直感からサイキックへ あなたの直感を開発しよう

これを読んでいる人の中には、直感の鋭い人も沢山いると思います。でも自分はサイキックだと言う人は、きっと少ないですよね。なぜでしょう。

サイキック能力に対する特別視

自分のことを直感的だと思っていても、サイキックだと思う人は少ないのではないでしょうか。多くの人が、サイキックとは魔法のように特別な現象だと信じているはずです。それは映画やTVの影響かも知れませんし、サイキックという言葉の特別さが原因なのかも知れません。サイキックはタブーであり、幽霊や超常現象などと関係する気味の悪いものだと考えられたリ、もしくは特別な人だけが持つことが出来る能力だと考えられがちです。映画の中のサイキックみたいには、とてもじゃないけど、なれそうもないですからね。

ですから、直感的であっても、サイキックではないと多くの人が考えるのも無理はありません。けれども直感的な人は、「なんで自分は分かったんだろう?」という奇妙な瞬間が、少なからずあるはずです。普通なら、ただの偶然と片付けてしまいます。自分はサイキックではないから、と。

でも、なんでそう思うんでしょうか。その偶然を越えて、おどろくべき直感を常に得られる可能性について、考えてみましょう。

・・・・・・・・

訓練で能力を発達させる

一般的に、サイキックは生まれつき能力がある程度発達し、それを自由に使うことの出来る人や、訓練で能力を使うことが出来るようになった人のことを言います。彼らは自分の直感をうまく働かせる方法を知り、学習と訓練によって、サイキックメッセージを伝えられるようになったり、そのメッセージを役立つ情報ソースとして使うことが出来ます。

けれども全てのサイキック能力の源は、元をたどれば直感から来ています。ですから、直感の力を望むまま自由に操れるようになれば、それはすなわちサイキック能力の開花と言えるのです。

・・・・・・・・・・

サイキック能力と直感の関係

サイキック能力とは、以下のような能力を指します。

  • 直感をコントロール出来る
  • 直感的メッセージを、きちんと意味の通る形で、細かな情報と共に伝えることが出来る
  • 素朴な直感的気付きを、直感のガイダンスとして使う方法を学ぶことで発達する
  • 直感の働き方を知り、そこから有益な情報を引き出すことが出来る
  • 直感を”翻訳”し、情報として誰かに提供出来る
  • 受け取るスキルを練習することで、それを実用に値するまで向上させる

サイキックであるということは、トレーニングの結果、直感をうまくコントロール下に入れることが出来た結果なのです。

彼らはは詳細で正確な情報を提供できますが、その情報を受け取る方法は、私たちが直感を受け取る方法と同じです。

つまり直感の鋭い人なら、サイキックになりうるのです。

How To Go From Intuitive To Psychic


アセンションでサイキック能力が開花するって、みんな言ってますから、どうせならいろいろやってみた方が、楽しいと思います。