アニマルコミュニケーションの基本5ステップ

動物と話せたら楽しいだろうなと、誰もが思いますよね。既に誰もが動物とコミュニケーションしているのですが、コミュニケーションの形が人間とは異なるために、多くの場合、気付きにくいのだと思います。

動物と人間のコミュニケーションの違い

コミュニケーションにおける大きな違いは、動物は人間のように言葉を話さない点、さらにマインドの構造が人間とは異なる点です。もちろん動物にも心がありますし、彼らの”言葉”もありますが、おそらく多くの人が思うものとはまったく種類が違うため、人間と同じレベルのコミュニケーションを求めると、なかなかうまくいきません。

やり方としてはチャネリングと同じように、相手のエネルギー、もしくはハートにチューニングしていくのですが、ポイントは考えるのではなく、感じることです。

・・・・・・

アニマルコミュニケーションの基本の5ステップ
1.自分の心をクリアにする

どんなチャネリングでも同じですが、最初は自分の心をクリアにしておく必要があります。やり方は深呼吸でもいいですし、瞑想でもいいです。リラックスして余分な力を抜き、心を静めます。

2.相手のハートにチューニングする

自分の心が落ち着いたら、相手のハートにフォーカスします。チャネリングについても同様のことが言えるのですが、相手を呼び出した方がしっくり来る人と、相手のエネルギーを自分に下ろしたり、入り込んだ方がしっくり来る人がいます。前者はチャネラータイプで、後者はシャーマン/サイキック/エンパスタイプと言えます。

ハートにフォーカスするには、自分のハートを開いて、相手のハートとダイレクトに光のチューブでつながっているところをイメージしてもいいですし、相手のエネルギーを引き込んできて、自分に下ろしてもいいと思います。

ちなみに相手を目の前にしても、写真でも、思い浮かべるだけでも、手順は同じになります。
 


 

3.質問する

動物とのコミュニケーションでは、質問はシンプルな方がうまくいきます。最初分かりやすいのは、「今、どんな気持ち?」という質問です。気持ちは直接ハートに現れるからです。その次に分かりやすいのが、「何か伝えたいことある?」です。後は、好きなことや嫌いなことを聞くのもいいと思います。動物は今に生きる存在なので、今に関係する質問がコミュニケーションしやすいです。

4.感じる

ステップ2の段階で、上手くハートに繋がれた人は、その場で動物の気持ちが自分に入って来ると思います。心に思い浮かんだイメージや言葉があったら、それが彼らからの答えです。それほど具体的なものでなくても、最初は感覚として心に感じることもあります。嬉しい感覚、満ち足りた感覚、愛情などとして感じます。

動物の場合、自分の思いと全然別の答えが返って来ることも多いです。でもそれが彼らのコミュニケーションみたいです。ですから、まずは出来るだけ自分をクリアにしておき、何の期待も持たないことが大事です。その分、彼らから感じたことがあれば、それを信じてください。

もし何も感じないようであれば、もう一度ステップ1からやってみましょう。

5.感謝する

コミュニケーションが終わったら、感謝と愛を伝えましょう。あとは練習あるのみです。


動物とのコミュニケーションを上達させるには、動物ならではの特性を理解する必要があります。彼らは本当にシンプルな感情で出来ているので、人間並みの反応を期待すると、なかなかうまく行きません。

これに対して、スピリットアニマルやメッセンジャーアニマルとのコミュニケーションはメッセージ中心になりますので、いろいろな気付きを得ることが出来ます。彼らとのコミュニケーションは、ハートを通じた感情と言うより、もっと直感的なものとしてやって来ます。

いずれにしても、その時に自分の中に感じたものを信じることが大切です。