【海外の反応】もうすっかりアセンションしちゃったんだけど、次、何すればいいの?

バシャール掲示板からの意見です。


▲私、もう必要なことは全部、実現させちゃって、現状、わくわくを強く感じることが見つからないんだよね。実際、ハイであれローであれ、気分が変化することがあまりない。同じ経験をしてるって人いる?もしいたら、それがいつ、どんな風に変わったか教えてほしい。人生に何かが欠けてるとは思わないけど、何かが欲しいんだよね。

・・・・・・

―― すごいところまで来たね。僕なら、グラウンディングして、今、この瞬間を生きて、自分の持ってるものに感謝するしかない。何かちょっとでも面白いと感じることを、やってみたらいいんじゃない?興味を惹かれることが出てくるかもよ。別に次のステップを気にすることなく、今の状況を単純に楽しめばいいのに。

―― 何か新しい趣味とか、挑戦を見つけてみたら?散歩に出かけて、人生について考えるとか。人生は、あるうちに楽しんだ方がいいからね。

―― 散歩はいいと思うよ。好きな場所にどこでも行けるミニバケーションみたいなもんだしね。気分が落ちた時こそ、外に出て体を動かすべき。でも全てを実現したなんて、うらやましいよ。何かをする情熱が途絶えてしまうのは、アセンション症状の一つでもあるんだよ。知ってた?

―― 今ある状態に満足していれば、ここに質問してこなかっただろうから、完全に満足してる訳じゃないのかもね。わくわくしないんじゃなくて、わくわくするという感情の定義を、もう一度見直してみるといいんじゃないのかな。人生が続いているってことは、まだやるべきことがあるってことだと思うから。

―― 人生のサバイバルを考えなくてもいい状況だけど、だからって心の底から幸せかっていうと、なぜかそうとも言い切れない。そういう感覚って、私も経験したことがある。でもストレスがないってことは、ハッピーだと思っていいんだよ。前進あるのみ。

―― 僕はそういう完全な満足を味わったことがないけど、クリエイティブな活動についていえば、満足感には波があるってことが分った。今、僕は自分の活動の中でサイクルの底にいるんだけど、ここから上向きの波が来るってことが、なぜか分かる。面白いよね。

―― 確かに。クリエイティビティな活動には、サイクルがあるよね。インスピレーションがガンガン湧くときと、全然ダメな時がある。ガンガン湧く時は、わくわくが始まる時だ。

Reaching Plateau on Bashar-forum


アウェイクニングは、本当にただの通過地点であって、プロセスはいつまで経っても続きます。でもふと気が付くと、随分人生に満足してしまってる自分がいて、愛にも豊かさにも飽きたかも…なんて感じることもありますから、人間って、本当に面白いですよね。今いる状況に飽きてきたってことは、まだ見ぬその先があるってことですから。

興味の矛先が、自分の外側に向かっていると、やがて飽きるときが来ると思います。やりたいことは全てやってしまったとか、知りたいことはほぼ分かったとか、欲しいものは全て手にしてしまったとか感じるときです。そんな時は、これまでやろうと思ってて、やらなかったことなんかを洗いざらい潰していくと、また新鮮な感覚が蘇ると思います。

クリエイティブな活動にも、確かに波がありますよね。アセンションと似ていて、進化は階段状になっていますから、踊り場を抜ければ、がくんと上向きになるんですけど、抜けるまでの道のりが退屈です。でも抜けることは、確実ですから。信じて進みましょう。

でも興味の矛先が自分の内側に向かうと、全然飽きないんですよ。越えるべき恐れとか、なくすべき固定観念とか、身に着けたい態度とか、まだあるのかよってくらい、沢山あります。