ライフパーパスを見つける上で、よくある6つの誤解

わくわくすることに従って、ライフパーパスを探すぞと思っても、意外と探すのが難しかったりします。ライフパーパスという言葉は、誤解されがちだからなんですね。どんな誤解がよくあって、どのように向き合うべきなのか、考えてみましょう。


ライフパーパスを見つける上で、よくある6つの誤解
1.ライフパーパスは、職業である

ライフパーパスは、一見職業ぽいんですけど、それとはさほど関係ありません。

あえて職業と関係ないという表現を使いますが、ライフパーパスを仕事にしている人たちは、たまたまその人のライフパーパスを仕事に反映させたのであって、本来的には職業とは関係ないのです。

例えば動物が好きで、動物とのふれあいが好きだから、それを仕事にしたいとしましょう。獣医、牧場、水族館、ペットショップ、トリマーなど、動物に関する職業は沢山あります。でも特に職業に就かなくても、自分でペットを飼ったり、街で見かけた動物と仲良くなることも出来ます。

動物のエネルギーとつながることで地球を癒すのが、ライフパーパスの一つなんでしょうね。

また、なんで自分は動物が好きなのか考えたときに、動物とふれあう時にすごく優しい気持ちになるからという理由があったとします。でもそうした優しい気持ちを味わうためには、きっと動物だけじゃなく、他にも何か見つかるかも知れませんね。

そういう人は、優しい気持ちを誰かとシェアするために生まれてきたとも言えるのです。

魂の話って言うのは、どうも私たちが考える以上に規模が大きいというか、ある意味、ガバガバと言うか、ですから大きな目で見るライフパーパスとは、必ずしも職業と結びつくものではありません。

・・・・・・・・

2.誰にでもたった一つのライフパーパスがある

ライフパーパスは誰もが数多く持ち、全部がいっぺんに明らかになる訳ではありません。成長する中で、また自分の道を探す上で、順番に手渡されるものです。10歳の時のライフパーパスと、50歳の時のライフパーパスは、違って見えて当然です。

ライフパーパスが見つからないと思う人でも、これまでの人生で知らず知らずのうちに見つけ、それを果たしてきたと思いますよ。

・・・・・・・・

3.ライフパーパスは、急に見つかる

まるで電撃に打たれたように、「ああ!これが自分のライフパーパスか!」と気づくこともありますが、それは稀です。どちらかと言うと、人生の旅路を進む上で、進路を変え、二転三転し、疑問に思いつつも、じわじわと浮かび上がってくるものです。もちろん本当に分かるには、時間がかかります。

スピリチュアルの成長はなんでもそうですけど、一足飛びに目的地に着く必要もなく、悩みつつ、のんびりマイペースでも、きちんと辿り着けるようになっています。心配しなくて大丈夫です。

・・・・・・・・

4.ライフパーパスは、明確なものだ

人生にはさまざまな側面がありますから、ライフパーパスにも、家庭で果たすもの、職場で果たすもの、人としてのものなど、いろいろあります。人間的には、もっとはっきりしてくれた方がありがたいんですけどね。私たちは多次元的存在ですから、そうもいかないようです。

最終的にライフパーパスは、自分の生き方そのものだったりします。分かりにくいわー、って人は、仕事や家庭、プライベート、趣味など、各ジャンルで自分が充実を感じることをリストアップしてみるといいですよ。

・・・・・・・

5.ライフパーパスが見つからないと、人生は充実しない

ライフパーパスを見つけ、充実した人生を送りたいと思っている人は、今まで自分が助けた人たちや、幸せにしてきた人たちのことを考えてみてください。彼らを支えることが、あなたのライフパーパスの一つだったんでしょうね。とても素晴らしい任務です。

逆に言えば、あなたがこれまで充実を感じた瞬間、あなたはライフパーパスを一つ果たしたとも言えます。

むしろ自分の身の回りを見回してみると、小さな喜びとか充実を感じる瞬間が誰でもあると思います。その感情を経験することが、あなたのライフパーパスの一つだったんですよ。

いわゆる目標や職業としてのライフパーパスを探す際に、自分の好きなことや、喜びを感じることを探すと良いと言われるのは、そのためです。

・・・・・・・・

6.ライフパーパスとは、何かの行動と関係する

ライフパーパスとは、仕事や職業、誰かの役に立つことなど、特定の行為と結びつけて考えられがちですが、ライフパーパスとは何か素晴らしい特別な使命のようなものかと言うと、そうでもありません。ただ、あなたとして存在するということも、とても重要なライフパーパスです。じゃなかったら、他の人に生まれてくるはずですからね。あなたとして生まれてきたからには、あなたらしく存在することで、ライフパーパスは一つ満たされるのです。


一つ言えるのは、自分がライフパーパスじゃなかろうかって思うことがあったら、それは確実にそうだと言うことです。

あと得意なことがあったら、それも確実にライフパーパスにつながります。人生とはよくできているもので、知る必要があることは、既になんとなく自分で気付くものみたいです。

ちなみに私のライフパーパスの一つは、毎日のんきに暮らすことです。地球の平和に役立つと考えています。