エンパスの持つ4つのスーパーパワーとその獲得法

共感能力の高い人をエンパスと呼びますが、エンパス傾向のある人は多いと思います。


エンパスの持つ4つのスーパーパワー
1.人の心を読む

人の気持ちを読むのは、少なからず誰もがやっています。例えば表情やしぐさから読み解いたり、言葉の裏側にある気持ちを考えたり、日常的にしていますよね。しかしエンパスは、これを見えない聞こえないレベルで行います。

普段の生活の中で、相手の気持ちを考える時に、まず相手の立場になって考えることをしますよね。基本はそれと同じです。また個人のギフトによって、感情を見るときにオーラにチューニングする人、エネルギーを見る人、ハートにチューニングする人など、いろんなバリエーションがあります。

・・・・

2.自分の感情をコントロールできる

エンパスは人の感情に敏感ですが、どうせならそれを自分のために使ってみましょう。自分の気分が落ちそうになる前に、うまくかわしたり、心地の良い気分を保ったり、感情の波風を察知し、うまく調整することができます。

エンパスであれば、普段から自分の気分や感情のエネルギー調整には敏感になっていると思います。疲れたときは一人の時間を意識的に作ったり、自分の感情のエネルギーを整えてくれるものを見つけてみましょう。これはエンパスならではの、セルフヒーリングです。

一人になってハートをよく観察しながら、気分を沈ませ、ハートが縮むように感じるもの、気分を明るくさせ、ハートが広がるように感じるものを、それぞれ考えます。それぞれのエネルギー状態をよく研究しておくと、自分が本当に望む選択をする時などに、迷わなくなるので便利です。

・・・・

3.ネガティブなエネルギーを変容させる

”繊細”な人の中には、自分をイラつかせるエネルギーにだけやたら敏感で、それ以外には無頓着な人がいます。エンパスだって、もちろんネガティブなエネルギーには敏感です。でも熟練したエンパスなら、ポジティブなシールドで自分を守る方法を身に着けているものです。

エネルギーに対する繊細さは、まさしくギフトでありますが、その犠牲者にならないようにしましょう。たとえば低いエネルギーを感じる場所にきれいな花を置いたり、人々に対して(もちろん自分に対しても)常にポジティブな言葉や意識を投げかけるのも、非常に効果があります。エネルギーが変化したとどのように知るかは、あなたのハートが教えてくれます。

どんな闇の中にも、光はあるものです。多くのエンパスたちがライトワーカーであるのも、私たちが光のトランスフォーマーであるからです。

・・・・

4.繊細さを武器にする

エンパスであることに、疲れちゃう人もいると思います。他の人は全く気付かないのに、なんで自分だけ余計なものを感じなくちゃいけないのかと、重荷のように感じるかもしれません。

たとえば嗅覚に敏感なら調香師に向いているかも知れませんし、味覚に敏感ならオーガニックフードのシェフになれるかも知れません。ヒーラーやエネルギーワーカーにも、もちろんもってこいです。別に仕事にしなくても、たとえば音や場所のエネルギーに敏感なら、ガーデニングや部屋のインテリアを通じて、人々にピースフルな空間を提供することが出来ます。もちろんそれは自分にとっても、とても意味がありますよね。

エンパシー能力を自分ならではの方法でポジティブに生かすことで、繊細さはスーパーパワーとなります。それは私たちの大きなギフトであると同時に、人生の目的をも生み出してくれるのです。

4 Super Powers of the Highly Empathic Person by Christina Sarich on Spiritual Unite


五感の中で、自分はどれが一番敏感か、考えてみましょう。例えば嗅覚が敏感なら、匂いからどれだけ多くの情報を読み取れるか考えてみるといいですよ。

また音に色や光、手触りを思い浮かべたり、色を見て感じる感情を考えるなど、通常の五感をクロスオーバーさせて使っていくことでも、エンパシー能力を発達させることが出来ます。

とてもシンプルなやり方に聞こえるかも知れませんが、サイキックが読み取る情報は、すでに日常的にそこにあるにも関わらず、なぜか多くの人は注目しないものに過ぎないからです。遠い宇宙の彼方から何万光年もかけてやって来るとか、タイムマシーンに乗らないと見つからないようなものではありません。全部、今、ここにあります。

エネルギーのいい悪いを判断するよりも、いかに多くを読み解けるかが、繊細さを高度なエンパシー能力へと高めます。さらに記事にもある通り、エネルギーの変容を意識できるようになると、本格的なサイキックエンパスの誕生になります。

いらないエネルギーには、1.近寄らない 2.フォーカスしない 3.避難する、という3つのコマンドで対応しましょう。もし心細いならクリスタルなどのお守りを持ってもいいと思いますが、草花や樹木、動物など、エンパスの守護者は身近にいくらでもいますから、疲れたときは彼らのパワーを分けてもらうのも気軽です。