脳の神経細胞と宇宙の構造が似ているのは、偶然か、必然か?

英語版ヤフー知恵袋的サイト、クオラの意見をまとめました。


ミクロとマクロの相似形

研究チームがコンピュータのシミュレーションによって計測したところ、自然的成長の力学、つまり一つのシステムが進化する仕組みと言うのは、あらゆるネットワークに同様の構造が見られるそうです。インターネットであれ、人間の脳であれ、宇宙であれ、見た目を図に起こせば、全て同じような絵になるのです。

via Quora

写真の左側は、神経細胞の顕微鏡拡大写真です。右側にあるのは、宇宙物理学者たちが主張する宇宙の構造であり、それは銀河系の数々とダークマターで出来ています。片方は1マイクロメートル(1ミリの1000分の1)ほどの大きさしかありません。ネズミの脳の神経細胞です。もう片方は、何十億光年もの距離があります。コンピュータシミュレーションによる宇宙のイメージです。大きさの全く異なる両者に見られる相似形は、驚くべきものです。

・・・・・・

ネットワークの発達に見られる法則

ネットワークの構造を、インターネットで考えてみましょう。

たとえば、猫が好きな人がインターネットサーフィンをするなら、まずはグーグルやヤフーのように大きなサイトを訪れるでしょう。そこからYouTubeの猫ビデオや猫ブログなど、より細分化したサイトへと飛びます。またその逆で、細分化されたサイトから、大きなサイトへ飛ぶこともあるでしょう。同様に、近接する脳細胞は互いにつながりますが、さらにグーグルのように大きな神経回路ともつながりを持ちます。ネットワーク構造というのは、個別の構造が、別の構造とつながり、そこからまた枝分かれするという形で発達していきます。

「こうして考えられるネットワークの形成には、ある一つの基本的な法則が共通して働いていることを示唆する」と、ヒューストン大学の物理学教授が述べています。

・・・・

果たして宇宙は、誰の脳なのか?

脳とは意識を生み出す器官であり、意識とは存在の基盤であることが知られています。神経細胞を結ぶネットワーク間で情報交換が行われることを前提とすれば、宇宙のネットワーク間でも同様のことが行われているのかもしれません。宇宙が脳のように意識を持つというだけでなく、宇宙自体もまるで脳細胞同様に拡大、発展しているのです。

さて問題は、宇宙が脳細胞であるなら、それは果たして誰の脳細胞なのかと言うことです。どこかに偉大な超越的存在がいるのでしょうか。さらに私たちは、その巨大な脳を形作る細胞の一つに過ぎないのでしょうか?

答えはいまだ分かりませんが、考えると不思議ですね。

Why are brain cells similar to the universe? Is it just a coincidence or is there any significance in this similarity?‘ on Quora


宇宙は誰かの脳と言うよりも、私たちそれぞれの中に宇宙は存在し、脳とは宇宙、宇宙とは脳です。なんて大雑把なことを言ったら、物理学者に怒られるかな。