ウェイショウワー(道を示す者)のためのマニフェスト

0 コメント

原題はウェイシーアー(wayseer:道を見る人)なんですけど、とてもパワフルで元気が出るので、アセンションで元気がなくなってしまったインディゴ反逆戦士かつ革命家のみなさんは、ぜひ読んでみましょう。


偉い人たちが間違ってると言うことは、実際は、君にとっては正しいことだ。

君は、他の人には見えないものが見える。君は世界を変えるためにやって来た。10人のうちの9人とは、気が合わない。それは権威を脅かす。君は生まれながらの革命家なんだ。

君はルールに耐えられない。なぜなら君のハートは、より良い道があることを知っているからだ。

君の強さは、偉い人たちを脅かす。彼らにとって君のその強さは、消し去りたいものだ。だからこれまでの人生で、その強さは欠点だと教えられてきたかも知れない。僕はそれは逆だと言うよ。

君の衝動こそが、君に与えられたギフトだ。それが奇跡を起こすカギなんだ。

君の気が散りやすいとしたら、それは君に備わるクリエイティビティの証拠だ。

君の気分が変わりやすいとしたら、それは生命の自然な鼓動だ。ハイな時はだれにも止められないエネルギーを、ローな時は深く魂に響く洞察を与えてくれる。

病気と診断されたって?それは社会の最新のやり方だ。自分たちの病を否定するために、君に後ろ指を指す。君が何かに依存しやすいとしたら、それは君の中に使われていない広大な能力があるって言うことだ。クリエイティブな自己表現や、スピリチュアルとのつながりについてね。

君がまるで抑制が効かなくても、君の目は理想に開かれ、純然たるマインドはオープンだ。誰かが君にそのことを伝えてきたかい?それは偉大な開拓者やヴィジョナリー(幻視者:ヴィジョンを見る人)、イノベーター、革命家、社会活動家、宇宙飛行士、一匹狼、哲学者、放浪者、フットボールスター、戦士たち、セレブリティー、予言者、聖者、神秘家たちが共通して持つ特徴なんだ。

僕らはみな同じだ。君も知ってるだろ?僕らはみな、”道”を求めているんだ。

君もハートでは気づいているだろ?それは生命の自然な在り方だって。人間が作ったルールや法律なんかが決して表現できない、孤高の何かがそこにはあるんだ。

その生命の自然な在り方こそが、”道”と呼ばれるものなんだ。

”道”は、宇宙の永遠の基盤だ。それは現在と言う時間と空間につながる。神の意志や聖なるスピリット、神聖な秩序、タオ、ライフフォースと呼ぶ人もいるだろう。

でも僕らはそれを、ただ”道”と呼ぶ。

”道”は、インスピレーションと情熱の源として、君の智慧、直感として、君の中にある。それはスピリチュアルな愛の炎だ。

”道”は、君の宇宙からカオスを取り去ってくれる。

”道”は、マインドの天才的な閃きとして、目に映る美しさとして、ハートの中の愛として、君の中に存在する。

多くの人は、”道”を直接感じることは出来ない。だからウェイショウワーたちが必要なんだ。ウェイショウワーは、言葉に出来ない直感で、”道”を知る。それは彼らの存在そのものなんだ。正しい答えがなぜ分かるのか、説明することなんか出来ない。自分の中心が、そう訴えかけるだけだ。マインドが、ただシンプルに”道”と共鳴する。

他の人がどれだけ目を背けても、社会がそれを無視しろと言っても、”道”は君の心をかき乱す。多くの人にとって、社会のプログラミングに反することは、認識すら出来ないんだ。でも君は違う。

君のマインドは、”道”に対して大きく開かれている。

それは不思議な遺伝子のせいなのか、神経物質のせいなのか、それとも君の魂の意志なのか。君のマインドには、検閲制度がない。君の意識は、潜在意識の渦巻く海に晒されている。そのドアを通じて、神聖な光が君の意識を照らし、君に”道”を示すだろう。

文明社会に暮らす90%の人たちは、脳の中に”道”に対するブロックがあるようだ。彼らは生まれたときから教え込まれてきた社会のプログラミングを疑わない。君と違って、彼らはプログラミングを破ることが出来ないのさ。彼らは革命の準備が、まだ出来てない。彼らのプログラムされたマインドは、社会の制度やルールを真面目に遂行する。社会には、人々が革命を起こさないように仕組まれたプログラムや競争が溢れている。権力構造やタブー、支配、固定観念、そうしたプロトコルは、人間を縛る牢獄だ。

大衆はその狂気を我慢できるだけでなく、自分たちに押し付けられていたとしても気にならない。彼らは社会のルールを強固に信じているので、それを乱そうとする人を破壊しようとするだろう。

ウェイショウワーとは、それはハッタリだと考える人たちだ。彼らのマインドは自由で、社会のプログラムなど気にしない。想像上のゲームに過ぎないと考える。代わりに彼らは、そのプログラムから逃げてくる人たちを、いつでも救う準備が出来ている。それはウェイショウワーたちの魂の呼び声だからだ。彼らは現実の本当の源とは何か、よく知っている。表面的な社会のしきたりなんて、人類が”道”とつながることに比べたら、彼らにとって、まるで意味のないことなんだ。

ウェイショウワーたちは、この神聖な真実に身を捧げる。

芸術や哲学、イノベーションや革命や発明、あらゆるクリエイティビティを通じて、それを表現する。
それはウェイショウワーとして、僕らの魂が聞く呼び声だ。

君は君のトライブを見つけたんだ。

ようこそ我が家へ。おかえり。


アセンションがある程度進むと、人間が穏やかで丸くなるので、反逆のスピリットを忘れてしまいますが、たまにこういうの読むといいですね。