幸福な人が幸福である15の習慣

幸福とは、意識的に幸福を選択する習慣から作られます。


幸福になるためには、満たすべき必要条件があるように思えますが、それは多くの場合、実は気のせいです。同じことが起きても嬉しいと感じる時と、そうでない時があるように、幸福とは、それを決めるあなたの心が大きく左右するものだからです。

自分を幸福だと思う人に聞いてみると、必ずと言っていいほど、彼らは幸福でいるための自分なりのスキルや習慣を持っています。彼らはどのようなことを実践しているのでしょうか。

・・・・・

幸福な人が幸福である15の習慣

1.人に優しくする

幸福な人は、人に優しく接する時、自分の心も優しくなることを知っています。優しい気持ちは分け合うことで膨らみますからね。そして他人にはもちろん、自分にも優しく接することを忘れません。

2.感謝する

幸福な人は、今自分が手にしているものに、感謝する気持ちを忘れません。感謝とは愛の爆弾であり、誰かや何かに感謝することで自分も嬉しくなるということを、彼らは知っています。

3.夢を持つ

幸福な人は、小さくても大きくても、自分の心をふくらませてくれる夢を持ちます。夢を思い描いて、定期的にわくわくすることも欠かしません。

4.自分の問題を成長へのステップだと考える

幸福な人は、人生で何か問題が起きても、それを自分の成長のステップだと前向きに考えます。そこに学ぶべきレッスンを探します。ただでは転びませんよ。

5.言い訳しない

幸福な人は、自分の人生に言い訳をしません。変えたいなら、自分で変えられると知っているからです。ですから人のことも責めません。

6.ミニマルに生きる

幸福な人は、自分を満足させるために必要以上のモノを必要としません。幸福を自分の外側に求めると、いつまでたっても満足できないと知っているからです。

7.誠実である

幸福な人は、自分にも他人にも誠実でいようと心がけています。誠実さにこだわるあまり誰かを傷つけるようなことはしませんが、ありのままでいることが、なんだかんだ良好な関係への最短距離だと知っています。

8.気分のリズムを理解する

幸福な人だって、時には落ち込むこともあります。けれども彼らが幸福なのは、自分の気分のリズムを理解し、それをうまく乗りこなすことを知っているからです。

9.自分を優先する

幸福な人は、誰かのために自分を犠牲にしません。自己犠牲は一見美しいようで、最終的には問題の火種にしかならないと知っているからです。

10.他人と自分を比べない

幸福な人は、自分と誰かを比べたりしません。全ての人は、ベストの自分になるべく生きているという点で全員平等ですし、他人の人生を生きようとするのは意味のないことだと知っています。

11.自分をありのままに受け入れる

幸福な人は、長所も短所も、見た目も年齢も、自分をありのままに受け入れることを知っています。自分を好きじゃなかったら、人生全体を損なってしまいますからね。

12.間違いを恐れない

幸福な人は、間違いも恐れません。失敗は途中の通過点でしかなく、わざわざ失敗しないと分からないこともあると、ポジティブに考えることが出来るのです。もちろん自分を責めたりもしませんよ。間違いは学びのために、あえて人生に配置されていると開き直ります。

13.嫌なことは考えない

幸福な人は、ネガティブな気持ちになることに、わざわざ頭を使いません。怒り、悲しみ、否定、不安、心配など、何でもそうなんですけど、考えないというのは、幸福な人生を手にする上で、とても高度かつ必須のスキルです。

14.自分が変わることを恐れない

幸福な人は、何かがうまくいかない場合、周囲や他人を変えようとするのではなく、自分が変わることを恐れません。自分にこだわっていつまでも困難に陥るよりは、あっさり手放して幸福な変化を選ぶことが出来ます。

15.人生を楽しむマスターとなる

幸福な人は、毎日の生活の中での小さなことを楽しむマスターです。忙しい中でも時間を見つけ、自分の好きなことに情熱を傾けたり、好きな人と一緒に過ごしたり、自然の美しさに感動したり、些細な出来事を楽しむスキルに長けています。その瞬間はアタマを空っぽにして、単純に楽しむことに身を任すのも、幸福な人がいつも幸福である特徴の一つです。


幸福と言うのは、何かを追い求め、それを満たすことで生じる気持ちよりも、自分が自分でいることへの充実感や、自分のハートと一緒にいる安心感という性質の方が強いように思いますね。

あなたは、いくつあてはまりましたか?