あなたが正しい選択をしたと分かる5つのサイン

迷ったときは、何を頼りにすればよいのでしょうか。


選択を迷うとき

何かの選択を迫られたとき、それが人生にとって大きな意味を持つものであれば、なおのこと、私たちはつい考えすぎてしまいます。情報が多ければ多いほど混乱し、どの可能性を選ぶべきなのか、逆に見えにくくなります。

起こる可能性のあるシナリオを全て考えたり、得るもの失うものを頭の中でリストアップしてみるよりも、もっとシンプルな手掛かりが欲しいというときに、以下のようなことに注意を向けてみましょう。

・・・・・

あなたが正しい選択をしたと分かる5つのサイン
1.結果がどうあれ、自分は大丈夫だと言える

決断を迷うのは、多くの場合で、その決断による失敗や、苦境に陥ることを心配するからです。トライ&エラーを通じてのみ、人は成功に辿り着けるものですし、本当に自分の人生に必要なものなら、なくなることはありません。
特定の結果にこだわるよりも、決断を下そうと決意した自分を、まずは認めてあげましょう。
・・・・・

2.ハートの声に従った

何か選択をするときに、直感が頼りになる時もありますが、直感の声がマインドや感情に左右されて、まるでガイダンスにならないことも多くあります。そんな時は、体に直接聞いてみましょう。

迷っている選択肢があるときは、深呼吸をしていったん心を静め、それぞれを思い浮かべてみましょう。ハートが広がるような感じがするなら、答えはイエスです。逆にハートが縮み、息苦しくなるように感じたら、答えはノーです。


・・・・・

3.今、この瞬間の選択に絞った

後から出てくる問題は後で考えようなんて言うと、まるでその日暮らしみたいですが、先に出てくる問題は、先にならないと分からないことは多くあります。

考えて分かる結果は考慮すべきですが、考えても迷うだけなら、一旦それは置いといて、今、この瞬間の気持ちを優先しましょう。優柔不断な日々を続けるよりは、一つ決断を下して、先に進むべきです。
・・・・

4.自分の下した決断に誇りを持てる

したいことと、すべきことで迷っているのなら、その決断を下した後に、自分に対して誇りを持てるかどうか考えてみましょう。あなたの下した決断が、あなたがなりたいと望む自分の姿に即したものならば、その決断は正しいと言えます。

・・・・

5.ゆっくり眠れる

不安で眠れないようなら、それは今のあなたにとっては必要な選択肢ではないのかも知れません。決断を下した後、気分がすっきりして、よく眠れるようなら、それは正しい決断だったと言えます。後のことは、後から何とかなりますから、今は新しい可能性に心を開いて、人生が紐解かれていくのを安心して見守りましょう。

―――――――――――――――――――――

私、大学中退してまして、どうしてあの時止めてくれなかったんだよって思うこともありましたが、今となれば、たとえ無事卒業していても、どこかで必ずドロップアウトしてたと思います。

選択って、自分がしてるようで、本当はそうでもないのかなと思います。なるようになってる道を進んでるだけで。