宇宙人に聞いた ”どうして人は激しい恋に落ちるのか、そこからどうやって立ち直るのか”

聞いたときはヘーって思ったので、記事にしてみました。激しい恋とは実際に何なのかという、エネルギー的な説明です。


誰にでも、心の傷があります。心の穴と言ってもいいでしょう。でも穴があっても、元からそういう形だと思える人もいれば、そうでない人もいます。

穴を抱える人は、その穴を埋めてくれるものを強く求めます。その穴が塞がっている時に、ようやく自分は満たされると思うからです。その時、その穴の中は自分を満たしてくれるエネルギーでいっぱいになるのです。

好きな人が出来たとしましょう。その人は、自分の穴を埋めてくれる存在だと感じ、とてつもない幸福感と充実感を抱くことが出来ます。

けれども実際にあなたがしているのは、その人を愛することで、自分が自分の穴を埋めるエネルギーを生産しているに過ぎません。愛する人が、まるで自分自身の一部のように感じるのは、そのためです。

本当に健康な人なら、自分の心地よさや快さを与えてくれるものを求めます。それが脳内の自然な報酬回路です。

けれども穴を抱える人は、そのようには向かいません。

穴は、痛みでできています。強い苦痛がある時に、それを緩和させるために生産される脳内麻薬のように、痛みに伴う一種の快感が、穴を抱える人たちの報酬系として機能します。彼らにとって、痛みと快感とは、まるでお気に入りの毛布のように居心地がよく感じてしまうのです。

けれども、実際、あなたが感じる快感や安心感は、あなたが自分の穴を埋めるために生産し続けているエネルギーに過ぎないことを知ってください。それは実体のないものです。そして実際は、相手もそこには関与していないのです。

あなたが愛する人に対する執着を断ち切りたいと感じるなら、その報酬系回路を変える必要があります。穴が埋まる快感ではなく、純粋に自分の感じる快感によって、あなたの魂や体、ハートが喜ぶような回路を新しく作りましょう。

今、あなたが手にしていることが、あなたの全てです。相手が今、自分の人生にいないなら、それはあなたが関わる必要のないことだからです。目の前に開かれている世界と、ただ向き合いましょう。あなたの全ての可能性と幸せの源は、そこにのみあります。


要するに、穴を埋めようと、自分が生産している快楽物質の問題に過ぎず、実は実体がないということです。その穴はブラックホールのようになっていて、快楽物質のエネルギーが星雲みたいになっているイメージでした。