2016年アセンション予報 12月18日付 アルクトゥルス星人 ”クリスマスのより深い意味を考えてください”

「親愛なる人たち、クリスマスのより深い意味を考えてください。単に2000年前に起きた出来事を祝うのではなく、あなたの個人的な経験としてです}


クリスマスのもたらすメッセージ

ジーザス/ヨシュアは、2000年前にこの世に生まれた時、既にアセンデッド・マスターでした。彼の意図は、幻想の世界に真実と光をもたらすことでした。

当時、彼の教えの深さを理解する人は稀でした。当時の人々はまだスピリチュアル的な進化を遂げておらず、彼の教える真実を完全に理解することは出来ませんでした。代わりに、彼を神として崇め奉ったのです。進化していない3次元の意識では、彼を神のメッセンジャーとし、聖なる者と俗なる者という分断を作りました。

そのメッセージの真の意味を理解することなく、崇拝は始まりました。彼の教えは、誰もが実現できる、ごくシンプルなものだということは無視され、大衆はあたかも目覚めままの状態にい続けることを選んでいるかのようでした。メッセンジャーである彼の崇拝は今日に至るまで続いていますが、メッセージの真の意味は伝わっていません。

・・・・・・

クリスマスの本当の意味

真実というものは、常に個人の価値観を脅かします。現状がどれほど痛ましく、人生がどれほど抑圧されていても、ただ現状を維持したいがために、彼らへの抵抗は恐れや、時として暴力へと現れたのです。

今、世界はこの事実を目にしています。高次のエネルギーが地球に注がれ、意識が広がるにつれ、二元論と分断によって支えられた幻想は揺らぎ、それによって恩恵を被っていた人たちの怒りを呼び起こしています。

世界は、スピリチュアルな宇宙であり、個人個人の意識に従って、それは経験されます。善悪という分断に侵された価値観を持つ人たちは、ワンネスの意識を持つ人に比べると、ずっと困難に満ちた世界を経験しています。

神聖さとは人間の真実の姿であり、スピリチュアルな準備が整えば、個人の内面においてキリスト意識が生まれます。

よく知られたクリスマスのストーリーは、スピリチュアルな意識を物質的な出来事として翻案したものです。

キリストが生まれた厩は、とても粗末で、ともすれば貧しさを象徴するように思いますが、これは雑然とした3次元的世界ににキリスト意識がもたらされることを意味しています。

キリストの父母、ヨセフとマリアは、ベツレヘムの町の宿に泊まろうとしましたが、あいにく宿は満室でした。そこで厩を一晩借りることになったのです。これはキリスト意識は、偽の価値観に満ちた世界から自由な場所に生まれることを意味します。

処女マリアは、キリスト意識を生み出す純粋な創造を表します。ジョセフは愛すべき、パワフルな予見者です。神聖なる女性性と男性性を表す二人は、完全なる統一のエネルギーを表します。

神の使いからキリスト降誕の知らせを受けて、贈り物をもってやって来た三人の賢者たちは、アセションした光の存在です。キリスト意識の誕生を目撃するために、はるか彼方からやって来ました。

神の使いは羊飼いたちのもとにも現れます。キリスト意識は、特定の人種や国籍、性別に関わりなく、ありとあらゆる人々の中にもたらされることを意味しています。

生まれたばかりのキリスト意識は、まだ傷つきやすく、成熟するまでに時間が必要でした。”幼子”は、安全な時が来るまで大切に守られなければならないのです。完全に発達したキリスト意識は、恐れを持ちません。それは自分自身が誰であるかを知り、どの瞬間も、無条件の愛として生きるからです。そして今、その時が訪れようとしています。
 


 

・・・・・・・・・・

クリスマスはあなたの物語でもあります

クリスマスの物語は、あなたの物語です。今、あなたが生きている3次元での世界から、本当のあなたという存在になるための物語。どこかの時点で、あなたにもパーソナルなクリスマスが訪れるかも知れませんね。

それはあなたが本当のあなた、あなたの中のキリスト意識に目覚める時です。

3次元の世界では、クリスマスの意味は社会や文化、伝統、宗教的教義によって異なります。誰もが自分の意識を通じて、世界と共鳴し、そこから意味を作り上げています。既存のクリスマスに共鳴する部分がなくなったとしても、驚きではありません。

家族愛を謳う宣伝、感情的なプロモーションや音楽は、かつてほどの興奮を与えなくなっているかも知れません。それはあなたの意識が、もはやそことは共鳴しなくなったからです。クリスマススピリットを失ったわけではありません。あなたのスピリットは、クリスマスシーズンの物質的側面を越えて大きく成長したと言うことです。

広告や宣伝は、クリスマスにプレゼント交換をしなかったり、パーティをしないことはまるで罪だと言わんばかりです。愛されるためには、モノを買いなさいと伝えてきます。

もしあなたがそんな宣伝にプレッシャーを感じるようであれば、自分の価値観をよくチェックしてみてください。自分で自分を罪深いと感じてしまうようなものを、どうして信じているのでしょうか。

喜びは、スピリチュアルな存在としての、あなたの生まれ持つ権利です。パーティーや教会でのミサや、プレゼント交換、クリスマス音楽などは、古い形で表現された無条件の愛と言えるでしょう。この時期にあなたが誰かに与えられる最大のお祝いは、真のアイデンティティを認めることです。

誰もが神聖な存在だと認めること。それは無意識的、意識的に関わらず、やがてあなたの世界の中で統合され、あなたが向かうどんな場所にも祝福をもたらします。それはあなたの中にキリスト意識が誕生したとういことに他ならず、光の存在たちが、それを祝福するためにはるか彼方からあなたを訪れるでしょう。

物質ではなく、スピリチュアルな気づきを、あなたへの贈り物とします。本当のクリスマスの喜びを味わってください。