョンを高めるには、もってこいの時期となります。

人生の新しい局面や、新しいプロジェクトを始めるにあたって、私たちはしばしば、次の段階に進むことばかりに熱心になってしまいますが、何かを生み出すためには、そのアイデアやヴィジョンを温める期間が必要です。

この時期は、あなたが本当に欲しいものは何なのか、何故それが欲しいと思うのかについて考えを深めるために使いましょう。ベストバージョンのあなたの姿に結びつくものである限り、夢は大きく持つべきです。

特に魚座のエネルギーは、夢や理想と深く結びついています。夢の卵を孵化させる変容のエネルギーを、新月と日食はもたらしてくれます。

・・・・・

日食のエネルギーの影響は、長い

日食のエネルギーの影響は、通常の天体イベントのよりも長く続き、次回の日食が起きる8月21日まで続きます。つまり今回の新月と日食でセットされるエネルギーが、今年の半分以上の流れをセットすると言ってもよいでしょう。

あなたが人生にもたらしたい理想とは何なのか、あなたが実際に目撃し、体験したい夢とは何なのか。今回の新月では、それを本気で考えるべきですよ。