インディゴのためのセルフヘルプガイド

インディゴとしてこの世界に生まれると、それはそれは沢山のチャレンジが片っ端からやって来ます。インディゴにありがちな悩みをどう解決するか、いくつかのヒントを考えてみました。


1.自分が誰なのか、よくわからない

インディゴとして生まれてくると、一般的な基準からは大きく外れますので、自分が誰で、何なのか、よく分からなくなることがあります。特に現在は惑星的なエネルギーシフトが進んでいると言われ、これまでは普通だと思っていたことに、耐えられないほどの違和感を感じたり、居心地が悪くなると言う現象が起こる人がいるようです。

インディゴであることで、これまで沢山の苦労を経験してきたかも知れません。しかし断言しますが、あなたの中のインディゴ性は、貴重な財産であり、才能です。まだそれが実感できていなくても、これから徐々に理解できます。あなたの中に、いわゆる”普通”と少し違う部分があったとしても、それも大切な自分の特徴の一つだとして、受け入れてあげましょう。

・・・・

2.一体何をすればいいのか、困っている

あなたが自分がインディゴであるということに気付き、さてどうしたものかと悩んでいるなら、何より大事なのは、これからは自分の真実に従って行動し、発言することです。もうこれ以上、隠れているのは、こりごりですもんね。なんも悪いことしてないのに。

今のあなたに不必要な関係や、行き詰った状況があるなら、手放すことを考えましょう。

恐れていることがあるなら、それを克服する練習をしましょう。恐れなんて、所詮、エネルギーでしかありません。

あなたはインディゴとして、世界に新しい価値観を手渡すために、ここにやって来ました。新しい価値観というのは、あなたの中の真実として、すでに直感的に備わっているはずです。勇気を出して、自分自信を表現しましょう。
・・・・

3.誰も理解してくれなくて、孤独を感じる

インディゴの多くは、とにかくその辺の人と話が合いません。なぜ合わないのか、むしろ私が知りたいくらいです。生きている現実が違うとしか、言いようがありません。

しかし残念なお知らせですが、インディゴに孤独はつきものです。これは半分、あきらめましょう。インディゴじゃなくても、人はそれぞれ違いますから、完全に話の合う人を見つけるのは不可能です。ましてや私たちはインディゴですからね。

でもね、だからって誰とも仲良くなれない訳じゃないんですよ。私たちはみんな違うから、ちょっとずつ同じ部分を重ねていったり、違う部分から刺激を受け合ったりすることで、人間関係は豊かになるのです。

もし同じインディゴたちと情報を交換したかったら、インターネットで集まりを探してみてもいいでしょう。


・・・・

4.こんな世の中に生まれて、腹が立つ

インディゴたちは、子どものころから周りの人と相容れないどころか、みんなの考えていることが全くよく分からんという状況で育ちます。なぜ自分がマイノリティの座に陥らなくてはならないのかと、ふつふつと怒りが湧いてくることも多いでしょう。

怒りは、時として爆発的な原動力となります。けれどもそれは同時に、苦しみの種です。私たちにとって、いかに自分の怒りを手懐け、自分と相手に対する優しさに変えるかという点は、サバイバルの一つのカギとなります。

怒りを適切に表現することは、とても大切です。でも怒ってばかりいても仕方ないですから、そんな世の中相手にしなくとも、自分たちでより良い世界を作るぞ、くらいの気概を持ちましょう。

そして私たちには、それが出来ます。

・・・・

5.普通の生活が送りたい

これも残念ですが、半分、あきらめた者勝ちとも言えます。私たちは子どものころから異色の存在だったので、”普通”であることに、ないものねだりの憧れを感じることがあります。でも、自分じゃない人になろうと、一生懸命努力する必要なんかないんですよ。私たちは、自分でいる時が一番楽しいのです。

むしろこれだけいろんな人がいるのに、いわゆる”幸せな生活”の例がワンパターンしかないのも、不思議に思います。世間の刷り込みですよ。危ない危ない。


・・・・

6.変な能力がある

一般的にインディゴは、誰しも変な能力を備えているようです。内容は人によって様々ですが、私たち、みんなそうですから、特に気にしなくて大丈夫です。

変な能力は、予知とか占い的なことよりも、自分のエネルギーのバランスを整えたり、自分の成長にとって重要なガイダンスを受けるために使うと、めきめき発展します。
・・・・

7.どうやって世界を救ったらいいのか、分からない

世界を救うのは、何もスーパーマンみたいになる訳ではありません。あなたの身の回りから、世界は変わるのです。そしてあなたも世界の一部なら、あなた自身が救われることでも、世界は変わるのです。

インディゴの人たちは、くよくよ悩んでても始まらないですから、腹をくくって、自分の足で立ち上がりましょう。そしてあなたの中の自由と真実を、勇気を出して表現しましょう。それが私たちの何より大切なミッションです。

どうか自信を持ってください。
・・・・

8.自分の才能をどう生かしたらいいか、分からない

まずは自分の得意なことや、好きなことから始めましょう。いくつか思い当たるでしょうから、リストアップしてみてもいいですね。インディゴの大きな特徴として、クリエイティビティや芸術センスに恵まれていたり、自然や動物、子どもとの触れ合いが上手だったりします。

コンテンツを消費するよりは、そこから何かを創り出したり、いろいろ組み合わせてみたり、新しいアイデアを考えることに時間を使ってみるとよいでしょう。

インディゴの特徴として、いつもヴィジョンだけは大掛かりになるので、世界の変化に貢献しなきゃと思って慌てる必要はないんですよ。いつだって変化は、身の回りから始まります。あなたの毎日の生活で、自分らしく、楽しく生きる方法を、まずは考えてみるといいと思います。やりたかったことがあったら、どんどん始めましょう。

今は小さなことでも、それが必ず大きな結果を生み出します。


私個人的には、インディゴとかスターシードと言うのは、特に良いいことでも悪いことでもなく、自分の中からグングンせりあがって来る、否定しようにも出来ない変な部分というか、もはや気にも留めないですけど、途中はやっぱり、自分は誰で、どうしたらいいのか途方に暮れるような、苦しい時がありました。

自分の傾向として把握しつつも、あんまり気にせず、自分らしく生きることが、何より大事だと思います。