イントロバート(内向的な人)のためのホリデーサバイバルガイド

年末年始のパーティーシーズンは、イントロバートにとって苦痛の種ですから、なんとか上手に乗り切れるよう、作戦を立てておきましょう。

1.着心地のよい服でお出かけする

着ている服が気分に影響することはよくあります。パーティですからおしゃれするのはよいのですが、慣れない場所で、しかも着心地のよくない服装だと、余分に疲れます。お洒落をする場合でも着心地の良さを一番に優先すると、心の余裕と自信が生まれます。

2.アルコールを飲みすぎない

少々のアルコールなら気分が大きくなって、いつもより活発になれるかも知れませんが、慣れない場所で飲むアルコールは、たいがいコントロール不能に陥ります。肉体的な二日酔いだけでなく、精神的な二日酔いにも陥る可能性大ですから、なるべく控えましょう。別にここで飲まなくても、もっと落ち着ける場所で、落ち着ける人と飲めばいいんですから。

3.ブレイクを頻繁にとる

ハッピーな気分で健康的なパーティーを過ごすためには、エネルギーチャージを忘れずにしましょう。にぎやかなパーティーの場に、ずっとい続けなくてはいけない訳ではありません。定期的に休憩を取って静かな場所で一人になり、深呼吸をしましょう。あなたが健康的に過ごせることが最優先。周りに合わせる必要なんて、ありません。グラウンディング、センタリングが出来たら、もう一度、気合で現場に戻りましょう。
 


 

4.自分自身でいよう。(少なくともトライしてみよう)

何も周りに合わせずとも、自分自身のままでいれるようトライしてみましょう。自分にとってちゃんと意味があったり、興味のあると思える話題にのみ参加しましょう。イントロバートは、深いコミュニケーションに意味を見出すので、内容の薄い軽い会話が苦手です。そうした話題の時は、周りの人を観察するに留め、無理矢理楽しそうなふりをするのはやめましょう。いいのいいの。楽しくないんだから。楽しい会話が出来る人と話せばいいんです。

5.ピンチの前に、脱出作戦を実行しよう

ブレイクを頻繁に取ったとしても、どうも気分がすぐれない時は、おいとまの時間だと思いましょう。自分のリミットを少しずつ広げてみるべく、あなたは十分頑張りました。あなたの気持ちは、伝わっているはずです。(少なくとも、私には伝わります)パーティの主催者に感謝の挨拶をしたら、超特急で帰りましょう。夜はまだ長いですから、家に帰ったらゆっくり自分の時間を取って、心と体を休めましょう。

An Introvert’s Survival Guide To The Holiday Party


シンプルですけど、これは選りすぐりの必勝法だと思います。