アセンションのタイムラインに乗り遅れたかも?原因と対策

アセンションが起きない、または起きる速度が遅いと感じる場合の原因と対策を考えてみました。


アセンションは起きているのか

そもそもアセンションが本当に起きているのかどうか、誰にでも分かる公平な証拠は、残念ながらないんですよね。だから実際に起きているのかどうか、確実なことは言えません。けれども世間で言われていることと、自分に起きてることが、どうもぴったり合いすぎるってところから、徐々に話が伝わっていったんでしょうね。起きている人には、起きている。そんな、なんとも不思議な話です。

そんな中、いずれ全員アセンションするという説もあれば、目覚める人とそうでない人でタイムラインが分かれてしまうという説もありますから、自分に起きてないと、ちょっと不安になっちゃいます。

アセンションのタイムラインに乗り遅れたと感じる場合、パターンとして考えられるのは、少し起きたけど、そこから進まないか、最初から何も起きていないか、どちらかだと思います。

その原因と対策について考えてみました。

・・・・・・・・

タイムラインに乗り遅れたと感じる場合の原因と対策
1.変化の真っただ中にいて、結果が見えにくい

実は変化の中にいるのですが、その真っ最中にいると、実際に起きていることが見えにくいことがあります。アセンションの変化は決して右肩上がりではなく、段階を追って、時にはアップダウンを経ながら進むもので、そのスピードも一定ではありません。また一般的にヴォイド(空)と呼ばれる期間があり、ヴォイドに入ると何も起きずに停滞しているような気分になります。

変化は波のように寄せては返し、徐々に潮が満ちていくものです。時には、後戻りしているように見えることすらあります。それも次の大きなジャンプの助走段階と思って、気楽に過ごしましょう。
・・・

2.変化が起きるのが、実はちょっと怖い

未知の領域に進むのは、たとえそれが良いことであれ、多少のストレスを感じるものです。心の中でネクストステージへの扉が開かれたように思っても、一歩足を踏み出すのをためらってしまうことは誰にだってあります。

自分のコントラクトやミッションを果たすまで、ガイドたちは手を変え品を変えて、何度も挑戦させると言われています。進むべき道ならば、ほうっておいても進むことになりますから、リラックスして様子を見ましょう。
・・・

3.自分の実力を、きちんと信じていない

アセンションのタイムラインに乗るために一番確実なのは、自分で行動することです。

基本的に、人生でうまくいかないことや、不満な状況があったり、ネガティブな感情を感じることがあったら、相手や環境ではなく、自分の考え方を変えることで、万事順調に進んでいきます。自分には幸せな現実を作り出す力があると、100%信じましょう。


・・・

4.変化させるべき部分があるのに、気付いていない

意外なことかも知れませんが、何か不満がある時に、世の中はこういうものだから仕方ないと考えてしまうと、アセンションの速度は停滞します。

もちろん柔軟に受け入れることも大切なんですが、どうして自分は不満を感じるのか、原因を追求していくと、根っこに自分の思い込みが見つかります。そこを論破していきましょう。ネガティブな感情が減ると、アセンションは爆速になります。
・・・

5.ちゃんと変化が起きているのに、気付かない

アセンションとは、身の回りの変化に端をなす自分の内面の変化、ひいては大きな世界の変化です。その効果はあなたを中心として、じわじわ周りに伝わって行きます。

たとえば環境の変化を真っ先に気にしてしまうと、順番が逆というか、自分に起きた変化に気付けないこともありますし、サイキック能力開花などの特殊な経験が、大きな変化に先立つのか、後から来るのかも、人ぞれぞれです。

一旦アセンションが始まると、最初はすっごい地味だった変化が、だんだん派手になりますから、期待して待ちましょう。


ぱっと見、タイムラインの先にいる人と遅れた人がいるように見えるかも知れませんが、そう見えるだけで、実際は全然そうではありません。変化は、その人のスピードで進みます。

ごはんを食べるのが早い人と、遅い人がいて、何の問題もないのと一緒です。ひょっとしたら、早食いはよくないかも知れないですしね。焦ったり、自分を疑う必要はありません。

結論から言って、変化の速度はゆっくりだとしても、一旦始まれば止まることはありませんから、リラックスして待ちましょう。

まったく、ぴくりとも起きないという人は、次の記事をどうぞ。

関連記事: スピリチュアル・アウェイクニングを引き起こすもの