エリック君が語る ”シフトについて”

2012年に出された短い記事なんですけど、今の状況を言い表しているようで興味深いです。

母: ブログメンバーの一人からの質問で、シフトについて聞きたいそうなんだけど。シフトっていうのは、別次元にフォーカスすることなのか、それとも現実に起きる話なの?恐れに基づく考えにフォーカスする人もいれば、愛に基づく考えにフォーカスする人もいるだろうから、二極化した思考が別々の現実を作って、別れるみたいなこと?

エリック: その通り。世界はもっとよくなるよ、ママ。

母: それはよかったわ。もっと良くなってもらわないと困るもんね。シフトが起きる時、私たちはまだ肉体を持っているの?

エリック: うん。三次元はまだそこにあるし、それは変わらないよ。ただ僕らは3次元を超えたマインドとキャパシティーを使えるようになるんだ。

母: 私たちは、エリックが今いる次元と同じ次元に入るってこと?

エリック: そうなったらいいけどね。

母: 違うの?

エリック: いくらか被る部分はあるかも知れないけど、100%僕と同じ次元に入ることはないよ。エネルギーの性質的にね。肉体を持つってことは、その点では低いエネルギーを必要とするってことだからね。でもテレパシーとか、テレキネシスみたいなスキルは使えるようになるよ。テレパシー能力が発達すれば、僕らともっとクリアにコミュニケーションできるようになるんだ。

母: じゃあ恐れに基づく次元はどうなるの?

エリック: 彼らのしていることは、自己破壊だよね。

More On The Shift (And Yes, Santa Claus)


この記事が書かれた2012年には、アセンション(シフト)の結果、肉体が無くなって、新しい地球に行く的な話もあったのですが、今、彼らの会話を読んでみると、2016年最新の潮流により近い内容に感じられます。

世界が二つに別れ行くと言うのは、バシャールが言ってたのと同じですし、私たちがよりサイキックになって行くと言うのは、ジョン・ホランドの話とつながります。

本当に、このままみんな、どうなっちゃうのかなと思うとドキドキしますけど、きっと世界はより良くなって行くんでしょう。まずは身の回りの小さな世界が良くなって、徐々に大きな世界に波及するのか、それとも大きな出来事がドーンとやって来るのか。両方な気がしますね。