水星の逆行とDo’s and Don’ts 傾向と対策

占星術的に、様々なハプニングをもたらすと言われれる水星の逆行。2016年12月19日から始まる期間は、来年1月8日まで続きます。

水星の逆行の仕組み

水星の逆行とは、占星学上の表現で、水星の軌道が逆行しているように見える現象です。これは水星と地球と言う二つの惑星の太陽公転軌道の大きさやスピードの違いから起きます。

太陽系の惑星は、太陽の周りを反時計回りに公転しています。上の図は、中央の黄色い点が太陽、その外側に水星と地球が並んでいます。上記の並びにある時、地球と水星はほぼ直線上に並んでいます。

水星の方が公転軌道が小さいので、地球より回転のスピードが速くなります。上記の時点では、直列していた時と比べると、水星が少し右のほうにずれて見えるのが分かりますね。

地球がゆっくり動いている一方、水星のスピードは速いですから、先に一周してしまいます。上記の図は、周回遅れの地球に、後ろから水星が迫ってきている状態です。この時点の水星は、地球から見て若干左側の位置に見えています。

地球から見て水星が、直列→右にずれる→左にずれる、と移動して見える様子が、逆行と言われる現象になります。

※なお、アイキャッチ画像、上記画像共に、以下の番組から引用しています。

Mercury Retrograde, Explained Without Astrology

・・・・・・・・

占星術における水星の逆行

占星術において、水星はコミュニケーションや旅行、技術を司る星です。その逆行期間には、これらの事柄に関することが、混乱すると思ってください。

さらに水星の逆行期間自体は3週間ほど続きますが、その前後に、シャドウ・ピリオドと呼ばれる潜行期間があります。水星の逆行期間の前後、2週間程度、その影響を受けると言われる期間です。

さて、この期間、私たちはどのように過ごせばよいのでしょうか。

ポイントとしては、この期間に新しいことを始めないこと。これまでのことを振り返り、リピートすることに重点を置いた方が良いでしょう。終わっていない仕事を片付けるための時間と考え、有効に使いましょう。逆行期間は、前に進もうとするよりも、むしろ逆行に乗った方がスムーズにいくのです。古い友人と会ったり、かつての記憶を辿ることで、自分の歩んできた道を確かめ、今後に生かすヒントを考えましょう。
 


 
・・・・・・・・

こんなことに気を付けよう:

1. 契約書や法的書類などは、サインする前によくチェックすること

2.話をする前にはひと呼吸おいて、必要があれば頭の中でよく整理してから話すこと

3.emailや書類は、送る前に必ず読み返すこと

4.重要な手紙や荷物を送る時は、保険を掛けたり、追跡サービスを利用すること。コミュニケーションの星・水星は、郵便や物流なども司ります。

5.車や自転車は、よくチューニングし、パンクなどに備えたエマージェンシーキットを積んでおくこと。

6.旅行やお出かけの際は、早めに家を出ること。水星の逆行は、交通の混乱ももたらすことがあります。

7.新しいことを始める前に、まず現状を見直すこと。

8.古い友人と集まったり、かつての恋人との再会があるかも知れません。そのようなハプニングの可能性に備えましょう。

9. センチメンタルになって、あなたのルーツと思い出に、コネクトしましょう。傷を癒し、自分を愛し、頑張っていることを褒めてあげましょう。

10.許しを実践しましょう。解決しないことは、終わらせ、手放すこと。

11.予定の日時、計画、約束、予約などは、全てよく確かめること。

12.水星の逆行が始まる前に(既に始まっていたら、一刻も早く)、デジタルデータのバックアップを取っておくこと。

こんなことはしないように:

1.新しい車、電化製品、ガジェットを買わないように。(どうしても必要なら、返品保障付きにするのを忘れずに)

2.よく読まずに契約書にサインしないように。可能であれば、水星の逆行が終わってからにしましょう。

3.誰かがあなたを誤解したり、コミュニケーションの行き違いがあっても、すぐに結論を出さないようにしましょう。

4.昔の恋人と気軽によりを戻さないようにしましょう。水星の逆行期間に戻った関係は、壊れやすいです。

5.既に過去になった人から連絡があっても、すぐに答えないこと。

6.メールを送る際に、余計なことは極力入れないこと。間違った相手に送ってしまったり、相手に誤解を与えたりする可能性があります。

7.旅行やお出かけの際に、ギリギリに家を出ないこと。

8.ToDoリストや、今やることを終わらせる前に、新しいことを始めないように。余計に混乱するはめになります。

9.人に誤解を与えたり、聞いたことを全て信じないこと

10.SNSで噂や不確かな情報を広めないこと。

11.コミュニケーションや情報の混乱に巻き込まれないこと。

水星の逆行期間とは、これまでを振り返り、終わっていない仕事を終わらせ、クリアな未来に備えるための期間です。逆行が終われば、あらゆることがスムーズに動くようになります。それまでは、軽率な行動は控えましょう。

The Dos & Don’ts Of Surviving Mercury Retrograde