2017年2月11日 獅子座の満月と半影月食のエネルギーリーディング

日本時間では、午前9時7分に満月が、半影月食は午前9時33分に起こります。日本では朝なので、月食は観測できませんが、エネルギー的には影響があります。


月食のエネルギー

今回の満月および月食は、2017年のエネルギーがいよいよ本格化する新しいゲートウェイとなるでしょう。暦の上ではすっかり年が明けていますが、占星術上では牡羊座に太陽が入る3月20日の春分が一年のスタートとなるため、今はまだ序章の段階です。月食は満月に地球の影が重なることで、太陽光線が十分に届かなくなり、月が陰る状態を表します。

月食に特徴的なエネルギーとしては、満月でエネルギーがフルになった状態から、光が陰り、再び光が戻ることで、普段は見えない内面の傷や恐れなどのネガティブなパターンを映し出し、それを手放すエネルギーを与えてくれるものです。あなたを留まらせているものから、解放してくれるのです。

半影月食は、完全食に比べるとエネルギーが若干マイルドになりますが、それでもパワフルな変容の時期をもたらしてくれることは、間違いありません。前回の月食も半影でしたが、それは昨年9月に起こりました。それから5か月弱経とうとしています。みなさんのサイクルは、いかがでしょうか。


・・・・

獅子座の満月のエネルギー

満月が獅子座で起こるというのは、パワフルな獅子座のエネルギーがフル充電されるということでもあります。このエネルギーは、あなたの道のりを強力にサポートします。

獅子座は勇気や自信、リーダーシップを司り、情熱的でクリエイティブな自己表現を可能にします。また内面的にはロマンチックさや優しさも表すエネルギーです。しかし同時に、月食のエネルギーも作用しますので、あなたの道のりの中で何かが突然終わりを告げることもあるかも知れません。もし何かを終わらせる必要があるのだとしたら、月食はその動きをサポートします。

今いる場所が、あなたの本当に望む場所でなかったり、考えていたのと違っているとしても、それは必要だからそうなっているだけで、途中経過であって、最終地点ではありません。人間から見ると月食は、まるで予定外の変化のように見えますが、天体の動きによって予めそうなると決められていたものです。

変化は起こるものです。けれども獅子座の満月のエネルギーから考えれば、その後はポジティブに変わっていきますから、安心してください。

天体のペンタグラム(五芒星)

今回の満月のホロスコープで面白いのは、射手座の土星、天秤座の木星、牡羊座の海王星が、獅子座の月、水瓶座の太陽とそれぞれ結ばれ、五芒星を形成することです。それぞれの天体の意味を読み解くよりも、まずこの配置だけで珍しく、ホロスコープの上にこれが現れるだけでラッキーだと言えるでしょう。

lu-ecl-le-2017-chart
via Collective Evolution

予期せぬことばかりの私たちの道のりも、実は惑星によって完全に配置されているのだと、そしてすべてはうまくいくと、まるで宇宙が教えてくれているようです。2017年のエネルギーが、幸運を保証するウインクを送ってくれているようです。