海外掲示板で見るセイクリッド・サーキットリーの反応

以前ご紹介したセイクリッド・サーキットリーについて、実際に使ってみてどうだったか、英語圏最大の掲示板レディットとバシャール・フォーラムから意見を拾ってみました。


via Pinterest

まずはレディットから。

— しばらく前、と言っても1年以上前かな、バシャールがセイクリッド・サーキットリーっていうのを紹介してたの知ってる?15個のシンボルで出来てるやつなんだけど、やり方はシンプルに各シンボルとタイトルを1分ずつ、一日三回、三日間見つめると、脳を書き換えることが出来るっていうやつ。

僕は1か月くらいやってみたけど、特に変わったこともなかったんだよね。でももう一回やってみようかなと思ってる。

実際にやったっていう人、いる?

・・・・・・

— 私もやっぱり1年前くらいに始めた。一日三回、三日間の後は、好きな方法でやっていいんだよ。

私は自分の脳が書き換えられたって思う。考え方がよりクリアになったし、いろんなことがよく理解できるようになった。でも使い始めは、よく分からなかったけどね。

それから特定の目的に向けて使うようになった。人間関係をうまく行かせたいときは、10番目の「関連付ける(relate)」を使うし、シンクロニシティを増やしたいときは、8番目の「流す(flow)」を使う。コミュニケーションを上手にしたいときは「つなげる(connect)」を、現実化を早めたいときは「実現する(manifest)」を使ってるよ。リサーチをするときには「準備する(prepare)」が、複雑な問題を解決したいときは「解除する(unlock)」が効果があるみたい。

サーキットリーを使う前には、マインドをクリアにしてバランスのとれた状態にしておくことが大切なんだ。だから最初は順序通りに進める必要があるんだと思う。マインドが混乱してるとうまく行かないから、そういうときはバシャールが最初に説明した使い方通りに、順序に従って使うようにしてる。バランスが取れてるなら、どれでも好きなものから始めていいと思うよ。

自分の庭に石を並べてサーキットリーの模様を作ったっていう人の話も聞いたことある。

・・・

— 僕はここ数週間、毎晩やってるけど、ハイヤーマインドとつながるのを簡単にするツールだと思うよ。

Sacred Circuity – have you all worked with these? on Essassani – Reddit


次はバシャールフォーラムからの意見。

— セイクリッド・サーキットリーの瞑想をすると、クリエイティビティが向上するように思う。自分のアートワークの中でも、いくつかシンボルを使ったことがある。

・・・・・

— バシャールの説明では、シンボルは一種の知的生命体であるって言ってたけど、それは私にはすごく分かる気がする。セイクリッド・サーキットリーを使うとき、なんだかまるで自分がそのシンボルとコミュニケーションしてるような気がするんだ。シンボルが私のポータル的なものを開いてくれて、多次元的存在へつなげてくれる感じ。

効果を感じる上で大切なのは、自分で実際にやってみること。そうするとシンボルとつながって、自分の脳と意識の中で関係を築くことが出来る。

その関係を通じて、とても自然な宇宙の流れと自分を結ぶブリッジを構築することが出来るんだ。

すごく面白い効果だなと思うのは、見つめてると、そのシンボルが自分に何かとても重要なことを訴えかけているような感覚があること。自分の存在自体に作用してくる何かだ。そうすることで物事をより全体的に見ることが出来るようになる。

肉体的にも感じられる何かがあって、自分の頭の中にシンボルが残る気がするんだ。目を閉じてもイメージが感じらるようになるし、自分のバイブレーションが上昇するのが分かる。

だから絶対やってみた方がいいよ。

Sirian Sacred Circuitry on Bashar-forum


さすがバシャールフォーラム、意見が濃ゆいですね。

ちなみにセイクリッド・サーキットリーについての元記事は、こちらです。

バシャールの教える宇宙の”言葉” セイクリッド・サーキットリー

バシャールが教えるセイクリッド・サーキットリーがファースト・コンタクトを加速させる

・・・

さて、テッドトークで「ヨーロッパ中の古代洞窟遺跡で見つかるシンボルには、共通する32種類がある」というレクチャーを発見しました。

私なんか、いつも宇宙人のビデオばっかり見てますから、たまにこういうアカデミックな講義に触れるのは、意識の拡大にはもってこいです。

画面下の歯車アイコン(setting)→subtitlesでJapaneseを選ぶと、日本語字幕が出てきます。シンボルの不思議さと奥深さに惹かれる人は、ぜひ見てみましょう。